◆生きることは難儀だ オウケンブルースリ ジャパンカップダート



◆生きることは難儀だ



ジャパンカップダート

1着トランセンド
2着グロリアスノア
3着アドマイヤスバル



【前回までのあらすじ】
借金の返済に困ったオウケンは、ノアからカツアゲして
闇金ウマジマに返済する。トラオとノアの怒りは収まらないが
実はオウケンの借金は、
兄を亡くしたレーヴディソールのためのものだった



≪近所の空き地にて≫



ジャガーメイル
「まあ、そういうわけでよ、この二人が困っとる言うもんで
ワシも遠路はるばる、北海道から来たわけださー」


トランセンド
「・・・・」


グロリアスノア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「そうでしたか・・・」



ジャガーメイル
「この二人もわざわざ、ワシのじゃがいも農園の収穫を手伝ってくれたんだべ」


トランセンド
「・・・ア、アンタが手伝わせたんですよね? 汗
ボソッ」



ジャガーメイル
「で、ワシの家のじゃがいも料理を食い散らかしながら
訴えるもんだがらよ」


トランセンド
「ア、アンタが勝手に出してきたんでしょ? 汗
ボソッ」



ジャガーメイル
「まあオメーにも、いろんな事情があるっぺがろうが
この二人も、このままじゃ収まりつがねっぺがよ」


トランセンド
「・・・・」


グロリアスノア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「まあそうだろうな」



ジャガーメイル
「だもんで、なんとかせんとイガンっちゅうふうに
ワシなんかは思っとるんだべさ」


オウケンブルースリ
「ええ」



ジャガーメイル
「・・・どうすっぺが?
オメーラ」


トランセンド
「・・・謝ってください・・・」



ジャガーメイル
「ノアは?」


グロリアスノア
「・・・土下座してください・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ジャガーメイル
「と、言ってるワケだっぺが、どうすっべが?
オウケン」


オウケンブルースリ
「・・・わかった」



トランセンド
「・・・・」


グロリアスノア
「・・・・」



ジャガーメイル
「じゃあちょっとよ、ゴメンナサイちゅうて
謝ってやってぐれんが」



オウケンブルースリ
「・・・・
・・・・
(土下座)
・・・すみませんでした・・・」



トランセンド
「・・・・」


グロリアスノア
「・・・・」


ジャガーメイル
「・・・オメーラよ
オウケン、ここまでやってっからよ、もういいべさ。
許してやれっぺよ」



トランセンド
「・・・ノア」


グロリアスノア
「・・・ボク帰る・・・」



トランセンド
「あ、ちょっと・・・
ノア!
オレも行くよ!」



ジャガーメイル
「・・・・
・・・・
フゥー。
生きるってのは難儀なことだっぺがの。
なあ、オウケン」



オウケンブルースリ
「・・・そうですね・・・」



– つづく –

サブコンテンツ