◆~ウオッカ~魅力的な人ほど本当はさみしがっている ジャパンカップ



◆『魅力的な人ほど本当はさみしがっている』◆






人気者であったり、素敵な人だと思われている人は

まわりに人が集まるから

きっと孤独感など感じないんだろうと人は思う。


しかし人より魅力があるということは

どこか人と違う部分があるということであり

その個性の強さゆえに

人に理解されないという苦悩を感じているものだ。









10R 第29回 ジャパンカップ(GI)




1着 ウオッカ
2着 オウケンブルースリ
3着 レッドディザイア






~JC数日前 牛角にて~





トーセンファントム
「よーし今日こそパインバーグディッシュと
 10種の野菜の和風ハンバーグの恨み晴らさせてもらうからな!
 今日はおまえのおごりだぜ、キングダムよ」


ローズキングダム
「わかった、わかったって。
 まったくもう、根に持つなよなー」


トーセンファントム
「よーし、今日は食うぞ~。
 店員さ・・・あ・・あれは・・・まさか・・ウオッカさん・・?」




ウオッカ
「ふぅ。。お父さん遅いな。。」




トーセンファントム
「キキキキングダム!!ウウウウオッカさんが・・!」


ローズキングダム
「おおー本物だあ。すげー美人。
 どうする?話しかけるか?」


トーセンファントム
「ババババカ、おまえそんな恐れ多いこと無理無理~。
 はぁ~ウオッカさん・・実物をこの目で見られただけで幸せ・・ポー」


ローズキングダム
「確かに話しかけづらいよな。
 歴史的スーパースターだもんな」






タニノギムレット
「おお、ウオッカ。すまんな待たせてしもうて」


ウオッカ
「お父さん。遅かったね。待ちくたびれちゃった」


タニノギムレット
「すまんすまん。あ、お姉さんビールひとつね。
 ウオッカどうじゃ調子は?
 あいかわらずスターじゃな。
 さっきもあっちの席で若いのがお前の話してたぞ」


ウオッカ
「・・そう・・」


タニノギムレット
「・・・わかっとるよウオッカ。おまえが本当はさみしがっていることを。
 スターになればなるほど、まわりはおまえを敬遠していくことを。
 気丈に見せているが、本当は孤独につぶされそうになっていることを」


ウオッカ
「・・・お父さん・・・ 涙」


タニノギムレット
「だがな、ウオッカ。それはスターの宿命じゃ。
 おまえは人々に勇気を与える使命を持って生まれたのだ。
 わしもスターで孤独だった。今も孤独じゃよ」


ウオッカ
「そうだったんだ。お父さんも。
 ありがと。少し元気になれたよ」


タニノギムレット
「うむ。孤独はスターの代償じゃ。乗り越えろよ。
 ちょっとトイレに行ってくるぞ」




ウオッカ
「私はスターじゃなくてもよかったんだけどな。でもがんばろ。
 あれ・・・?お父さんの携帯にメールが・・・」



メール
「ギムレットおじさん元気~?ミクロコスモスです うふ
 先日はごちそうさまでした~。おいしかったよ~。
 それにそのあとの・・・キャッ はじゅかしい~
 ギムレットおじさんたら、普段クールなのに
 あの日はあんなことやこんなことまで・・・キャー
 またメールするねぇ。はあと」



ウオッカ
「・・・・・」









        完




 ※苦情はギムレットおじさんの方へお願いします

サブコンテンツ