◆ティアップゴールド◆東京新聞杯 人は思考を停止した時から思い上がる



◆『人は思考を停止した時から思い上がる』◆





学びを続けている間は

自分に足りないものを常に

意識させられてしまうため

謙虚でいられる。


しかしある程度、自分の現在の環境に満足し

新しい考え方を取り入れることを止めてしまうと

その瞬間、思考は停止し、慢心し始める。


その慢心は現在の満足した環境を

いとも簡単に破壊するだろう。







11R 第60回 東京新聞杯(G3)




1着 レッドスパーダ(牡4)
2着 トライアンフマーチ(牡4)
3着 エーシンフォワード
      :
      :
14着 ストロングガルーダ(牡4)
15着 ティアップゴールド(牡4)







オウケンブルースリ
「いやーそれにしても東京新聞杯は
 やけに強かったじゃーあーりませんか。
 スパーダくんよ」


レッドスパーダ
「ありがとうございます。
 これも日頃から自分を支えてくれる仲間の
 おかげと思っています」


オウケンブルースリ
「ほほう。いい心がけだなあ。
 さすが優等生は違うねえ」


レッドスパーダ
「仲間と共に笑い、泣き、支え合うことこそが
 レースで勝つことより重要ですから!
 友情は世の中で一番大切なものですね!!」



オウケンブルースリ
「むう。キミは人間性がすばらしいな。
 人間ではないか。。。
 馬性? がすばらしいな」


レッドスパーダ
「ありがとうございます。
 オウケンさんに褒められるなんて光栄です」





レッドディザイア
「あははっ。光栄だってさ、オウケンくん。
 スパーダくん、そいつはゲームばっかりやってるから
 そんな大したもんじゃないよーん ププッ」


レッドスパーダ
「あ、レッドさん! お疲れ様ですっ!
 海外遠征の準備はどうですか?」


レッドディザイア
「順調よ。てゆうかどっちもレッドだから
 わかりにくいわね 汗」


オウケンブルースリ
「・・・だったら出てくんなよ ボソッ」


レッドディザイア
「なにか?」


オウケンブルースリ
「いえ、別に」





ティアップゴールド
「みなさーーん! お揃いで丁度よかった!
 実は今、新会員さんの募集中なんです!!
 よかったら入会しませんか?」


オウケンブルースリ
「は? 何の会員?」


ティアップゴールド
「もちろん ”二ケタ着順連合” です!!」


オウケンブルースリ
「はぁ? なんだそれ?」


ティアップゴールド
「ファンの方に高配当をプレゼントするのは
 我ら、”二ケタ着順連合” なんです!
 ファンサービスの一環ですね!
 現在の会員はボクと
 総長のストロングガルーダさんです!」



レッドディザイア
「うーん、でも私もスパーダくんも
 二ケタ着順じゃないのよね・・・。
 ・・・・オウケンくん、会員になれば?」


オウケンブルースリ
「だ、だれが二ケタ着順やねん!」


ティアップゴールド
「うーん、残念です。
 じゃあ他を当たりますね!
 失礼します!」




レッドディザイア
「・・・どう思う?オウケンくん」


オウケンブルースリ
「勧誘する相手を間違えると
 ちょっとヤバイかもなあ・・・」



===============================



オウケンブルースリ
「と、となりの竹にたけたてかきゃった・・・・」


レッドディザイア
「ブブー! 笑
 いきなり間違ってますーー。
 となりの竹って何?
 となりの壁に立てかけるんだよ?」


オウケンブルースリ
「フッ。くだらん」





レッドスパーダ
「オ、オウケンさん!!! 汗汗」


オウケンブルースリ
「あん? なに焦ってんだよ、スパーダ」


レッドスパーダ
「い、いまこんな手紙がボクのところに届いたんです! 汗」


オウケンブルースリ
「ん? なになに・・・」





    『ふざけた勧誘を俺らにしてきやがったティアップゴールドは
     預かった。 返して欲しければ、おまえら仲間全員で来い。
     こんなふざけた勧誘してくれたんだからな。
     それなりの覚悟はして来い・・・・。
            ~ガラの悪い馬より~ 』




レッドスパーダ
「オウケンさん、どどどどうしましょう・・・汗」


オウケンブルースリ
「どうしましょうって・・・
 来いって言ってんだから行くしかないだろう?
 おまえらのグループの問題だろう?
 オレは関係ないし」



レッドスパーダ
「・・・いやしかし、ボクはせっかく重賞制覇して
 将来を期待されています。。。
 もしケガでもしたら困るし・・・。
 こ、ここは誰かに助けを求めるしかないかと・・・汗」



オウケンブルースリ
「スパーダさあ。おまえ
 ”友情は世の中で一番大切なものなんですっ!”
 って言ってなかったか?」


レッドスパーダ
「いや、それとこれとは話が別ってゆうか・・・汗汗」


オウケンブルースリ
「話が別か・・・。
 じゃあおまえが熱くかっこよく語っていた友情ってのは
 平和な時にだけ成立する、ゆる~い友情だったってことか?」


レッドスパーダ
「いや・・・ボクに何かあったら
 悲しむ人がたくさんいるんで・・・汗」


オウケンブルースリ
「・・・・ティアップゴールドには
 悲しむ人はいないと思ってんのか?
 重賞を勝ったおまえには価値があるけど
 二ケタ着順のティアップゴールドには
 価値がないって思ってるんだろ?」


レッドスパーダ
「そ、それは・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・おまえの重賞制覇は喜ぶべき事だよ。
 でもさ、おまえの言葉の端々に
 慢心している感じがにじみ出てる。
 まあおまえが助けに行こうが行くまいが
 オレには関係ないがな」



レッドスパーダ
「で、でも・・ボクは・・行けません・・怖い・・」


オウケンブルースリ
「それもひとつの選択だよ。
 友情に命はかけられないよな。
 しょうがないだろ。
 じゃあオレは帰ってダビスタの続きをやるから。
 さらばだ」



レッドスパーダ
「・・・ティアップゴールドくん・・・」






         つづく

サブコンテンツ