◆~ダッシャーゴーゴー~批判に対する弁明は新たな批判の誘因になる



◆『批判に対する弁明は新たな批判の誘因になる』◆






誰かから批判されたとき

我々は反射的に弁明・言い訳をしてしまうことがある。


自己の正当性を主張したい。

しなければならないときも当然にあるだろう。


ただ状況によっては

弁明しないほうがいいケースの方が多いように感じられる。


自分を批判してくるその人は

あなたの正当性を聞きたいわけではないからだ。

単に機嫌が悪いだけだったり

怒りの原因は別にあって

たまたま今その事象がきっかけになって怒ってるだけだったり。


だから批判されたときに

弁明しても、さらに批判されるだけだったりする。












11R 第45回 京王杯2歳ステークス(G2)







1着 エイシンアポロン
2着 アニメイトバイオ
3着 ツルマルジュピター
4着 ダッシャーゴーゴー(1番人気)





~トレセンにて~





エイシンアポロン
「おお、ダッシャー!
 昨日は悪かったな。
 俺たちもつい悪ノリしちまってな」


ダッシャーゴーゴー
「ああ、俺もきつく言いすぎてごめんな。
 でもおまえらなら分かってくれると思ったんだ」




記者
「お話し中すいませ~ん。
 ダッシャーさん、この間のレースについて聞きたいんだけど」


エイシンアポロン
「ちょっとアンタ急に失礼だろう?
 アポ取ってからこいよ」


記者
「はっ。相変わらずガラ悪いねえ。
 アポロンくんには聞いてないから~」


エイシンアポロン
「・・・あ?なんだって?」


ダッシャーゴーゴー
「アポロンやめとけ。
 記者さんいいですよ。聞いてくれて」


記者
「最初からそうやって答えりゃいいんだよ。手間とらせやがって。
 京王杯2歳Sのことだけどね?
 最後脚が止まったよね~。
 キミ1400mは距離長いんじゃないの?
 キミのお父さんはバクシンオーだしさ~」


ダッシャーゴーゴー
「・・・・そうかもしれませんね」


記者
「ほらやっぱりね~。そうだと思ったよ~。
 サンキュ~じゃあな~」





エイシンアポロン
「なめくさりやがってあの記者。。
 ダッシャーなんで言わなかったんだよ。
 あのレースの日、恋人が事故に・・・」


ダッシャーゴーゴー
「やめてくれアポロン。
 そんな言い訳したってあの記者はおもしろおかしく書くだけだ。
 負けは負けだから。
 弁明はしたくない」









       完

サブコンテンツ