◆ローズキングダム◆京成杯(G3) 人間は他人を過小評価しがちだ



◆『人間は他人を過小評価しがちだ』◆






自分自身への評価は甘く、他者への評価は辛い。

故に自分が思うより、他人は自分のことを評価してくれてない。


また、自分が思うよりも

目の前のその人には能力があるものだ。


なるべく他人のいい部分を見るようにして

その人物を正当に評価することは

自分自身の成長のためにも有効になるだろう。








11R 第50回 京成杯(G3)



1着 エイシンフラッシュ
2着 アドマイヤテンクウ
3着 レッドスパークル






アドマイヤテンクウ
「ううむ。昨日ヴィクトワール氏と
 意気投合してしまって結局タバコやめれなかったよ 汗」


エイシンフラッシュ
「だ、だめじゃん・・・汗」


アドマイヤテンクウ
「いや、つい男同士のロマン的なトークを熱く語ってしまってな。
 熱くなってくるとタバコ吸いたくなるじゃん?」


エイシンフラッシュ
「じゃん?って言われても
 ボクは吸わないからわかんないよ」


アドマイヤテンクウ
「いやーでもヴィクトワール氏はいいヤツだったよー。
 熱いヤツでさー。語り合ったんだよー昨日さー」


エイシンフラッシュ
「だからそれさっき聞いたし」


アドマイヤテンクウ
「だからな? 男のさあ!ロマン的なトークを熱く!!
 ロマンだよ?ロマン!!」


エイシンフラッシュ
「だからそれも聞いたし」


アドマイヤテンクウ
「ロマンというより、マロンと言っても過言ではない」


エイシンフラッシュ
「いや過言だろ。くりは関係ねえし」


アドマイヤテンクウ
「とにかく皐月ではさあ、ヴィクトワール氏とオレで
 壮絶な叩き合いでゴールしたいもんだ。
 ヴィクトリーさんとサンツェッペリンさんの時みたいにさ!」


エイシンフラッシュ
「うーん。夢が膨らむのはいいけど
 あんまりその話はしない方がいいと思うよ。
 なんか敵が増えそうだ 汗」


アドマイヤテンクウ
「敵だ? フッ。このオレに敵う者がいるとでも?
 かかってこいやー!」


エイシンフラッシュ
「ダメだ・・・完全にマイファンタジーの世界に没入したようだ。
 もうめんどくさいから帰ろうかな・・・あ、あれは・・・・」





ローズキングダム
「ふはは。なんか威勢のいい声が聞こえるのう 笑
 このキングの前でも同じ事が言えるかね? ふふん」


アドマイヤテンクウ
「はっ・・・2歳チャンプ・・・いやビビるな!
 チャンプと言っても同じ歳の馬なんだ・・・」


ローズキングダム
「チャンプではなく、キングな。
 そこんとこ間違えないでちょ」


アドマイヤテンクウ
「くっ・・・。調子こきやがってこの野郎・・・・
 で、でもさキングダム。
 こないだの京成杯、見てただろ?
 オレの驚異の粘りを! 中山2000ならキングダムとも互角では?」



ローズキングダム
「ふむ。。。テンクウはまだ能力比較のセンスが磨かれてないな。
 あのな? 個人の脳というのは、自分の事を高く評価しすぎるわけだ。
 一方、他人のことは低く評価しすぎるわけだ。
 つまりな? テンクウはオレと互角だと思っている。
 ということは、テンクウはオレより下ということさー フッ」


アドマイヤテンクウ
「む。。確かに個人の脳は自信過剰になりがちなのは認めるよ。
 でもオレはその分も調整し、客観的に見た上で
 アンタと互角と踏んだんだが?」


ローズキングダム
「・・・・・・・・」


アドマイヤテンクウ
「決してうぬぼれではないと思ってるよ?」


ローズキングダム
「・・・・・・・・」


アドマイヤテンクウ
「フッ。言い返す言葉が見つかりませんか?チャンプ? ニヤ」



ローズキングダム
「・・・・ん?ご、ごめん、全然聞いてなかった! 笑」


アドマイヤテンクウ
「・・・ほ、ほう・・・余裕ってわけですか イラッ」



ローズキングダム
「まあとにかくさあ、レースやる前から
 自分の中で評価を決めて、ああだこうだ言ってたってさ、
 そもそも、その評価の軸がブレてることも多いわけだから
 意味ないんじゃね? とオレは思うわけです」


アドマイヤテンクウ
「むむ。。確かにそれは言えるな。。
 自信過剰の偏りがある脳でいろいろ考えるより
 今、自分にできる努力をすべきだと、そういう意味だな?」


ローズキングダム
「・・・・・・・・」


アドマイヤテンクウ
「違うのか?」


ローズキングダム
「・・・・・え?・・・ハッ!ま、また聞いてなかった! 笑」


アドマイヤテンクウ
「アアア、アンタが振ってきたネタですよね?!
 ボクそれに真剣に答えましたよね?!
 そそそ、それをなんでアンタ聞いてないんですか?! 怒
 ちょちょちょちょちょちょーー。信じらんないこの人! 怒」





ヴィクトワールピサ
「ああーー!!遅かったか!
 大丈夫か?テンクウ氏!!
 精神は崩壊していないか?!」


アドマイヤテンクウ
「・・・ヴィクトワール氏・・・
 こここ、この方があたくしの話を聞いてないって・・・泣
 あたくしは誠意をもって話したの!
 ねえ!あたし悪くないの! 号泣」


ヴィクトワールピサ
「む。かなり危険な状態だ。
 心が壊れかけている。。。
 おい!しっかりしろ!テンクウ氏!!
 オレの目を見ろ! 昨日熱く語った事を思い出すんだ!!」


アドマイヤテンクウ
「・・・ヴィクトワール氏・・・夢・・・?
 皐月賞?・・・・ハッ! 思い出した!」


ヴィクトワールピサ
「よかった!帰ってきたんだな!テンクウ氏! 泣
 キングダムには気をつけろ!
 あいつは人の話を聞かん。
 それでオレも1回廃人になりかけたんだ。
 あいつのペースにはまるな。マジ危険だ」




ローズキングダム
「おお!ヴィクトワールじゃん。
 テンクウもいるし、メシでも食いに行く?
 うまいとんかつ屋を発見したんだよ~~♪
 おごってやるからさ。だってオレ、ジーワンホースだし~」


ヴィクトワールピサ
「ほ、ほんとか? かたじけない。照
 とんかつにはオレも目がなくてな。
 ちょうど今、金欠でおごってくれると助かるよ 照
 やっぱおまえも友達だと思ってくれてたんだな? 喜」



ローズキングダム
「・・・・・・・・」


ヴィクトワールピサ
「オ、オレはデビュー戦で負けたのは今でも悔しいけど
 友というのはお互いに能力を認め合うからこそ
 友情が芽生えるんだよな?
 だ、だから俺たちも・・し、親友?・・なんちゃって 照照」




ローズキングダム
「・・・・・はっ!はうっ!!
 ・・・・・ぜんっぜん聞いてなかったーー!! 笑」


ヴィクトワールピサ
「・・・・・・フラッ・・・・(失神)」


アドマイヤテンクウ
「ヴィ、ヴィクトワール氏ーーーー!!!! 泣」








         完

サブコンテンツ