◆ジャパンカップ2011予想⇒オウケンブルースリ⇒弱さは強さに変わる



【オウケンブルースリ】

○Oken Bruce Lee
○馬名 意味由来⇒ 冠名+人名
○6歳 男性 栗毛
○父ジャングルポケット
○レース間隔 : 3週
○調教師2011順位:5位
○東京芝 0-2-0-3
○全成績 5-4-2-9
○単勝回収率 86%
○複勝回収率 90%
○5歳末頃から惨敗続きだったが、ここ2走で復活の手応え。
○東京成績は悪く見えるが、JC3回と秋天1回。大崩れなしで、むしろ得意
○4歳時のJCでは、ウオッカと同着にも近い写真判定で痛恨の2着。
○最弱世代の星が、最強メンバーに挑む。4度目のJC!がんばれオウケンくん!



◆弱さは強さに変わる



≪焼き鳥シゲにて ~オウケン壮行会中~≫



ダノンヨーヨー
「オウケン!気楽にがんばってこいYO!YO!」


オウケンブルースリ
「お、おう。タメ口やめろよ 汗」



ネコパンチ
「ちょいちょい」


オウケンブルースリ
「ネ、ネコの手みたいにグーで触るな 汗」



レッドディザイア
「・・あのオウケンくんが、歯を食いしばって坂路で走ってるのを見れただけで、アタシは感涙です・・ 涙」


オウケンブルースリ
「泣くのはまだ早えぇ。その涙は日曜日までとっておけ、レッド」



テスタマッタ
「マッタ!!まだボクの激励が残っているっ!」


オウケンブルースリ
「早く激励しろよ 汗」



マツリダゴッホ
「おいジャーニー。ワシのハンバーグはまだかマツリダ?」


ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん。今日はオウケン君の壮行会ですから 汗」


オウケンブルースリ
「つ、つーか、ゴッホさんとジャーニーさんまで来てくれたのか 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・さて、みなさんがた。オウケンさんもレース前だし、そろそろお開きにしやしょう」


ネコパンチ
「そうだニャ。我輩たちはもう帰ろうニャ」



ダノンヨーヨー
「オウケンさん!勝ってこいYO!YO!」


レッドディザイア
「オウケンくん!ガンバ!」


オウケンブルースリ
「おうよ」



テスタマッタ
「マッタ!!まだボクの激励してないから・・・あ!ツッタ!!泣」


オウケンブルースリ
「あ、脚つってんじゃねえかっ!どんだけ運動不足だよ! 汗」



マツリダゴッホ
「ハ、ハンバーグがまだ来てマツリダ 汗」


ドリームジャーニー
「ゴッホさん!帰りますよ!・・じゃあオウケン君!応援してますからね!」



バタン



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・カッカッカ。なんで急に脚つるんだ、あのバカ 笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・フッ。オウケンさんは人望がありやすねえ」



オウケンブルースリ
「いやいや。オレは嫌われ者だからさぁ 苦笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・正直・・またこの舞台に立てるとは思いませんでした・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「調子を落として惨敗続きだった頃・・毎日が不安だった」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「みんなの前ではおちゃらけてたけど、本当は・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・こんなクソ人生に何の意味があるのか?オレに生きる価値はあるのか?・・って毎日思ってた」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・ここでシゲさんが話を聞いてくれなかったら、オレはもう引退してたかもしれません」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・違うな」


オウケンブルースリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・オウケンさんを支えたのはオレじゃねえ。さっき集まってくれた、仲間たちだぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・どんな人間でも、無意識に相手と自分の力関係を考える」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして相手を下に見たり、逆に、媚びへつらったりするもんだ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、オウケンさんはいつでも、誰に対しても、同じ目線で誠実に接することができる」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それは本当に強い男にしかできねえことだ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「オレは長いことオウケンさんを見てきたが・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・いつもすげえ男だなって、思ってたんだぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・た、たはっ!シゲさんにほめられるなんて、めずらしいっすね! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



♪憎い恋しい~めぐり~めぐぅて~今は恋しい~♪



オウケンブルースリ
「・・シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「たぶん・・このジャパンカップがオレにとって最後のチャンスです」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「練習嫌いのオレが、こんなに練習した・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「アダ●トDVDも借りずに、走り込んだ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「でも相手は、最強世代の4歳に、最強牝馬に、ドバイWC馬に、凱旋門賞馬まで・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「そこにこの、最弱世代のオウケン君ですからね 汗 たはっ! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・でも・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・最弱世代という辛酸を嘗めた・・屈辱を受けた・・だからこそ得たものもあります」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「弱さを強さに変えて・・精一杯がんばってきますから」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。オレから言うことは、何もねえぜ」



オウケンブルースリ
「・・ありがとうございました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・じゃあオレそろそろ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・ああ。今日もツケておくぜ」



オウケンブルースリ
「・・いえ。今日くらいはちゃんと払います。えーとサイフは・・・ガサゴソ」



ゴトン



焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?オウケンさん、何か落としやしたぜ・・・DVD?」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、ひろってもらってすいません・・・はうっ!!汗」



『ナースのお仕事4~白衣にお注射しちゃうぞ♪』



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ