◆~フォゲッタブル~間違った一歩でも何もしないよりはよい ステイヤーズステークス



◆『間違った一歩でも何もしないよりはよい』◆





これはやったほうがいいのか

それともやらないほうがいいのか。

迷うことは、やってみないとわからない。


仮に失敗しても経験が残る。

何もしなければ何も残らない。

致命傷にならないと判断できる時ならば

挑戦したほうがいいケースが多いだろう。





11R 第43回 スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(G2)




1着 フォゲッタブル(牡3)
2着 ゴールデンメイン
3着 モンテクリスエス





   ~菊花賞 数日前~



フォゲッタブル
「トライアルのセントライト記念ではなんとか3着に
 入れたけど、3000mなんて初めてだ。。。
 権利は獲ったけど自信がないよー」


セイウンワンダー
「どうした?フォゲ」


フォゲッタブル
「ああ、ワンダーくん、いいとこに。
 ワンダーくんも菊花賞にでるんでしょ?
 3000mって不安じゃね?」


セイウンワンダー
「まあ確かになあ。特におれっちは
 1600mのG1を勝ってるくらいだからにゃー。
 マイラーとか言われちゃったりしてるよ」


フォゲッタブル
「じゃあさー不安だからさ、菊花賞はパスして
 もっと短いレースに出るっていうのはどう?」


セイウンワンダー
「うーん。まあそういう選択肢もあるけどなあ。
 でもやってみないとわかんないことってあんじゃん?
 特に菊花賞は一生に1回しか出られないレースだしさあ。
 もしかしたら新しい発見があるかもしんないじゃん?」


フォゲッタブル
「ふむ。。そういう考え方もあるねえ。
 ・・・そうだよね。仮に3000mに適性がなくて
 ここを惨敗しても、経験が残る。
 適性がない、ということがわかるわけだもんね」


セイウンワンダー
「そうそう。ダメもとでやってみようぜ」




   ~菊花賞後~




フォゲッタブル
「ああ~惜しかったなあ~。ハナ差だもんなー
 3キロも走ってハナ差かあ~。くやちー」


セイウンワンダー
「いや、でもやってよかったじゃん。
 オレもおまえも、ロングディスタンスで
 十分やれるってことがわかったんだから」


フォゲッタブル
「そうだよねー!あのとき、経験がないから
 失敗したらかっちょ悪いから、という理由で
 チャレンジすることをやめていたら
 自分の適性もわからなかったよね」


セイウンワンダー
「そうそう」


フォゲッタブル
「ありがとう、ワンダー!
 次も恐れずに新たなチャレンジをしてみるよ。
 なんと3600mのステイヤーズSに挑戦だ!」


セイウンワンダー
「チャレンジ精神が身についたな、フォゲ。
 結果が良くてもダメでも、行動したら何か得るものがあるからね。
 可能な限り、新しいことに挑戦し続けていこう」








         完

サブコンテンツ