◆アメリカジョッキークラブカップAJCC2012予想⇒トーセンレーヴ⇒人が羨む要素は隠した方が良い



◆人が羨む要素は隠した方が良い



≪焼き鳥シゲにて≫



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


ナカヤマナイト
「こんにちはー」


トーセンレーヴ
「・・・・」



ナカヤマナイト
「ほら。レーヴ君。つっ立ってないで、寒いから中に入らナイト!」


トーセンレーヴ
「・・・・」


ナカヤマナイト
「・・ん?」



トーセンレーヴ
「・・ぼくちゃん、この店、キラーイ」


ナカヤマナイト
「な、なんで? 汗」


トーセンレーヴ
「・・だってなんか汚いし、演歌とかオシャレじゃないしー」



♪しみじみ~飲めば~しみじみと~ぉぉぉ~♪



ナカヤマナイト
「ま、まあ、とにかく座ろうよ 汗 寒いし」


トーセンレーヴ
「・・・・」



ナカヤマナイト
「あ。シゲさん。ビールください」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ。レーヴさんはどうしやすかい?」



トーセンレーヴ
「・・ぼくちゃん、ビールはギネスしか飲まなーい」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



ナカヤマナイト
「レ、レーヴ君。シゲさんの店に黒ビールはナイト思うよ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あるぜ」


ナカヤマナイト
「あ、あるの? 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼き鳥シゲ、オリジナル地ビール。その名も『シゲス』」


ナカヤマナイト
「・・・・汗」


トーセンレーヴ
「・・じゃあしょうがないから、それでー」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・シゲスおまち」


ナカヤマナイト
「は、はやっ 汗」



トーセンレーヴ
「・・ナイト君・・毒見して」


ナカヤマナイト
「じ、じゃあ・・・ゴクゴク・・」


トーセンレーヴ
「・・・・」


ナカヤマナイト
「・・・・」



トーセンレーヴ
「・・どーせマズイでしょー。こんな汚い店の地ビールなんかさー」


ナカヤマナイト
「・・・・」


トーセンレーヴ
「・・・・」



ナカヤマナイト
「・・な、なんてうまさだ・・ 驚」


トーセンレーヴ
「え? 汗」



ナカヤマナイト
「シ、シゲさん・・このビールは一体・・ 驚」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ナカヤマナイト
「どうやって作ったんですか?! 驚」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。とりあえず、店にあった黒いものを、全部一緒に焙煎して、そこに窒素と二酸化炭素の混合ガスを加えただけだぜ」



ナカヤマナイト
「・・そ、その説明では、よくわからナイト思うけど 汗 黒いものってなんすか? 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・黒豆・黒こしょう・こんぶ・黒糖・黒タイツ・黒澤明監督の映画・黒木メイサの写真集・・・などなど、だぜ」


ナカヤマナイト
「こ、後半、明らかに食材じゃナイト思うんですけど 汗」



トーセンレーヴ
「・・ゴクゴク・・」


ナカヤマナイト
「ね?おいしいでしょ?レーヴ君!」


トーセンレーヴ
「・・・フン」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



トーセンレーヴ
「・・ぼくちゃんは、スーパーお坊ちゃまだから、世界中の超高級ビールを飲んでるんだじょ!」


ナカヤマナイト
「うん。そうだよね。レーヴ君は、お姉さんがブエナさんで、妹がジョワドヴィーヴルちゃんだもんね!」



トーセンレーヴ
「・・フン。ぼくちゃんは、家も金持ちなんだじょ」


ナカヤマナイト
「へー!」



トーセンレーヴ
「ポケットの中には、いつも札束が入ってるじょ。ホラ・・・ポイポイッ」


ナカヤマナイト
「ちょ、ちょっと! 汗 レーヴくん!お金をバラまいちゃダメだって! 汗」



トーセンレーヴ
「ぼくちゃんは、所属厩舎も、今をときめく池江厩舎だじょー」


ナカヤマナイト
「そうだよねえー」



トーセンレーヴ
「ぼくちゃんは大切にされているから『今日は調教やりたくなーい』って言えば、休めるじょ」


ナカヤマナイト
「れ、練習はちゃんとがんばらナイト 汗」



トーセンレーヴ
「誰もがうらやむスーパーサラブレッド!それがぼくちゃんだじょー! 喜」


ナカヤマナイト
「う、うん。そうだね 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



トーセンレーヴ
「ねえねえ。ヒゲのおじさん。ぼくちゃん、すごいでしょー?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



トーセンレーヴ
「うらやましいでしょー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ええ」



トーセンレーヴ
「なっはっは! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



トーセンレーヴ
「ぼくちゃんは、この勢いで今年はジーワン制覇まで一気に・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・レーヴさんな」


トーセンレーヴ
「ん?なぁに?ヒゲのおじさん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・人にうらやましがられる要素は、なるべく見せないようにした方がいいかもしれねえ」


トーセンレーヴ
「はぁー? 怒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自慢話は、虚栄心を満たす代償として、目に見えないものを失っている」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「たしかに、自慢話でアピールすれば、世間は『すごい!』と言うだろう」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だがその一方で、心の中では、墜落を望むのも、また人間だ」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自慢話で自己顕示欲を満たそうとする者は、いつか思わぬ所から、足を引っ張られるだろう」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・レーヴさんがジーワン制覇を望むなら・・」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その事を、記憶の片隅に入れておいてくだせえ」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。スーパーサラブレッドに、えらそうに言っちまったな」


トーセンレーヴ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?炭がねえな。ちょっと倉庫に取りに行ってくるぜ」



   バタン



トーセンレーヴ
「・・・・」


ナカヤマナイト
「・・・・」



トーセンレーヴ
「・・な、なんだよアイツ・・えらそうに! 怒」


ナカヤマナイト
「・・・・」



トーセンレーヴ
「・・み、店を変えるじょ!やっぱミシュランガイドの、三つ星レストランにするじょ!こんな汚い店はゴメンだじょ! 怒」


ナカヤマナイト
「う、うん」



トーセンレーヴ
「えーと、三つ星の・・・どこにしようかなー・・ペラペラ」


ナカヤマナイト
「・・・・」



トーセンレーヴ
「・・このへんかなー・・ん?」


ナカヤマナイト
「・・どしたの?レーヴくん」



トーセンレーヴ
「・・な、なんだって・・? 汗汗」


ナカヤマナイト
「ん?」



◆ミシュラン三つ星
 ⇒焼き鳥シゲ



ナカヤマナイト
「えぇ~~!! 驚」


トーセンレーヴ
「そ、そんなバカな・・汗」



 - つづく –
    ↓
【しゃべる馬予想】…勝負レース平均回収率 125~140%(三連単なら235%)
無料メルマガにて↓
◆携帯の方はここから空メールでOK
◆PCの方はこちらから

サブコンテンツ