◆ロールオブザダイス◆平安ステークス まずは謙虚に信じてみる



◆『まずは謙虚に信じてみる』◆





俗に言う成功法則というのは

生きていく上で、

こうやって生きれば幸せに生きられますよ

というルールを先人が教えてくれているものだ。


ルールを守れば人生は苦しくない。


しかし変にプライドが高い人ほど

このようなルールに反発する傾向がある。


プライドは人生を苦しくすることがある。

否定することはいつでもできるから

まずは謙虚に信じてみることだ。







11R 第17回 平安ステークス(G3)


1着 ロールオブザダイス
2着 ダイシンオレンジ(1人気)
3着 ネイキッド





    ~河川敷にて~





トウショウシロッコ
「な?おかしいだろ?
 なんで相談したオレンジではなく
 オレにメモが落ちてくるんだ?」


マイネルキッツ
「うーん、やっぱりゲイトノートを小馬鹿にした呪いだろ」


トウショウシロッコ
「勘弁してくれよ~」


マイネルキッツ
「で、昨日は何が書いてあったんだ?」


トウショウシロッコ
「ゲイトハンバーグの作り方が・・・・」


マイネルキッツ
「はっ! ということは天誅のお知らせでは・・・」



トウショウシロッコ
「今日は朝、ゴミを出しに外に出たんだが
 カギを持って出るのを忘れて
 オートロックが閉まってしまって
 この厳寒の中、玄関の前でパジャマで茫然としていたよ・・・」



マイネルキッツ
「閉まってしまって & 厳寒の中、玄関の前ですね? 笑」


トウショウシロッコ
「笑えねえ。。。他の住人が出てくるまで
 パジャマで雪の中だぞ? 怒」


マイネルキッツ
「パジャマで雪の中、ですね? 笑」


トウショウシロッコ
「そのままやないかい!」



マイネルキッツ
「まあさすがのおまえもゲイトノートの威力を信じる気になっただろう?」


トウショウシロッコ
「信じる! 信じるよ、オレ!!」


マイネルキッツ
「それは誰なの?」


トウショウシロッコ
「ボクですけど」



マイネルキッツ
「ところで今日はなんで河川敷でハンバーガーなんだ?
 焼き肉、食べたいんだけど」


トウショウシロッコ
「バ、バカを言え! またカルビクッパぶっかけられたら
 火傷の上に火傷することになるだろうが!
 だからこの安全な河川敷を選んだのさ♪
 少年野球の声がさわやかですなあ~~♪」



マイネルキッツ
「まあしょうがないからハンバーガー食うか」


トウショウシロッコ
「・・・?あれ? このハンバーガー・・・
 ・・・・肉が入ってない・・・ 涙」


マイネルキッツ
「ほ、ほんとだ。。。そんなことがあるのか?
 ある意味ミラクルだな・・・・」




    カキーン!


    野球少年
    「あ、危ない!」


    バキッ



トウショウシロッコ
「ぐ、ぐはぁー」


野球少年
「だ、大丈夫ですか!」


トウショウシロッコ
「・・・・だ、大丈夫なわけあるか!
 このガキがあーー!!!ぶっ殺すぞコラア!!」


野球少年
「うわあー逃げろーー」



===============================


トウショウシロッコ
「はあ・・・。結局ハンバーガーには肉が入ってなかったし
 野球のボールはこめかみに直撃するし・・・
 一体どうなってんだ・・・・
 おとなしくもう帰ろう・・・・」



シャドウゲイト
「おお、シロッコ。
 最近よく会うのう」


トウショウシロッコ
「あ、ゲイトさん、お疲れ様っす」


シャドウゲイト
「元気ないのう。
 どうじゃ最近のレースは」


トウショウシロッコ
「ええ、競馬ではあいかわらず2、3着ばかりっす 落
 平安Sでは、ダイスが重賞初制覇を飾ったっていうのに
 オレはいつになったら勝てるのかなって・・・はぁ~」


シャドウゲイト
「ふむ。なあシロッコよ。
 おまえは最近、謙虚さを失っておるのではないか?」


トウショウシロッコ
「は?」


シャドウゲイト
「わしは、AJCC3着は立派だと思うぞい」


トウショウシロッコ
「いや、もう3着とかはいらないんです・・・」



シャドウゲイト
「・・・・おまえがG2で3着に入れたのは
 おまえ一人の力ではないだろう?
 いつも世話をしてくれる厩務員さんや
 おまえのことを一生懸命に考えてくれる調教師の先生。
 そしていつも応援してくれるファンがいるから
 おまえは3着に入れたんじゃろう?」


トウショウシロッコ
「・・・・・・・」


シャドウゲイト
「勝てなかったのは悔しいかもしれん。
 じゃがな、3着に入れたことへの感謝の気持ちを忘れたら
 次は3着にすら入れないぞ?」


トウショウシロッコ
「・・・・・・・」



シャドウゲイト
「3着への感謝ぢゃ。
 わかるか?」



トウショウシロッコ
「・・・・今すぐには腑に落とすことはできません・・・・」


シャドウゲイト
「ホッホ。いいんぢゃ、いいんぢゃ。
 3着でムカつく~とかじゃなく
 3着になれて感謝だなと少しでも思えたなら
 おまえの重賞制覇は近いじゃろう。
 ではワシは帰るぞい。さらばぢゃ」




トウショウシロッコ
「あ、ゲイトさん、ありがとうございました。
 ・・・・・ふう・・・難しい話だ。。。
 ・・・・ん?・・・なんだコレ?
 ・・・・ゲイトさんの落し物か?・・・メモ?
 ・・・・なんて書いてあるんだ?






    『くそがぁー!!!ネヴァブションのせいで
     2着かよーー!!
     2着なんかいらねえんだよっ!クソヤロー!
     1着以外はビリと一緒だろうがっ!!
     調教師がちゃんと仕上げねえから2着に負けるんだろうが!
     オレは全力で走ったのに、周りのやつらのせいで負けたんだ!!
     うがぁーーーー!!! やってらんねえーーー!!』






トウショウシロッコ
「な、なんて自分勝手な考え方なんだ・・・ 汗
 被害者意識のかたまりだ・・・ 汗
 まずは自分を2着にしてくれたスタッフに
 感謝の気持ちを持つべきだろうに・・・。
 ・・・・・はっ!!!!
 そうか!そういうことだったんだ!!
 オレは2、3着に来れたことへの感謝を忘れていたんだ!!!
 ゲイトさんのこのメモのおかげで気づくことができた。。。
 はっ!!!
 まさかこれが信じる者にだけ現れる本物のゲイトノートなのかっ!!
 ありがとう!! 
 これからはオレ、謙虚になるよ!」







         完

サブコンテンツ