◆カッコつけんなよ ジャガーメイル ジャパンカップダート



◆カッコつけんなよ



ジャパンカップダート

1着トランセンド
2着グロリアスノア
3着アドマイヤスバル



【前回までのあらすじ】
借金の返済に困ったオウケンは、ノアからカツアゲして
闇金ウマジマに返済する。トラオとノアの怒りは収まらないが
実はオウケンの借金は、
兄を亡くしたレーヴディソールのためのものだった



≪焼き鳥屋シゲにて≫



ジャガーメイル
「まあ、オメーが土下座までしたわけだっぺがら
あの二人も、それなりに納得したっぺがよ」


オウケンブルースリ
「・・・どうでしょうかね 苦笑」



ジャガーメイル
「すっかす、なんでまたオメー、借金なんかしとるっぺがよ?」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ジャガーメイル
「ん?」


オウケンブルースリ
「・・・パ、パチンコで負けまして・・・汗
たはっ! 汗」



ジャガーメイル
「ふむ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ジャガーメイル
「・・・嘘が下手すぎだっぺがよ」


オウケンブルースリ
「いっ!! 汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・オウケンさんは、お兄さんを亡くした女の子を
助けていたんですよ」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさんっ!!汗
な、何を言ってんだよ!!汗」


ジャガーメイル
「ほう」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・カッコつけんなよ、オウケンさん・・・
見てらんねえよ・・」


オウケンブルースリ
「い、いや、オレはパチンコで負けて・・・汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・前にここで焼き鳥食べさせてやってた・・・
あの芦毛の女の子・・・だろ?」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ジャガーメイル
「そったら事情あるっぺがったら
オメーちゃんど説明すればええべがよ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ジャガーメイル
「すったら土下座なんぞ、屈辱的なことだって
せんでもよがったっぺがよ?」


オウケンブルースリ
「・・・こ、この話が広まってしまえば・・・」


ジャガーメイル
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あの子は、世間の好奇の目にさらされることになる・・・」


ジャガーメイル
「・・・・」



オウケンブルースリ
「日曜日に、あの子にとって大事なレースがあるんだ・・・」


ジャガーメイル
「・・・・」



オウケンブルースリ
「レーヴドリアン・・・
兄貴に捧げる勝利のために、今は余計な負担をかけたくなかった・・・」


ジャガーメイル
「・・・・」



オウケンブルースリ
「な、なんつって!!汗
カッコつけても似合わねえっつーの!!オレ!!汗」



ジャガーメイル
「たすかに」


焼き鳥屋店主シゲ
「確かに」



オウケンブルースリ
「いっ!!汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ