◆~シンメイフジ~禍福はあざなえる縄のごとし 阪神ジュベナイルフィリーズ



◆『禍福はあざなえる縄のごとし 第1話』◆







11R 第61回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)




1着 アパパネ
2着 アニメイトバイオ
3着 ベストクルーズ
4着 ラナンキュラス
5着 シンメイフジ(1番人気)
6着 タガノエリザベート






   ~全馬デビュー前 幼稚園にて~




タガノエリザベート
「えー?シンメイちゃんの粘土細工なんかヘン~」


ラナンキュラス
「ほんとだー。なにそれー。ヤギ?」


シンメイフジ
「ね、ねこなんだけどな・・あはっ・・」


ラナンキュラス
「どこがネコなの~?どうみてもヤギでしょ~?
 こんなの壊しちゃおうよ! えい!」


シンメイフジ
「あ・・・・あたしのネコちゃん・・・・」


タガノエリザベート
「きゃはは~ つぶした方がネコにみえるじゃ~ん
 感謝してよ? シンメイちゃん♪」


シンメイフジ
「え~~ん 泣」


タガノエリザベート
「やーい、泣き虫シンメイ~」




アパパネ
「ねえ、もういいでしょ?やめなよ」


タガノエリザベート
「なによ、アパパ。かっこつけてんの?」


アパパネ
「いこう?シンメイちゃん」





   ~大きな木の下にて 2頭~



アパパネ
「あんなの気にすることないよ、シンメイちゃん」


シンメイフジ
「う、うん・・でもあたし、なにやってもみんなみたいに
 うまくできなくて、トロくさいって言われるんだ・・・」


アパパネ
「そんなことないよ」


シンメイフジ
「この間は、水遊びしてるときに
 脚がすべってビニールプールの中で転倒して死にかけたし」


アパパネ
「あ、あれ大丈夫だった?結構な音したよ?ゴツンて」


シンメイフジ
「一瞬、今までの人生が走馬灯のように流れたわ。
 といってもまだ1年くらいしか生きてないけど」


アパパネ
「で、でもさ、シンメイちゃん、積み木とか得意そうじゃん」


シンメイフジ
「こないだは調子に乗ってどんどん高く積んでいったら
 全部自分の方に倒れてきて、死にかけたの・・・」


アパパネ
「そ、そんなに高く積めるなんてすごいよーー 汗」


シンメイフジ
「そしてそこでも走馬灯が・・・」


アパパネ
「そ、走馬灯マニアだね! 汗
 ほら、文字的にもあたしたち馬だから、なんか合うよね! 汗」


シンメイフジ
「あたしなんて、何やってもダメな馬なんだよ・・きっと・・ 涙」


アパパネ
「そんなことないよ~~きっと何かあるはずだよ!
 うーーん・・・あ、そうだ!」






      つづく

サブコンテンツ