◆シャイン◆その話は家族の食卓で話されるべき話題か? シンザン記念(G3)



◆『その話は家族の食卓で話されるべき話題か?』◆






家族の団欒が少なくなりつつある現代。

せっかく家族が集まる機会があったなら

未来につながる前向きな会話が望ましい。


後ろ向きなネタは

一人で静かに心を整理すればいい。


大切な人と過ごす時間は

楽しい会話ネタでありたい。






11R 第44回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)




1着 ガルボ
2着 シャイン
3着 セレスロンディー





メイショウドトウ
「シャインよ、今日はよくがんばったな。
 ガルボくんには突き放されたが
 重賞で2着なんてすごいぞ」


シャイン
「お父さん、ありがとう」


メイショウドトウ
「中京2歳Sでは、4角最後方からずっと前が開かなくて
 父さんもヒヤヒヤして見てたんだが
 ほとんど追わずに追走して馬群を割ってきた時
 こいつは重賞でも・・・と思ってしまったよ。親バカだな 苦笑」


シャイン
「あのときはヤバイと思ったんだけどね。
 頭数が少なくて助かったかな」


メイショウドトウ
「しかし前走が追い込みで
 今回はいきなりの逃げだからなあ。びっくりしたよ」


シャイン
「うん。やっぱ重賞だと前走みたいな後方からでは
 厳しいからさ。人気もなかったし思い切って行ったんだけど
 控えてたらどうだったかなーとも思うよね」


メイショウドトウ
「ふむ。そうだなあ」





パリスセイリュウ
「まったくイヤだわーもうー プンプン」


シャイン
「あれ?お母さんどうしたの?」


パリスセイリュウ
「いやお隣の奥さんにお味噌を貸してほしいって言われたから
 貸したのよ。そしたらね、開けたばっかりだったのに
 ほとんど使い切られてんのよ~~もういやだわあの奥さん 怒」


シャイン
「そ、そっか 汗
 じゃあボク今回の賞金で味噌買ってあげるよ!」


メイショウドトウ
「うむ。シャインはお母さん思いだな。いい子だ」


パリスセイリュウ
「大体ね、お隣の旦那なんて道で会ってもあいさつもしないのよ?
 超ダメ夫婦よ。きっと貧乏に違いないわ ふふん」


シャイン
「ま、まあまだお母さんはお隣さんのいいところを
 知らないだけかもしれないし
 悪く言うのは早いんじゃないかな 汗」


パリスセイリュウ
「あんなのダメよ。顔見ればわかるわ。
 それに・・・」



メイショウドトウ
「いい加減にしなさい! 怒」


パリスセイリュウ
「え?」


メイショウドトウ
「せっかくの家族の団欒の場なんだろう?
 しかも今日はシャインの重賞2着祝いなんだぞ?
 そんな楽しく明るい未来への会話をするべきじゃないのか?
 おまえの話は、今この大切な時間にするべき話題か?
 悪い感情は、自分の部屋にこもって
 自分の中で整理をつけなさい。
 人にぶつけてはならん」



パリスセイリュウ
「・・・・・・・・そうね。ちょっと席をはずすわ」



シャイン
「あ・・・お母さん・・・。
 父さん、ちょっと言い過ぎでは?」


メイショウドトウ
「大丈夫だ。おまえの母さんは強いからな。
 きっと自分の心をキッチリ整理してくるに違いない。
 オレの一家の大黒柱としてのセリフが
 心にバシッ!と届いたんだろう。フッ。さすがオレ。」



パリスセイリュウ
「ただいま」


シャイン
「あ、お母さん、お帰り!」


メイショウドトウ
「うむ。大黒柱の言葉は心に響いたかね。
 まあよい、まあよい。
 さあ、シンザン記念についてゆっくり語らうか ハッハッハ」



パリスセイリュウ
「語らうのはこっちが先では? ポンッ」


メイショウドトウ
「・・・・なんだ?・・・ん?・・・は、はうっ!!!」


シャイン
「ん?名刺・・・?・・・レモンクラブ かおりん・・・」


パリスセイリュウ
「なんでアンタのメンコの中に
 風俗嬢の名刺が入ってるわけ・・・? 怒
 まずはこれについて、ゆーーーーーっくり語らいましょうか 怒
 こっち来いやコラァー!!! 怒」


メイショウドトウ
「た、助けて~~シャイン~~ 泣」


シャイン
「知るか」







窓からのぞいていたジャングルポケット
「プププー 笑
 ドトウくんもツメが甘いのう。
 大黒柱失格でおじゃります、ってか プププッ 笑」







         完

サブコンテンツ