◆トップカミング◆日経新春杯 オプティミストは1部分でも良くなればOKと考える



◆『オプティミストは1部分でも良くなればOKと考える』◆




どの場面でも楽観が最上の策ではない。

最悪を想定して方向を決めることは

損害を事前に防ぐためには必須の作業だ。


しかしながら作戦の土台となるメンタルに於いては

楽観性と悲観性をバランスよく

持っておかなければ

作戦そのものの継続が困難となってしまう。








11R 第57回 日経新春杯(G2)



1着 メイショウベルーガ(牝5)
2着 トップカミング(牡4)
3着 レッドアゲート(牝5)







メイショウベルーガ
「まったくレッドときたらロクな名前考えないんだから プンプン」


トップカミング
「あ!ベ、ベルーガさんっ、おはようございます 照」


メイショウベルーガ
「あーカミングくーん、今日もいい男よ♪ うふ」


トップカミング
「そそそ、そうですか!うれしいっすー デレデレ」


メイショウベルーガ
「今度、ごはんでもいこうよ。ふ・た・り・で♪」


トップカミング
「は、はい!ぜぜぜぜひ!ボクおごらせて頂きますので! 照」


メイショウベルーガ
「あー、いいのかなーあたし高いものばっかりたべちゃうぞ~♪」


トップカミング
「ベルーガさんのためなら!!貯金おろしておきますんで! 照」


メイショウベルーガ
「うふふ。ありがと。楽しみにしておくからね♪」







サンライズマックス
「おおーベル。重賞初制覇おめでとさん」


メイショウベルーガ
「あーマックスさんー♪ありがとーございまーす うふ」


サンライズマックス
「いやーオレもインをついたんだけど
 前がつまりまくってな。ほとんど追えなかった気がする 落」


メイショウベルーガ
「そうですよねぇ。あたし完勝とか言われてますけどお
 マックスさんがきっちりさばけてたら負けてましたよぉ~」


サンライズマックス
「いや勝つまではどうかと思うけどな。
 ただ今回は斤量も57.5だしな。
 負けたけど悲観はしてないよ」


メイショウベルーガ
「さーすがあー。マックスさんのそのオプティミズムに
 ベルーガ惚れちゃうぞ♪」


サンライズマックス
「ふっ。 照
 なあベル。いつデートしてくれるんだよ。
 前から誘ってるだろう?」


メイショウベルーガ
「えぇ~♪恥ずかしいな。うふ。」


サンライズマックス
「オレの方はいつでもいいからな。
 金欠になったらいつでも言えよ。おごるからさ」


メイショウベルーガ
「あになとうごないますぅ~~♪
 マックスさん、大好き。うふ」


サンライズマックス
「フッ 照照
 照れるぜ。じゃあな。ベル。連絡待ってるから」







メイショウベルーガ
「ふー。美人も疲れるわね。
 どっかでコーヒーでも飲もうかしら」


レッドディザイア
「やっほー。ベルーガさん、今からお茶ですか?
 私もいいっすかー?」


メイショウベルーガ
「うっ。またアンタか。。。まあコーヒーくらいならいいよ」






    ~スターバックスにて~






レッドディザイア
「じゃあ私はーてりやきチキンのサンドイッチとー
 バームクーヘンとーサラダとー・・・・」


メイショウベルーガ
「く、食うんかい!!
 しかも頼みすぎだろ!」


レッドディザイア
「なんかお腹すいちゃいまして~ えへ
 そういえばいいネーミング決まりました?」


メイショウベルーガ
「つうかアンタが考えてくれないから
 決まらないっつうの。
 でもやっぱり”メイショウベルーガ”よりカワイイ名前がいいなー」


レッドディザイア
「わかりました。
 今日こそバシッと決めてやりますよ!」


メイショウベルーガ
「聞き流しておくから勝手にしゃべってな」


レッドディザイア
「もー。冷たいなあ~。
 うーんとね~。じゃあこんなのはどう?
 ・・・・・メイショウユキチャン」


メイショウベルーガ
「うーん。パクってるなあー。パクりはだめだろ
 あそこまで白くないし。しかも10文字だし」


レッドディザイア
「メイショウミルク?」


メイショウベルーガ
「牛乳かっ!!」


レッドディザイア
「メイショウシロッコ?」


メイショウベルーガ
「トウショウシロッコみてーだろ」


レッドディザイア
「だってだって~白いものって他になんかありますー?
 うーん。。。メイショウ(ピー) 自主規制


メイショウベルーガ
「お・・おまえ・・そ、それはダメだって・・・
 レッドの好感度が・・・」



レッドディザイア
「メイショウアクオス」


メイショウベルーガ
「テレビかっ!!
 エキショウアクオスみたいに言うなっ。
 なんかもっとこう、母性みたいなやつとかさあ」


レッドディザイア
「なるほど!母性ですね。
 ・・・・メイショウカアチャン」


メイショウベルーガ
「母ちゃんかっ!!」


レッドディザイア
「メイショウキモッタマカアチャン」


メイショウベルーガ
「なげーよ! カアチャンだけでもなげーよ!」


レッドディザイア
「メイショウナース&女教師」


メイショウベルーガ
「AVかっ!!
 ・・・ハッ!思わずつっこんでしまったが
 あたしの好感度が・・・」


レッドディザイア
「メイショウこども店長」


メイショウベルーガ
「だれが子供やねん!!」







         完

サブコンテンツ