◆~またエスポワールシチー~得たいなら失うものもある ジャパンカップダート



◆『得たいなら失うものもある』◆





あの車が欲しい。
こんな彼氏彼女が欲しい。
こんな家が欲しい。
巨大な液晶テレビが欲しい。
尊敬される地位が欲しい。
     :
     :


人には誰しも、欲がある。

欲が努力への原動力となるならば

それは必要なものだ。


ただ、今もってないものを得るということは

今もってる何かを失うことでもある。

尊敬される地位を手に入れるためには

好きなテレビを見る時間を失うかもしれない。

彼氏彼女ができれば、自分の時間を失うかもしれない。


得たいなら、覚悟が必要だ。










11R 第10回 ジャパンカップダート(GI)




1着 エスポワールシチー(3 1/2馬身差)牡4
2着 シルクメビウス
3着 ゴールデンチケット







   ~草野球場にて~ 9回裏ワンナウト2、3塁 1-2で1点ビハインド





プレミアムボックス
「いいかサブロウ。ここはスクイズだ。
 まず同点に追いつく。頼んだぞ」


サブロウ
「・・・・・わかりました。監督・・・」





   サブロウ バントの構えから突如ヒッティング
   三遊間まっぷたつ サヨナラ




プレミアムボックス
「バ、バスター・・・?」


タケシ
「よーし!サブロウすごいぞ!サヨナラだー!」


サブロウ
「フッ」


プレミアムボックス
「おいサブロウ。サインと違うぞ。スクイズだと言っただろう?」


サブロウ
「・・・ふぅ・・・監督・・・あの場面では相手投手の球速と
 僕のスイングスピードを考慮すれば、ヒッティングしかないでしょう?
 まあサインを無視したのは謝りますよ」


プレミアムボックス
「いや、しかしな?サブロ・・・」


サブロウ
「よーし!みんな!遊びにいこーぜー!」







~球場のベンチにて~



レッドディザイア
「ボックスさん、今日もサブロウくん大活躍でしたね!
 あの日の誓いを守って努力してるんだ~えらいな~」


プレミアムボックス
「・・・・・・」


レッドディザイア
「あれ?嬉しくないんですか??」


プレミアムボックス
「あいつが努力して結果を出していることは、とても嬉しい。
 でも何か違和感を感じるんですよ。。。
 ちょっと心配ですね。。。」


レッドディザイア
「ふふっ。ボックスさんて、いつも子供たちのこと考えてるんですね」


プレミアムボックス
「でも時に、迷う事があるんです。
 私は、自分の意見を押し付けているのではないか?
 私が間違ってることもあるのではないか、と。」


レッドディザイア
「ボックスさん・・・(あれ?ちょっと素敵かも)」






   ~オウケンの自宅にて~





オウケンブルースリ
「あああ~~!!セーブしてないのにPS2がフリーズゥ~~!!涙
 なんてこった~またやり直しだよー・・・・泣」


レッドディザイア
「うるさいなー声大きすぎだよー。
 別にいいじゃん、またやれば」


オウケンブルースリ
「せっかくメタルスライム倒したのに・・・涙」


レッドディザイア
「ねーオウケンくん、おなかすいたー。コンビニいこーよ」


オウケンブルースリ
「シクシク・・・」





   ~セブンイレブンにて~





オウケンブルースリ
「おお~!ベルギーショコラがあるではないか~ 喜
 それからプリンとコーヒーゼリーと~♪」


レッドディザイア
「男のくせに甘いもんばっかりじゃん。
 てゆうかあっという間に機嫌なおってんじゃん」


オウケンブルースリ
「スイーツは俺の夢だから~♪」


レッドディザイア
「はいはい。じゃあ私はお好み焼きと
 ライスを・・・・あー!最後のいっこのライスとられたー!」


エスポワールシチー
「ん?ああ、すまんな。じゃあこれはどうぞ」


レッドディザイア
「あ、いえいえ最後の一個ですからお譲りしますわ。
 ・・・・あれ? エスポワールシチーさん?
 南部杯、拝見しました!JCDは1番人気ですね。がんばってください!」


エスポワールシチー
「ああ、ありがとう」


オウケンブルースリ
「あれー?エスポワールじゃん。練習帰りか?」


エスポワールシチー
「ああ。今日は350キロのバーベルスクワットをな」


オウケンブルースリ
「あいかわず練習の虫なんだなー。
 エスポワールもそろそろ彼女とかつくればー?」


エスポワールシチー
「俺には JRAのG1を制覇して、そして世界を制覇するという夢がある。
 得たいものを得るためには、捨てなければならないものもある。
 今の俺に、女はいらぬ」


オウケンブルースリ
「あいかわらずカタブツだなー。
 ああ~!!そういや今日ウオッカさんに借りた本、
 返す約束してたんだったーー!!ヤベー!オレ行くわ!じゃな」


レッドディザイア
「ええー?ちょっとオウケンくんー!もうー。
 ごめんなさいエスポワールさん。。。
 あ、そうだ!エスポワールさんのごはんがないから
 よかったらこのライスをはんぶんこにしませんか? えへ」


エスポワールシチー
「い、いや別にそこまでしなくてもいいような気もするが
 しかし、あなたがそう言うなら、それでもよい」




レッドディザイア
「よーし、じゃあそこのベンチで。
 私こうみえても器用なんですよ・・・・あれ?うまく割れない・・・
 ううー・・・ここは思い切って・・・とうっ!
 ぎ、ぎいゃーー!!!ごはん全部落としちゃったーーー!!!
 す、砂だらけだ・・・・涙」



  エスポワールシチー ちょっと笑う



レッドディザイア
「もうやだー 涙
 ごめんなさい、エスポワールさん。いっこしかないごはんを・・・」


エスポワールシチー
「大丈夫だ。オレが洗って食う」


レッドディザイア
「あ、洗うの~?」


エスポワールシチー
「世界には飢えた子どもたちが数えきれないほどいるんだ。
 食料をムダにはできぬ」


レッドディザイア
「そうだね。。じ、じゃあ申し訳ないから今日は
 さっき買ったこのお好み焼きを食べてください。
 お好み焼きとライスは、とっても合うんだよ~♪」


エスポワールシチー
「合わなそうだがな   ドキドキ」


レッドディザイア
「いやいやわかってないな~エスポさん~
 だまされたと思って食べてみてよ!
 じゃあね~エスポさん♪ JCD、応援行くね!バイバイ」




エスポワールシチー
「・・・・・なんだこの胸の高鳴りは・・・ ドキドキ」








           完

サブコンテンツ