◆マツリダゴッホ◆日経新春杯 愛はギブアンドテイクではない



◆『愛はギブアンドテイクではない』◆






なぜその人を愛しているのですか?

給料をもってきてくれるから。

物を買ってくれるから。

私を愛してくれるから。

私を大切にしてくれるから。



前提条件ありきの愛はとても多い。

しかし誤解を恐れずに言えば

愛と言うのは前提条件ゼロの時にしか存在せず

たとえ感謝もなにもされなくても

その人が自分を愛してくれなくても

ただ与えるだけのものである。



純粋な愛はとてつもなく難しい。








11R 第57回 日経新春杯(G2)



1着 メイショウベルーガ(牝5)
2着 トップカミング(牡4)
3着 レッドアゲート(牝5)






ドリームジャーニー
「じゃあ一緒に食事に行こうか。ベルちゃん」


メイショウベルーガ
「嬉しいですぅ~~♪
 でもでもぉ~~あたし今日もちあわせがなくてぇ~ 泣」


ドリームジャーニー
「いいっていいってそんなの。
 男性陣がもつからさ! ねっ?ゴッホさん?」


マツリダゴッホ
「・・・・・財布には120円しか入ってマツリダ」


ドリームジャーニー
「な、なんで出かけるのに120円しか持ってこないんすか 怒」


マツリダゴッホ
「街頭でアフリカの恵まれない人への募金をやってて
 札を全部入れてしもーたマツリダ」


ドリームジャーニー
「ダ、ダメっすよ 汗
 募金ってゆうのは自分の余裕の範囲内でやるものでしょう?
 恵まれない子を助けても、自分が不幸になっちゃ意味ないっすよ」



マツリダゴッホ
「そうだけどマツリダ・・・」


ドリームジャーニー
「それに募金された側だって、そのお金はゴッホさんからの
 お金だということはわからないんです。
 誰にも感謝されない上にお金まで無くなるんですよ?」



マツリダゴッホ
「・・・・愛は見返りを求めないマツリダ」


メイショウベルーガ
(え?)


ドリームジャーニー
「・・・・・・」


マツリダゴッホ
「感謝されたくて募金したわけじゃマツリダ」


ドリームジャーニー
「・・・うん・・・まあそうですけど
 でもおかげで今日はボクが3人分のオゴリじゃないですか 泣」



===============================




    ~中華料理の店にて~




ドリームジャーニー
「じゃあもう今日は好きなもの食べちゃってよ、ベルちゃん」


メイショウベルーガ
「やったぁ~~♪
 じゃあじゃあ~~フカヒレとぉ~北京ダックとぉ~
 伊勢えびのフカヒレチリソースとぉ~・・・・」


ドリームジャーニー
「だ、大胆な注文だね 汗汗
 ま、まあ今日は特別になんでも食べてね 汗
 ゴッホさんは何にします?」


マツリダゴッホ
「牛丼ひとつマツリダ」


店員
「申し訳ございません。当店は中華ですので・・・」


ドリームジャーニー
「な、なにやってんすかゴッホさん 汗
 恥ずかしいなあーもうー。
 じゃあこっちで適当に注文しますからね」


マツリダゴッホ
「カツカレーひと・・・・」


店員
「申し訳ございませんが!」


ドリームジャーニー
「い、言いきる前に止められましたね 汗」



===============================



メイショウベルーガ
「ああ~おいしかったぁ~~
 ごちそうさまねしたぁ~~♪」


ドリームジャーニー
「よ、喜んでもらえてよかったよ 汗
 財布はデンジャラスゾーンだけど 汗」



マツリダゴッホ
「・・・・おぬしはいつもそうやって男に金払わせるのかマツリダ」


メイショウベルーガ
「は?」


マツリダゴッホ
「タダでメシ食えてラッキーとか思ってるかもしれんが
 そこでおぬしが知らず知らず失ってるものが
 あるのではないかマツリダ」


ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん、ケンカはやめましょうよ 汗」


メイショウベルーガ
「・・・・なるほど。タダで食事できた代償として
 心を失っていくと言いたいわけですね?」


マツリダゴッホ
「・・・・・・」


メイショウベルーガ
「でもこう考えることもできるのではないでしょうか。
 男性はお金を払う代わりに、美人と食事を共にできると。
 効用はそこで相殺となるため
 私の心に傷はつかないのでは?」



マツリダゴッホ
「・・・・・それもそうだマツリダ」


ドリームジャーニー
「か、完全に言い負かされてるじゃないっすか 汗
 勝算もないのにケンカ売らないでくださいよ~~ 汗」


メイショウベルーガ
「ゴッホさんは、私のためを思って忠告してくれたんですよ。きっと。
 でも表面的で安っぽいヒューマニズムですね 失笑」



マツリダゴッホ
「・・・・・トイレに行ってくるマツリダ」


ドリームジャーニー
「あ、トイレはつきあたりを左です」



マツリダゴッホ
「・・・・・おぬし、本当はさみしがっているのではないのかマツリダ」


メイショウベルーガ
「はぁ~?」


マツリダゴッホ
「効用とか相殺とか、愛は測るものではない。
 ただ無心で与えるだけのものなのだマツリダ」


メイショウベルーガ
「・・・・・・・」


マツリダゴッホ
「おぬしは美人であるがゆえに
 簡単に愛が手に入りすぎた。
 正確に言うと”愛のようなもの”がなマツリダ」


メイショウベルーガ
「・・・・だから何?」


マツリダゴッホ
「さみしさはギブアンドテイクの愛では埋められない。
 おぬしは一度、自分の金で食事をしてみろ。
 少しは新しいものが見えるかもしれんな。
 ではトイレにマツリダ」



メイショウベルーガ
「・・・・な、なによそれ・・・
 言いたいこと言いやがって・・・」


ドリームジャーニー
「ご、ごめんね、ベルちゃん・・・汗」


メイショウベルーガ
「・・・・ジャーニーさんはどうしてあの人とつるむんですか?」


ドリームジャーニー
「うーん・・・なんでかな 汗
 ・・・・一番尊敬できる人とつるみたいから、かな」


メイショウベルーガ
「尊敬・・・・ホントはさみしがってる、か・・・
 ゴッホさん・・・ ドキドキ」






女性の悲鳴
「キャー!!!!女子トイレに変質者がいます!!警察を!」


警察
「む。何やってるキサマ!!」


マツリダゴッホ
「あ、あやしいものではマツリダ 汗」


警察
「ん?キサマ前にも女子トイレで捕まえたヤツだな?
 2度目は許さんぞ! こっちへ来い!!
 今日は帰れないと思え!!!」


マツリダゴッホ
「ご、誤解だマツリダ 汗」





ドリームジャーニー
「・・・・・・・」

メイショウベルーガ
「・・・・・・・」







         つづく

サブコンテンツ