◆~エイシンアポロン~あげるのも、もらうのも結局は同じことなのだ



◆『あげるのも、もらうのも結局は同じことなのだ』◆






人から何かをもらうのは嬉しいけど

人に何かをあげるのは何か損したような気持ちになる?

スーパーで買い物した後、

受け取ったおつりが3円でも

募金箱に入れるのは抵抗がある?


なんとなくそう感じてしまうかもしれないけど

タダで何かをもらえば

その分、自分は何かを失っている。

人に何かあげれば、あげたものは無くなるけど

自分の中に別のものが生まれる。


募金箱に入れた3円は

競馬と違って「当たれば~倍!」

とはならないけど

困っている人を助けるために自分の3円を差し出したとき

あなたの自尊心は高まる。

それは3円よりはるかに貴重な価値になるだろう。










11R 第45回 京王杯2歳ステークス(G2)







1着 エイシンアポロン(2歳牡馬)
2着 アニメイトバイオ(2歳牝馬)
3着 ツルマルジュピター






~イトーヨーカドーにて~






エイシンアポロン
「いやーこの間の京王杯2歳Sはラブラブワンツーだったネ!
 アニメイトちゃん! デレデレ」


アニメイトバイオ
「そうね。でもアポロン直線でおもっきし大外に行くから心配しちゃった。
 やっぱ愛のパワーはすごいよね!
 必ず最後に愛は勝つ~!よね~」


エイシンアポロン
「今日はアニメイトちゃんの手作り料理も食べれるし
 もしかしたらその後は・・デヘヘ・・」


アニメイトバイオ
「何いってんのアポロン。
 私たちまだ2歳なんだからね!」


エイシンアポロン
「あーあ、甘くないかあ。。
 あ、そうだすき焼きの肉を買わないとなー。
 ええっと牛肉コーナーは・・」


アニメイトバイオ
「え?すき焼きって豚肉じゃないの?」


エイシンアポロン
「すき焼きは牛肉でしょ。当然」


アニメイトバイオ
「それはアポロンがアメリカ生まれだからさー。
 北海道東北では豚肉を好む家庭も多いのよ?」


エイシンアポロン
「へー。すき焼きに豚肉ねえ。まあそれもアリかな」


アニメイトバイオ
「そこのレジがすいてるよー。
 えーとお会計 3997円ね。
 おつり3円。アポロン3円小銭入れに入れといて」


エイシンアポロン
「アニメイト、3円はアフリカの恵まれない子供たちに寄付しよう。
 1人の力は小さいけど、みんなが寄付すれば
 救える子供がいるかもしれないから」


アニメイトバイオ
「・・アポロン・・見直したわ。素敵!」


エイシンアポロン
「こ、これはもしかしたら・・・ぐふふ」









       完


サブコンテンツ