◆~シルクメビウス~孤独こそが思索を深める条件 ジャパンカップダート



◆『孤独こそが思索を深める条件』◆





気の置けない友人と過ごす時間は温かい。

お互いに相手の事をわかっているから

相手のつらさも喜びも分かち合える。


しかし、いつもその優しい空気の中にいると

知らず知らずのうちに

思考力が甘くなってくる。


人間はひとりでは生きてはいけないが

時に孤独の寒風に身をさらし

自己を見つめることが必要だ。










11R 第10回 ジャパンカップダート(GI)




1着 エスポワールシチー(3 1/2馬身差)牡4
2着 シルクメビウス(牡3)
3着 ゴールデンチケット







   ~草野球場にて~ 9回裏ワンナウト1、3塁 1-2で1点ビハインド





プレミアムボックス
「サブロウ、昨日と同じ場面だ。
 今日こそスクイズでまず同点にするぞ」


サブロウ
「・・・・わかってますよ」





   サブロウ バントの構えから強振
   思い切り引っ張って1塁線を破る サヨナラ




タケシ
「よっしゃー!!サブロウすごいぞ!またサヨナラだー!」


プレミアムボックス
「サブロウ・・またサインを無視して・・・」



サブロウ
「先生、スクイズで同点にしても次のバッターが頼りない。
 ここは2ベースが必要だったので引っ張りました。
 なにか?」


プレミアムボックス
「サブロウや。あんなスイングしてたらフォームを崩してしまう。。。
 おまえはアベレージヒッターなんだから、流し打ちが基本じゃろう?」


サブロウ
「ふっ。僕はもうあの頃の僕じゃないんです。
 よーーしみんな!遊びいこーーぜーー!」






   ~球場からの帰り道~



レッドディザイア
「サウロウくん、もうすっかりチームの中心ですね」


プレミアムボックス
「あの子は元が純粋だっただけに
 振幅が激しい。落ち込むが、浮かれる。
 サブロウは自分を見失いつつあるように感じます・・・」


レッドディザイア
「大丈夫♪サブロウくんには、こんなすばらしい先生が
 ついているから!」


プレミアムボックス
「レッドさん・・・・ ドキドキ」




ガラの悪い馬の集団
「ひゅーひゅー!熱いね~。
 あん?よく見るとオッサンじゃねえか~
 だめだよオッサン~こんな若い女連れてちゃ~さ~。
 逮捕されちゃうじょ~ ひゃーっはっはっは~」



プレミアムボックス
「レッドさん、相手にしないで、行きましょう」


ガラの悪い馬の集団
「おーーっと。おじちゃんどこいくんでちゅか~~www
 お財布とその女だけ置いていってちょ~~ひゃひゃひゃ~」



レッドディザイア
(オウケンくん、助けて・・・)





   ~そのころオウケンくん~


オウケンブルースリ
「ああ~~!!またプレステがフリーズゥ~~! 涙」






   ~そのころセブンイレブンにて~



シルクメビウス
「あれ?エスポさん、お好み焼きなんて買うんですか?
 いつも、”男は米に塩だ!お好み焼きなんてナンパな物は食えん”
 って言ってたのに」


エスポワールシチー
「わかってないな、メビウス。
 男はお好み焼きとライスだ」



シルクメビウス
「それよりJCD楽しみですね。
 僕はエスポさんみたいな筋肉はないけど
 キレで勝負です」


エスポワールシチー
「ふん。オレは相手は誰でもいい。オレはオレのレースをするだけ。
 敵は自分自身だけだ」


シルクメビウス
「またそうやって固いこと言ってるから友達ができないんですよ?
 エスポさん、いいとこいっぱいあるのに
 とっつきにくいからなあ」


エスポワールシチー
「俺には夢がある」


シルクメビウス
「はいはい、いつも聞いてます。
 ”JRAを制して世界も制す”でしょ?」


エスポワールシチー
「世界は甘くない。仲間とつるむと自分に甘さが出てしまう。
 だからひとりでいい。他人の事も助けない。
 自分勝手と批難されてもオレは夢をつかむ。
 それがオレの覚悟だ」


シルクメビウス
「ボクはエスポさんがほんとは優しい事を知ってますよ。
 ・・・・あれ?
 あそこにいるのって、レッドさん?」






ガラの悪い馬の集団
「あらら~オッサン大丈夫でちゅか~~www
 ちょっと手がすべってしまったよ~~
 あら、足もすべってしまおうかな~~」


エスポワールシチー
「なにしてる」


レッドディザイア
「エスポさん!助けて!ボックスさんが!」


ガラの悪い馬の集団
「ああ~?なんだこの筋肉ムキムキ男は。
 おまえには用はねえよ。あっちいけ~~」


エスポワールシチー
「メビウス、おまえはレッドさんとボックスさんを連れて逃げろ。
 ここはオレが話をつける」


シルクメビウス
「は、話なんてできそうな相手じゃないっすよ!15頭はいる・・・
 しかもエスポさん、大事なレース前ですよ!
 ”夢を掴むまで他人のことも助けない”
 いつもそう言ってたじゃないですか!」


エスポワールシチー
「早く行け、メビウス。レッドさんを頼んだぞ」


シルクメビウス
「くそっ!すぐに警察呼んできますから!」




ガラの悪い馬の集団
「おいおい・・・オメーのせいで金も女も逃げたじゃねえか・・・怒
 どうなるかわかってんのか・・・・?」







   ~病院にて~




シルクメビウス
「エスポさん!!!」


エスポワールシチー
「ああ、メビウス。悪かったな面倒に巻き込んで
 レッドさん達は大丈夫か?」


シルクメビウス
「大丈夫です!今、警察に話を聞かれてます。
 それよりケガはありませんか!!
 ・・・・・・そ、その左目は・・・・」


エスポワールシチー
「ふん。ナイフがかすっただけだ。大丈夫だ」


シルクメビウス
「だ、大丈夫って・・・右目だけで走るんですか・・・涙」


エスポワールシチー
「幸いJCDは1枠1番。。。
 右目が見えればスタートからラチを頼って走れる。
 オレはラチに沿って逃げ切るだけ。外からは誰も差せない。
 だから左目が見えても見えなくても同じことだ」


シルクメビウス
「そ、そんな・・・エスポさん・・うぅっ 泣
 エスポさん、なんであそこで助けに行ったんですか!!
 大事なレース前なのに!夢への第一歩なのに!!
 夢のために今まで多くのものを犠牲にしてきたのに!!泣」


エスポワールシチー
「フッ。なんでだろうな。
 たぶん、お好み焼き・・・がな・・・うまかっただけさ」









           完

サブコンテンツ