◆ジャパンカップ2011予想⇒ヴィクトワールピサ⇒離れていても友ならば友。



【ヴィクトワールピサ】

○Victoire Pisa
○馬名 意味由来⇒ 勝利の山+冠名
○4歳 男性 黒鹿毛
○父ネオユニヴァース
○レース間隔 : 35週
○調教師2011順位:1位
○東京芝 0-0-2-0
○全成績 8-1-2-2
○単勝回収率 181%
○複勝回収率 163%
○日本馬で初めてドバイワールドカップを制した。現役にして伝説馬。
○国内で馬券にならなかったことはない
○昨年のJCは、先行馬不利の流れを、驚異の粘りで3着
○東京では連対がなく、海外帰りの長期休養明け。三拍子そろった逆境を跳ね返せるか?



◆離れていても友ならば友。



≪トレセンにて≫



ローズキングダム
「・・カチッ・・・フゥー・・ 煙」


謎の声
「・・いい加減、タバコやめろよ。2歳チャンプ・・」



ローズキングダム
「む。誰だ?」


ヴィクトワールピサ
「・・フッ・・久しぶりだな、キングダム 喜」



ローズキングダム
「お、おまえは・・」


ヴィクトワールピサ
「フッ」



ローズキングダム
「・・ど、どちらさまでしたっけ? 汗」


ヴィクトワールピサ
「コ、コラァー!!怒 世界チャンプに向かって!!怒」



ローズキングダム
「・・フゥー・・ヴィクトワール氏よぉ。しばらく登場してねぇから、1年以上読んでる読者さんにしかわからんぞ」


ヴィクトワールピサ
「ふっふっふ。ひがむなキングダム 喜」


ローズキングダム
「ひがんでねえし」



ヴィクトワールピサ
「俺様は日本も世界も制してしまった!もはや宇宙にでも挑戦するしかないかな!ハッハッハ! 笑」


ローズキングダム
「勝手に行けバカ。・・フゥー・・ 煙」



ヴィクトワールピサ
「というか!おまえの前走はなんだ!10着って! 怒」


ローズキングダム
「・・あんな超ハイペースのレースでがんばっちゃったら、JCで反動が出るから、わざと走るのやめたんだよ」



ヴィクトワールピサ
「ウソつけ。この虚弱体質」


ローズキングダム
「・・オレはヴィクトワール氏と違って、繊細なんだよ」



ヴィクトワールピサ
「ならば鍛えたまへ!男はパワー!そして馬格よ! 喜」


ローズキングダム
「うるせえゴリラ」


ヴィクトワールピサ
「なんだと!小ザル!」



ローズキングダム
「ケッ。オレはディフェンディングチャンピオンだぜ?」


ヴィクトワールピサ
「・・ディ、ディフェンディングっておまえ・・去年のJCはおまえ・・ちょっとアレだっただろ 苦笑」


ローズキングダム
「・・フゥー・・ 煙」



ヴィクトワールピサ
「あ・・いや、冗談だよ!キングダム! 汗」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「おこ、怒るなって!な? 汗」


ローズキングダム
「・・まあその通りだよ」


ヴィクトワールピサ
「・・キングダム・・」



ローズキングダム
「・・みんなオレに気ぃつかって接するからな」


ヴィクトワールピサ
「・・・・」



ローズキングダム
「オレ自身は何も間違ったことは言ってないつもりだ。でも、やっぱりいろんな声は気になっちまう」


ヴィクトワールピサ
「・・・・」


ローズキングダム
「・・フゥー・・ 煙」



ヴィクトワールピサ
「・・・・」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「・・間違ったことはしてないと思うなら・・」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「・・他者を恐れることはない」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「人の目を意識しすぎれば、人に支配されることになる」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「多くの人の平均的な意見を拾えば、嫌われることは少なくなるが、好きになってくれる人も少なくなる」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「おまえ自身に明確な主張があるなら・・」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「おまえはそのままでいいんだ。キングダム」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「な?」


ローズキングダム
「・・ヴィクトワール氏・・」


ヴィクトワールピサ
「フッ」



ローズキングダム
「・・エラソーに言うなバカ」


ヴィクトワールピサ
「なっ!! 汗」



ローズキングダム
「・・なんで上から目線だバカ」


ヴィクトワールピサ
「オ、オレはおまえのためを思って! 汗」



ローズキングダム
「・・オレの方が強えぇし」


ヴィクトワールピサ
「くっ・・・もう知らねえ!勝手にしろ! 怒」



ローズキングダム
「・・・・」


ヴィクトワールピサ
「・・・・」



カァカァ(カラス)



ヴィクトワールピサ
「・・なあキングダム・・」


ローズキングダム
「・・フゥー・・ 煙」



ヴィクトワールピサ
「・・ワンツーだな」


ローズキングダム
「・・当たり前だ」



ヴィクトワールピサ
「しっかりついて来いよ、虚弱体質」


ローズキングダム
「おまえこそ去年みたいに斜行すんなよ、マウンテンゴリーラ」



ヴィクトワールピサ
「ゴ、ゴリーラじゃねぇ!ゴリラだ!!・・・いやゴリラじゃねぇしっ!!汗」


ローズキングダム
「今、自分でゴリラ宣言しただろバカ」



ヴィクトワールピサ
「な、なんだと!この小ザルっ!!怒」


ローズキングダム
「うるせぇ、コモドドラゴン」



ヴィクトワールピサ
「こ、子供ドラゴンってなんだコラァー! 怒」


ローズキングダム
「子供じゃねえバカ」



ヴィクトワールピサ
「バカバカ言うな!バカ! 怒」


ローズキングダム
「ゴリラ」


ヴィクトワールピサ
「ラクダ!」



ローズキングダム
「ダンゴムシ」


ヴィクトワールピサ
「シムラケン!」



ローズキングダム
「はいヴィクトワール氏の負け。バカ 笑」


ヴィクトワールピサ
「し、しまった!『ん』ついちゃった! 汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ