◆~アニメイトバイオ~タダで手に入るものはない



◆『タダで手に入るものはない』◆






世の中の原則は等価交換。

そろそろさぶいから毛布が欲しいなあ。

と思ったら、あなたは毛布を手に入れる代わりに

お金を渡すことになる。


あの大学に入りたいなあ。

あの資格がとりたいなあ。

と思ったら、

あなたは資格を得る代償として

自分の時間と交換することになる。


しかし人生を生きていると

一見、タダで手に入るものがあったりして

そのときはラッキーと思う。


でも世の中の仕組みとして

完全に一方的なエネルギーの流れというものはなく

一見タダに見えても、必ず何かしらの代償を

払っている可能性があるということを

意識したほうがいい場面は多いだろう。












11R 第45回 京王杯2歳ステークス(G2)







1着 エイシンアポロン(2歳牡馬)
2着 アニメイトバイオ(2歳牝馬)
3着 ツルマルジュピター






~ジャスコにて~






エイシンアポロン
「アニメちゃん、なんで昨日帰っちゃったんだよー。
 泊ってくっていったじゃん~」


アニメイトバイオ
「だってまだ2歳だもん。
 お父さんに怒られるし」


エイシンアポロン
「まあいいか。今日また会えたし♪
 アニメちゃん、今日はなに食べる?」


アニメイトバイオ
「うーんどうしようかな」



謎の店員
「あ、お兄さん!ちょっと試食していってよ!
 これ新発売の「超生キャラメル」だよ。
 生すぎてほとんど液体なのが特徴でね~」


エイシンアポロン
「キ、キャラメルっていうより
 完全に飲み物みたいになってますよね・・
 これほんとにおいしいんですか、オジサ・・・
 あれ??
 コスモバルクおじさん???」


コスモバルク
「はうっ! バ、バレた!に、逃げ・・・」


アニメイトバイオ
「バルクおじさん、逃げなくてもいいよ。
 私たち誰にも言わないから。」


コスモバルク
「・・いや最近成績が芳しくなくてねえ。。。
 JC有馬と出たいんだけど賞金微妙だったから
 バイトして貯めてたんだよ」


アニメイトバイオ
「そうだったんだ。
 バルクさんならきっと大丈夫だよ!」


コスモバルク
「ありがとね~アニメちゃん。
 あ、これ食べていってよ。超生キャラメル」


アニメイトバイオ
「あ、ありがとうバルクおじさん・・お、おいしいです。。
 じゃあひとつ買わせて頂きますね。
 タダでもらいっぱなしにするわけにはいかないので」


コスモバルク
「アニメちゃんはしっかりしてるねえ。
 そう考えられるなら、きっとこの先も
 幸せに生きられるよ」









       完


サブコンテンツ