◆ラナンキュラス◆禍福はあざなえる縄のごとし第3話 阪神ジュベナイルフィリーズ



◆『禍福はあざなえる縄のごとし 第3話』◆







11R 第61回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)




1着 アパパネ
2着 アニメイトバイオ
3着 ベストクルーズ
4着 ラナンキュラス
5着 シンメイフジ(1番人気)
6着 タガノエリザベート




———————————————————-
■前回までのあらすじ■

シンメイは不器用で何をやってもトロくさいので
タガノエリザベートらにイジメられていた。
そこをアパパネが助けて
色々話を聞く中で、シンメイの得意なことを
見つけてあげようと考えた。
アパパネは、かけっこを提案。シンメイの素質に気づく。
それをタガノエリザベートがつぶしにかかる。
———————————————————-



   ~引き続き 幼稚園にて~



タガノエリザベート
「シンメイ、次は私と勝負だよ」


アパパネ
「ち、ちょっと待った!
 いきなりエリと走るのはどうかな。。。
 シンメイがせっかく好きなこと見つけたんだから自信をなくしたら・・・」


タガノエリザベート
「大丈夫よ~シンメイちゃんは足が速いみたいだからさあ フッ」


ラナンキュラスたち
「エリさん!こてんぱんにやっちゃってください!」



シンメイフジ
「アパパちゃん、あたし走ってみるよ。
 どうせ負けると思うけど、負けたところで
 もともとあたしには失うものなんかないわけだしさ 笑」


アパパネ
「・・・・まあシンメイちゃんが走るって言うなら・・・
 じゃあアドバイスだけするよ。
 エリの瞬発力は幼稚園イチだからね。
 なるべく先行して逃げ切るようにしよう。
 ヨーイドンでは負けるから、気をつけて」


シンメイフジ
「わかった!ありがと!アパパちゃん」


タガノエリザベート
「スタートしました~~~ 笑」


シンメイフジ
「えぇ~? まだ準備が・・・」


アパパネ
「・・・・先行できず・・か・・終わったな
 エリ・・・ずるいよ、それは」




ラナンキュラスたち
「ほらほら~シンメイ早く追いかけないと~ 笑」



シンメイフジ
(さっきと同じ形だ。同じように走ろう)



タガノエリザベート
(まあここまでする必要もなかったか。圧勝だな)




アパパネ
「差は3馬身。あと50mか。エリの末脚を考えると
 完敗濃厚だな・・」


ラナンキュラスたち
「アパパ、あんたシンメイがエリさんに勝てるとでも思ってたの?
 ププッ ほらみな。突き放して終了す・・・・?!」




タガノエリザベート
「?? 足音が聞こえる?」



アパパネ
「!・・・追いついた?・・・あと半馬身・・・」


シンメイフジ
「よーし!もうちょっとだー!」


タガノエリザベート
(・・・差される・・・マズイ!どうする?)


アパパネ
「あ!」


シンメイフジ
「うわあーー ゴロゴロン・・・(コケた)」


アパパネ
「あ、足を引っ掛けて・・・・」



タガノエリザベート
「はっはっは~! シンメイはやっぱりどんくさいねえ。
 あたしの勝ちだ!」


アパパネ
「エリ!あんた・・・」




ラナンキュラスたち
「・・・・シ、シンメイちゃん・・・大丈夫?」


タガノエリザベート
「あ?あんたらなんでシンメイなんかに・・・」


ラナンキュラスたち
「エリちゃんずるいよ!あたしたちエリちゃんと仲良くしてきたけど
 もう絶交する! シンメイちゃん、いこう?」



タガノエリザベート
「そ、そんな・・・」


アパパネ
「・・・・・・」



シンメイフジ
「み、みんなありがとうね。えへ」


ラナンキュラスたち
「シンメイちゃんすごかったよ~!
 これからはシンメイちゃんがリーダーになってよ!!
 シンメイ軍団結成だね!」


シンメイフジ
「あ、あは。嬉しいなあー。シンメイ軍団かぁ~」







      つづく

サブコンテンツ