◆~ゴールデンチケット~天は慢心を嫌う ジャパンカップダート



◆『天は慢心を嫌う』◆





最初は全然ダメでも

努力して成果を出せたときの喜びは

何にも代えがたい。


それまで自分に協力してくれた人たちに感謝する。

が、そのうちにだんだんと

結果は自分の努力のたまものだと

思ってしまうことがある。

これを慢心という。







11R 第10回 ジャパンカップダート(GI)




1着 エスポワールシチー(3 1/2馬身差)牡4
2着 シルクメビウス(牡3)
3着 ゴールデンチケット(牡3)







   ~草野球場にて~ 9回裏ノーアウト満塁 1-2で1点ビハインド
   プレミアムボックス昨日のケガのため監督不在




サブロウ
「よーし!オマエラ!ビッグチャンスだ!
 今日は監督がいないからオレがプレイングマネージャーだ!
 オレの指示に従えよ!」



チームメイト
「そ、そうだな・・一応サブロウが一番うまいし・・」


サブロウ
「タケシ!まずここは同点にするぞ!スクイズだ!決めろよ!」





   タケシ、スクイズ失敗。キャッチャーフライ。ワンナウト満塁



サブロウ
「バカ野郎!!!てめーバントもできねーのかよ!ボケッ!
 もういいよ!審判ターイム! 代打、オレ」


チームメイト
「・・・・サブロウ、ここもスクイズでまず同点に・・」


サブロウ
「うるせーよ!見てろカス!おりゃーー!」




   サブロウ強引に引っ張ってセカンド真正面 ゲッツー 試合終了



サブロウ
「ちっ。飛んだ所が悪かったなあ。今日はしょうがないな、みんな」


チームメイト
「・・・・サブロウ・・・俺たちもうおまえとは野球やりたくないよ」


サブロウ
「はぁ?何言ってんの?オレがいなかったらこのチームは勝てねえよ」


チームメイト
「野球はチームプレイだ。仲間との信頼のスポーツだ。
 俺たちはおまえを信頼できない。もうおまえとは野球できない。
 じゃあな、サブロウ」


サブロウ
「な・・なんだよ・・ザコのくせしやがって・・・」




ゴールデンチケット
「あーあ、嫌われちゃったねえ」


サブロウ
「チケットさん・・オレなんか悪いことした?」


ゴールデンチケット
「うーむ。明らかに何かが間違ってると思うんだが
 オレはボキャ貧だから、うまく説明できんなあ。
 ボックス先生の病院に行って聞いてみるか?」


サブロウ
「・・・ダメだよ。オレ、ボックス先生の指示を
 いつも無視してたし、言葉づかいとかも悪かったから
 先生もチームメイトのみんなと同じように
 オレのことはもう信頼できないって言うと思う・・・」






   ~ボックス先生の病院にて~





ゴールデンチケット
「ちわーっす。ボックスさん、おひさです」


プレミアムボックス
「おお、チケットか!どうした?めずらしいじゃないか」


ゴールデンチケット
「いやー今日は悩める子羊を連れてきたよ。
 おーい、入れよー」


サブロウ
「し、失礼します・・・」


プレミアムボックス
「おおーサブロウ。今日の試合行けなくてすまんかったな。
 で、どうだった?」


サブロウ
「・・・負けました」


プレミアムボックス
「そうか・・・まあ勝負事だからな。負けることもあるよ ハハッ」


サブロウ
「・・・ボクのせいで負けた。。
 最後ボクが、いつも監督に言われてるように
 ミートを意識して流していれば・・・
 ・・・チームメイトのみんなも、もうボクとは野球やりたくないって 涙
 監督もボクのこともう嫌いなんでしょ・・・?」



プレミアムボックス
「・・・なあサブロウや。
 確かに努力をするのは自分だ。しかしな
 いい結果を出すことができたのは
 それまでおまえを支えてくれた周りのみんなのおかげなんだ。
 神様というのはな、慢心が嫌いでなあ。
 みんなのおかげ、という気持ちを忘れた者を不幸にしてしまうんだなあ」


サブロウ
「みんなのおかげ・・・」


プレミアムボックス
「おまえがその気持ちを取り戻したとき、
 チームメイトのみんなは、おまえと野球をしてくれるだろう。ホッホ」


サブロウ
「・・・そうですね・・・わ、わかりました!
 もう一度、今まで自分がしてきたことを反省してみます!
 先生、ありがとうございました!お大事に!」


プレミアムボックス
「ああ、それからな、
 わしはおまえを嫌いだと思ったことなど一度もないよ。
 おまえがどう変わっても、
 おまえはわしの大事な教え子じゃよ。ホホッ」


サブロウ
「・・・・・はい・・・ 涙」








   ~JCD 祝賀会場にて~




オウケンブルースリ
「うわーすごい人の数だなあ。
 エスポにおめでとうって言いたかったんだが・・。
 こりゃー会えそうもないな・・・どうしよ」


ウオッカ
「オウケンくん、こんばんは」


オウケンブルースリ
「ウウ、ウオッカさん!いらっしゃってたんですね!
 ド、ドレスがまぶしすぎて目がくらみそうです~ デレデレ」


ウオッカ
「ふふっ、ありがと。
 私、エスポくんに一言おめでとうって言いたかったんだけど
 大勢に囲まれちゃってて無理みたいね・・」


オウケンブルースリ
「そうなんですよ~。でもボク的にはウオッカさんとこうして
 お話ができたということで、エスポのことはどうでもい・・・・」


エスポワールシチー
「ようオウケン」


オウケンブルースリ
「ええ~?エスポ、おまえ主役がなんでここに?」


ウオッカ
「エスポくん、JCD優勝おめでとう」


エスポワールシチー
「ありがとうございます。
 歴史的スターにお会いできて、光栄です。
 ただ今日はちょっとオウケンと話があるので
 オウケン借りてもいいでしょうか」


ウオッカ
「あら、ごめんなさい。私おじゃまだったみたいね。ふふっ。
 じゃあ後でまた」






オウケンブルースリ
「おいおい~エスポよ~なんだっつーんだよー
 せっかくウオッカさんとツーショットになれたのに~
 しかもドレスのスリットがスーパーセクシーで・・・」


エスポワールシチー
「なあオウケン。オレは世界へ行く」


オウケンブルースリ
「ああ、JRAを制して世界へ! だったな。知ってるよ」


エスポワールシチー
「レッドちゃんを連れて行こうと思ってる」


オウケンブルースリ
「え?」


エスポワールシチー
「夢を追うには女はジャマにしかならないと思っていた。
 でも彼女と一緒にいるときだけは
 オレは素の自分に戻れる気がした。
 こんな気持ちになったのは初めてで、とまどっている」


オウケンブルースリ
「ふーん。ここにきて初恋ですか」


エスポワールシチー
「世界制覇への夢の軌跡を、共に描いてくれ、と
 伝えようと思っている」


オウケンブルースリ
「か、固くないか~? 笑」


エスポワールシチー
「最後におまえにだけ確認しておきたかった。
 ・・・オウケンよ・・おまえはそれでもいいのか?」


オウケンブルースリ
「なんでオレに聞くんだよ。オレには関係ないよ。。。
 まあおまえらはお似合いだしな。
 きっといい夢の軌跡を描けると思うよ」


エスポワールシチー
「・・・・そうか・・・わかった。
 話はそれだけだ。手間とらせて悪かったな。じゃ」





オウケンブルースリ
「・・・・ふぅむ・・・」







          つづく

サブコンテンツ