◆2009年度JRA賞◆自分は運がいい、と思っている人に運は味方する



◆『自分は運がいい、と思っている人に運は味方する』◆





何か不都合なことが起こった時

”なんて自分はツイてないんだ”と考えてしまいがちだ。


しかしこの思考習慣が良い結果をもたらす事は少ない。

多少、強引でも、こじつけでもいいから

自分は運がいいから大丈夫、と考えるなら

運はその人を見捨てないだろう。








    ~2009年度JRA賞 受賞会場~






シンメイフジ
「アパパちゃん!最優秀2歳おめでと!
 すごいね! 満場一致だよ!!」


アパパネ
「ありがとうシンメイちゃん。
 今回はたまたまツキがあったからさ 照」


シンメイフジ
「すごいなあ、アパパちゃんは。
 それに比べてあたしはツイてないから・・・」


アパパネ
「シンメイちゃん、冗談でも自分はツイてないって
 言っちゃだめだよ! 言ってるうちに潜在意識に刷り込まれて
 ホントにツイてない人生になっちゃうんだから!!
 絶対に”自分にはツキがある”って考えて!」


シンメイフジ
「・・・そ、そうだよね。。
 あたし、お母さんと約束したから。
 がんばらなきゃね!」



タガノエリザベート
「あいかわらず甘いこと言ってんだね」


アパパネ
「エリ・・・」


タガノエリザベート
「フッ。心配すんなよ、アパパ。
 JFでシンメイとは友達になったつもりさ」



シンメイフジ
「そ、そうなの? 喜
 ほんと?エリちゃん、ねえねえー」


タガノエリザベート
「・・・ちっ。やっぱオマエ、イラッとするから
 こっちくんな、バカ」


シンメイフジ
「えーーん 泣」









トーセンファントム
「キングダム、最優秀2歳おめでとう!圧勝だったな!」


ローズキングダム
「ファントム・・・サンキューな。
 おまえの想いと一緒に来年のクラシックを走るよ」



ラナンキュラス
「キングダムさぁん、おめでとうございまぁーす はぁと
 この受賞で、お金ってもらえるんですかぁ~」


トーセンファントム
「おい、ラナン!もう金の話はやめるって言っただろ? 怒」



ローズキングダム
「おまえらも、うまくいってるみたいで安心だよ 笑」


ラナンキュラス
「・・・えぇ?・・・安心なの?・・・ラナン・・寂しい・・」


ローズキングダム
「え? ドキ」



ラナンキュラス耳元でささやく
「・・・ねぇ・・キングダムさん・・お祝いにぃ・・
 今夜あたしの部屋で、待ってる・・ 
 き・て・ね はぁと」


ローズキングダム目がハート
「は、はひ・・・。ぜひ・・・」









コスモファントム
「ちっ。2歳チャンプは女とデレデレしゃべってて
 なんかチャラいっすね。
 なんでヴィクトワールさんに2票しか入らないのか。
 どこ見てんだよ審査員は」



ヴィクトワールピサ
「ふん。まあいいさ。2歳チャンプにあいさつでも、と
 思ったが、女にヘラヘラしてるような奴に
 あいさつなんかしたくねえな」


コスモファントム
「そうですね。クラシックで勝てばいいんすよ!
 勝算はどうですか? 長渕剛さん」


ヴィクトワールピサ
「ああ、幸せのとんぼが舌を出して笑ってら・・・
 ・・・・って誰がブチ兄貴やねん!」






         完

サブコンテンツ