◆~プレミアムボックス~継続は偉大な力なり 京阪杯



◆『継続は偉大な力なり』◆





自分には合わないと感じたことは

早めに見切りをつけて

次の可能性を模索した方がいいケースは多い。


いろいろやってみた中で

一番自分に合うと感じたもの、

やってて楽しいと感じたものに

努力の塊をぶつけるほうが効率がいいし楽しい。


ただその後、これをやろうと決めたことを

継続してやり続けることは

さらに大切なことだ。


一つのことを、コツコツと何年も続けることは

時に才能にも勝る。










11R 第54回 京阪杯(G3)




1着 プレミアムボックス(7番人気 牡6)
2着 レディルージュ
3着 ヘイローフジ






   ~映画館そばの喫茶店にて~






プレミアムボックス
「タ、タイタニック、おもしろかったですね~レッドさん」


レッドディザイア
「そうですねー。デカプリオかっこいいですよねー」


プレミアムボックス
「・・・ディカプリオって発音じゃないですか?
 デカじゃなくて、ディカ」


レッドディザイア
「あら、そうなんですか?ディカプリオ・・へえー
 勉強になります。ボックスさん」


プレミアムボックス
「それはそうとして、レ、レッドさんって・・
 今、お付き合いしてる方とかいらっしゃるんでしょうか・・?」


レッドディザイア
「え?あらいやだわーボックスさんたらー。
 いい人がいたら、お付き合いしたいんですけどね。
 いまんとこは・・・」


プレミアムボックス
「そ、そうなんですか! 喜 
 いやーレッドさん素敵な方だから、彼氏がいるのかなと。
 いや、すみません。ちょっと聞いただけですから 喜」


レッドディザイア
「あらいやだ、素敵な方だなんて。恥ずかしいわ、オホホホ」







   ~マクドナルドにて~





レッドディザイア
「東京特許許可局」


オウケンブルースリ
「東京特許きょきゃきょく」


レッドディザイア
「ぎゃーーっははははは~~~~wwww
 きょ、きょ、きょきゃきょくって~~wwww」


オウケンブルースリ
「フッ。くだらん」


レッドディザイア
「オウケンくんはだめだな~まったく~
 許可局だよ?許可。きょきゃじゃないのよ ププッ
 ほらゆってごらん、許可。
 許可ってゆってみそ」


オウケンブルースリ
「おまえほんとうざい。
 しかも、ゆってみそとか使うなよ、恥ずかしいぞ」


レッドディザイア
「オウケンくんのエピグラフよりは古くないも~ん」


オウケンブルースリ
「そういや、おまえこないだまたデートだったって?
 タイタニックって、あのデカプリオのやつだろ?」


レッドディザイア
「・・・・デカプリオ・・・ 喜
 ち、違うんだな~オウケンくん。
 デカじゃなくって、ディカ。ディカプリオだよ~」


オウケンブルースリ
「どっちでもいいんだよーそんなの。
 しかし、なんでこんな女がいいんだかねー」


レッドディザイア
「まあ私と付き合いたいと思ってる男は
 星の数ほどいるってことよ。うふふ。
 ただプレミアムボックスさん、すごくいい人だったんだけど
 なんかいい人すぎて雰囲気が固くなっちゃうのよね~」


オウケンブルースリ
「なんか少年野球チームの監督をボランティアでやってて
 そのなかで子供たちに、人生訓なんかを教えてるらしいな。
 競走馬のかがみみたいな人だよ」


レッドディザイア
「ふーん。オウケンくんも見習いなよ」








   ~草野球場前の道にて~ レッドひとり帰り道




レッドディザイア
「まったくオウケンくん・・ちょっとは嫉妬しろっつーの。
 あの鈍感バカ。
 ん?あれは・・プレミアムボックスさん・・・?」


プレミアムボックス
「よーし!あのライナーをよくとったな!タケシ!えらいぞ!
 じゃあ今日の練習は終わりだ。みんな集まれー」






プレミアムボックス
「みんな、お疲れさん。ところで今日は
 みんなに聞いてもらいたいことがあってな
 サブロウが野球を辞めたいと言ってきてるんだ」


サブロウ
「ボク・・みんなより下手だし・・体が小さいから
 ホームランも打てないんだ。。だから辞めます・・・」


プレミアムボックス
「なあサブロウ。おまえはサッカーやテニスやいろいろやってみて
 やっぱり野球やってるときが一番楽しいから
 このチームに入れてくださいって言ったよな」


サブロウ
「・・・・・」


プレミアムボックス
「おまえが誰より野球を好きだってことを
 わしはよく知っているよ。いつも練習が終わっても
 一人で素振りしてたことを、わしが知らんとでも思ったか?」


サブロウ
「・・先生・・・ 泣」


プレミアムボックス
「嫌いなことはやらなくていい。
 でもおまえが野球を好きだというなら
 好きなことは、とにかく続けてみよう。
 継続は力なり。
 先生もレースでは、短距離で追い込み続けてもう4年だ。
 先生も才能では負けていたが、継続してやり続けたら
 重賞を3つも勝てたんだ。
 継続の力は、時に才能を凌駕する。
 それをおまえ自身で証明してみろ、サブロウ」


サブロウ
「先生・・!ボク野球が好きです!
 ホームランが打てなくても、内野安打を練習します!
 やっぱり野球やめられません 泣
 続けさせてください!」


プレミアムボックス
「おまえはきっとそう言うと思ったよ ホッホ。
 じゃあみんな、解散するか!
 サブロウ、また明日な。あったかくして寝ろよ」





~草野球場前の道にて~




プレミアムボックス
「サブロウは素直ないい子だ。いい子たちに囲まれて
 わしは幸せ者だなあ・・・
 ん?・・・レ、レッドさん??」


レッドディザイア
「ボックスさん、今のお話し聞かせて頂きました。
 とてもいいお話でした。感動しました。
 ボックスさんは、いい先生ですね」


プレミアムボックス
「そ、そうかな~えへ 照れますね~。
 レッドさんに褒められると恥ずかしいなあ 照」


レッドディザイア
「とても素敵な先生だと思いました。
 私も子供の頃、ボックスさんが先生だったらよかったな」




プレミアムボックス
「・・・・・・ ドキドキ
 レレレ、レッドさんっ!!
 ボボボボクと、付き合ってくれませんかっ!!」


レッドディザイア
「・・・ボックスさん、先日わたし、付き合ってる人はいないって
 言いました。それは本当です。
 でも私には、ずっと好きな人がいるんです。
 相手は私のことなんか眼中にない。片思いです」


プレミアムボックス
「そ、そうでしたか・・・ 落
 わかりました。今は、今はわかりました。
 でも僕はあきらめません。
 好きなことなら継続してみろ、子供たちに
 そう教えた僕が諦めたら、子供たちに会わせる顔がありませんから」










           完

サブコンテンツ