◆マンハッタンカフェ◆負けたときは次に勝つための因をつくっている シンザン記念(G3)



◆『負けたときは次に勝つための因をつくっている』◆






勝てば喜び、負ければ落ち込む。

放っておくと人間はこうなりがちだ。


しかし目先の勝ち負けではなく

自分自身のレベルアップという面から見れば

一見、敗北に見える中にこそ

成長のヒントが隠されているのだ。








11R 第44回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)




1着 ガルボ
2着 シャイン
3着 セレスロンディー






オウケンブルースリ
「ああ~いたたた・・・口が痛てえよ~ 涙
 なんでオレがレッドカレーの刑に処されてんだよ~ 泣」


ガルボ
「だ、大丈夫っすか? オウケンさん・・・」


オウケンブルースリ
「大体おまえがだなー最初のひとくちはオウケンさんが!!
 とかトチ狂ったことぬかすからこんなことになるんだろうが」


ガルボ
「す、すみません・・・よかれと思って言ったことだったんですが・・・」


オウケンブルースリ
「もうさー、昨年の秋ごろからオレってなんかダメなんだよ~。
 天皇賞秋では手ごたえ絶好だったのにさ~
 前の馬がことごとくオレの進路に入ってきやがって
 やっと開いたと思った頃にはもうカンパニーさんが
 ゴールしてたぐらいにしてよ~」



ガルボ
「あ、あのときはオウケンさんに運がたまたま無かっただけっすよ! 汗」


オウケンブルースリ
「ジャパンカップでは憧れのウオッカさんに
 ゴール前で並んだら、超いいにおいしたから
 ああ・・・いい香り・・・ってふにふにしてたら
 追い抜くの忘れちゃって、2センチ差で負けだよ~ 涙」


ガルボ
「そ、それはコメントしずらいっす 汗」


オウケンブルースリ
「もうとにかくさあ~最近のオレはさ~
 負けてばっかだよ。。。
 人生結果がすべて。 負ければ賊軍だよ・・・」





マンハッタンカフェ
「それは違うぞ、オウケン」


オウケンブルースリ
「え? マンハッタンおじさん?!」


ガルボ
「と、父ちゃん?!」



マンハッタンカフェ
「オウケンよ、話、聞いてしまってスマンな。
 しかしよ、さっきからぐちぐちぐちぐちとよ、
 後輩に役に立たない愚痴ばっか聞かせやがってな、
 そんな生産性のない会話を息子にするのも
 やめてくれんか?あ?」



オウケンブルースリ
「ちっ・・・エラそうに・・・。
 ・・・・すみませんでした・・」


マンハッタンカフェ
「勝てば正義、負ければ不義だと? あ?
 確かに有史以来そういう例は数多くあるのは確かだ。
 しかしテメーは政治家じゃねえんだよ」


オウケンブルースリ
「・・・・何が言いたいんすか・・・? イラッ」


マンハッタンカフェ
「イチ個人の日常の勝ち負けに
 その言葉を適用するのは適切とは言えないっつってんだ」


オウケンブルースリ
「いちいち言い回しが遠まわしでわかりにくいっつってんだ」


マンハッタンカフェ
「あん?テメー子供のころの恩を忘れたのか?コラ」


オウケンブルースリ
「自分も、もう子供じゃないっすから。
 ジジイの説教を聞いてるヒマはねえんすよ・・・」


マンハッタンカフェ
「・・・・フッ。
 オヤジのジャングルにそっくりだな。
 その気の強さは」


オウケンブルースリ
「・・・・・・」


マンハッタンカフェ
「まあとにかくよ、勝ったからOK、負けたからNG?
 そんな短絡的な思考はやめろっつってんだ。
 自己の能力の向上を考えるならばよ、
 勝利より敗北からの方が多く学べるんだよ、わかるか?」



オウケンブルースリ
「話なげーよ、オッサン。
 結論から言えっつってんだ」


マンハッタンカフェ
「テメー、このマンハッタン様の貴重なお話しを
 ぞんざいに扱いやがって・・・・。
 なんなら武力衝突でケリつけたってもええんやぞ・・・」





    どうする?
    いくらオレが空手の達人ブルースリーとは言え
    マンハッタンのジジイはつええ。
    ムダな武力衝突は避けたい・・・。
    しかしこのままでは腹の虫が収まらねえ。
    何かいい策はないか・・・?
    いや、待てよ・・・・



マンハッタンカフェ
「なに黙ってんだ? ビビッたのか? あん?」


オウケンブルースリ
「い、いやマンハッタンさん、すみません。
 よく考えたらボクに非があるのは明白ですね!」


マンハッタンカフェ
「わかってくれりゃーいいってことよ」


オウケンブルースリ
「そ、そこでですね!
 いいお話を聞かせてもらったお礼に
 レッドさんと3人でお食事しませんか?」


マンハッタンカフェ
「おおーレッドかあー久々に会いたいのう」


オウケンブルースリ
「ですよねー! じゃあレッド家に行きましょうかあー ニヤリ」






    ~レッドディザイアの家にて~





レッドディザイア
「あれ~?オウケンくん、また来たの?
 ん?・・・・お父さん?!」


マンハッタンカフェ
「おお~レッドや~、会いたかったぞよ~」


オウケンブルースリ
「いや、そこでマンハッタンおじさんと意気投合してさ
 ここでみんなで食事しようってことになったんだ。
 じゃあマンハッタンおじさんは
 座って待っててくれたまへ ニヤリ」






オウケンブルースリ
「よしレッド。冷凍してたレッドカレーを解凍だ」


レッドディザイア
「え?でもあと一人分しか残ってないのよ。
 冷凍エビピラフならあるけど」


オウケンブルースリ
「OKOK! オレはピラフでいいよ。
 お父様にカレーの準備を!! ニヤ」







オウケンブルースリ
「お待たせしました~マンハッタンおじさん。
 特製の激うまカレーですよ~自信作です!!」


マンハッタンカフェ
「おお、これはこれは。
 すまんなあオウケンくん。君はいい子だなー」


オウケンブルースリ
「いえいえ、マンハッタンおじさんの言葉に
 改心したんです!! あたーっす!!」


マンハッタンカフェ
「うむ。では頂こうか。
 ん?オウケンくんの料理、それは?」


オウケンブルースリ
「あ、ボクは冷凍のエビピラフで十分っす」


マンハッタンカフェ
「おお!! わしはエビピラフには目がないんじゃよ!!
 カレーはオウケンくんが食べなさい。
 わしは昔っからエビピラフが大好きでなあ~ 喜」


レッドディザイア
「そういえばお父さん、そうだったわね。忘れてた。
 じゃあオウケンくん、カレー食べなよ」



オウケンブルースリ
「は、はいっ?!
 ぼぼっぼぼくがカレー?!」



マンハッタンカフェ
「遠慮するでない。
 ではわしが食べさせてあげよう。
 はい、あーーん!」


オウケンブルースリ
「な、なにがどうなってこうなったんだ??
 誰か教えて?
 あーーん・・・・モグモグ・・・・」


マンハッタンカフェ
「さすが若いもんは食いっぷりがいいのう!!
 どうじゃ! うまいか?」



オウケンブルースリ
「・・・・・あ!あうっ!!!!!!!!!
 ぎぃやああああああーーーーーー!!!!」



マンハッタンカフェ
「ん?オウケンくんー?どこ行くんじゃー?」








窓からのぞいていたジャングルポケット
「”レッドカレーの刑”3発目!!!
 あれはしばらく回復できんなあ。息子よ、ガンバレ ホッホ」








         完


サブコンテンツ