◆アドマイヤテンクウ◆京成杯(G3) 何かをやめるコツはいつでもそれができる状態にしておくことだ 



◆『何かをやめるコツはいつでもそれができる状態にしておくことだ』◆






悪い習慣は改善したい。

その際に、


「これで最後」
「これがなくなったらやめる」


というやめ方は一般的だが

最後というのはいつも以上に感動が増すので

いい思い出が残ってしまうため

逆にやめにくいことになったりする。


いつでもそれができる状態でやめることは

精神力は必要だが

意外と有効。






11R 第50回 京成杯(G3)



1着 エイシンフラッシュ
2着 アドマイヤテンクウ
3着 レッドスパークル





エイシンフラッシュ
「おつかれ、テンクウくん」


アドマイヤテンクウ
「くっそー!もうちょっとだったのによー!」


エイシンフラッシュ
「テンクウくんは強かったよ。
 こっちは完全に勝ちパターンだったのに
 あの体勢から差し返してくるなんて、すごい」


アドマイヤテンクウ
「ふん。勝っといてよく言うぜ。
 言い訳じゃないけど、仕掛けの反応が悪かった。
 手前を変えようと思ったら、脚が絡まってだな・・・」


エイシンフラッシュ
「うん。わかってる。ボクは完璧なタイミングで抜け出したのに
 差し返されるってことは、
 テンクウのエンジンのかかりが遅かったってことだね」


アドマイヤテンクウ
「ケッ。余裕たっぷりの分析しやがって。
 ああ、そういえばさっき
 キングダムとヴィクトワールの奴らが偵察に来てたぜ?」


エイシンフラッシュ
「うん。ボクも見た」


アドマイヤテンクウ
「ぶっちゃけどう思う?俺らはまだあいつらには勝てないか?」


エイシンフラッシュ
「・・・・・能力ではまだ向こうが上かな。
 でも今日みたいに器用に立ち回れれば
 皐月は18頭だからね。チャンスはある・・・」


アドマイヤテンクウ
「そうだな。爆発力では分が悪いからな。
 ところでキングダムとヴィクトワール、なんかモメてなかった?」


エイシンフラッシュ
「ああ、そうだよね。なんかヴィクトワールくんが放心してたね 笑」


アドマイヤテンクウ
「まああいつらがおちゃらけてる間に努力して
 なんとかひと泡ふかせようぜ。
 オレはまずタバコをやめるぜ」


エイシンフラッシュ
「テ、テンクウくん、アスリートなんだから
 タバコはだめでしょ 汗」


アドマイヤテンクウ
「タバコをやめればおまえにも勝てるに違いない。
 よしこの1本で最後だ。
 カチッ フゥ~~」





ヴィクトワールピサ
「なんだなんだ?タバコくせーなー。
 あん?テンクウじゃねえか。
 アスリートがタバコ吸ってんじゃねえ」


アドマイヤテンクウ
「むむ。宿敵ヴィクトワール・・・。
 オレはな、これを最後の1本としてだな、
 今日からタバコはやめるんだよ。フッ。
 オレがタバコやめたらマジ強いぜ?」


ヴィクトワールピサ
「・・・・・なるほど。。。
 じゃあ俺もこれを最後の1本としよう」


アドマイヤテンクウ
「おまえも吸ってたんかい!」


ヴィクトワールピサ
「カチッカチッカチッカチッカチッ・・・・」


アドマイヤテンクウ
「プププッ 笑
 最後の1本も吸えないようだな。
 あいにくオレは人にライターを貸さない主義なんでね」


ヴィクトワールピサ
「カチッカチッカチカチカチカチカチカチカチカチカチ・・・・」


アドマイヤテンクウ
「わ、わか、わかったわかったって! ホラ」


ヴィクトワールピサ
「かたじけない」


アドマイヤテンクウ
「ところでおまえ昨日なんかキングダムとモメてたんか?」


ヴィクトワールピサ
「カチッ フゥ~~。
 ん?ああ。あのキングダムのバカ野郎が
 人の話ぜんっぜん聞かないもんだからよー」


アドマイヤテンクウ
「さては相手にされてないな?おぬし 笑」


ヴィクトワールピサ
「なにを言うか。オレは重賞勝ってるからな。
 おぬしの方こそ相手にされとらんぞよ」





アドマイヤテンクウ
「フゥ~~。最後の1本も終わりですな、ヴィクトワール氏」


ヴィクトワールピサ
「そうですなあ、テンクウ氏」


アドマイヤテンクウ
「せつないですなあ・・・」


ヴィクトワールピサ
「・・・・ですなあ・・・・」





アドマイヤテンクウ
「・・・・・最後の最後にもう1本・・・ってのはどうかね?」


ヴィクトワールピサ
「あたくしも今、そう思っていたぞよ。
 うむ。これは何も後ろめたい行動ではない。
 どこを最後にするかは、我々の自由意思に委ねられているのだ。
 別に意志が弱いわけではない」


アドマイヤテンクウ
「もちろんだ、ヴィクトワール氏。
 我々は断じて意志が弱いわけではないのだ」




ヴィクトワールピサ
「カチッ フゥ~~」


アドマイヤテンクウ
「カチッ フゥ~~」



ヴィクトワールピサ
「・・・・皐月の舞台に、一緒に立てるといいな・・・」


アドマイヤテンクウ
「・・・・ああ。・・・・そうだな・・・・」







         完

サブコンテンツ