◆最低の借金王 トランセンド ジャパンカップダート



◆最低の借金王



ジャパンカップダート

1着トランセンド
2着グロリアスノア
3着アドマイヤスバル



【前回までのあらすじ】
借金の返済に困ったオウケンは、ノアからカツアゲして
闇金ウマジマに返済する。 怒ったトラオとノアは
北海道のジャガーに相談しに行くのだった



≪じゃがいも農園にて≫



トランセンド
「て、てゆーか、僕ら農作業を手伝うために
北海道まで来たわけじゃないんですが 汗」


ジャガーメイル
「おお!
そういやオメーラ、何しに来たっぺか?」



トランセンド
「・・・ノアがオウケンさんにカツアゲされたんです・・・」


グロリアスノア
「・・・・泣」



ジャガーメイル
「オウケン・・・あいつは困ったやつだっぺな」


トランセンド
「あの人、オレにはカッコイイこと言っておきながら
自分はなんだよっ!!
弱い者から金取るなんて!!怒
最低だよっ!!怒
なあ!
ノア!」



グロリアスノア
「・・・ううっ・・
オウケンさんなんて、最低です・・・泣」


ジャガーメイル
「ふむ。
そりゃー最低の男だべさー。
オメーラ、なまら困ってるようだっぺなぁ・・・」



トランセンド
「最低男に、ジャガさんから鉄槌を下してくださいっ!!」


ジャガーメイル
「ふむ・・・」



≪そのころオウケンくん、レーヴディソール家にて≫



オウケンブルースリ
「栄養満点の、超高級ニンジン買ってきたからさ。
これ食べな」


レーヴディソール
「は、はい。
いつもありがと。
オウケンおじさん」



オウケンブルースリ
「いや、いいって! 照
礼なんてさ!」


レーヴディソール
「でも・・・こんな高いニンジン・・・」



オウケンブルースリ
「大丈夫!大丈夫!
おじさん、こう見えてもお金持ちなんだぞー!」


レーヴディソール
「・・・ウワサでは、オウケンおじさんは借金してるって・・・」



オウケンブルースリ
「うっ・・・汗」


レーヴディソール
「だからアタシ・・・申し訳なくって・・・」



オウケンブルースリ
「・・・そんなこと、ディソールちゃんは気にしなくていい」


レーヴディソール
「・・・・」



オウケンブルースリ
「それより、気持ちの整理はついたか?」


レーヴディソール
「・・・まだ・・・泣」



オウケンブルースリ
「そうだよな・・・
ドリアンが亡くなってから、まだ1ヶ月も経ってないもんな・・・」


レーヴディソール
「・・・ドリアン兄さんが亡くなって
2歳の私には、何がなんだかわからなかった・・・泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レーヴディソール
「オウケンさんが、支えてくれなかったら・・・私・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・
ホ、ホラ! 汗
高級ニンジン食べてさ!!力つけて、今週のジーワン勝利を
天国のドリアンに、見せてやろうぜ!」



レーヴディソール
「・・・うん・・・泣
ありがと。
本当に・・・
オウケンおじさん・・・泣」


オウケンブルースリ
「礼はいいって 照」



レーヴディソール
「でも・・・みんなはオウケンおじさんは最低の借金王だって言ってる・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レーヴディソール
「私、みんなに説明するよ! オウケンおじさんは、私のために・・・」


オウケンブルースリ
「・・・いや・・・」



レーヴディソール
「?」


オウケンブルースリ
「言わなくていい」



レーヴディソール
「どうして?
おじさん、悪口言われてるんだよ?」


オウケンブルースリ
「それを言ったら
今度は、まだ2歳の子供のキミが、世間のウワサ話の標的になってしまう」


レーヴディソール
「・・・・」



オウケンブルースリ
「思春期の柔らかい心に、傷をつけてほしくない」


レーヴディソール
「・・・で、でも、おじさんが悪口を言われて・・・」



オウケンブルースリ
「ハハッ!
オレはいいんだよ!!
どーせ評判はすでに最低だからな 笑」


レーヴディソール
「・・・おじさん・・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ