◆オウケンブルースリ◆東京新聞杯 実行してしまえば恐怖心を忘れることができる



◆『実行してしまえば恐怖心を忘れることができる』◆





やだなー。

気が進まないなあ。

やりたくないなあ。


漠然とした恐怖感。

それをやらなければならない状況が

ストレスを感じさせる事は数多くある。


考えるほどに不安は募り

人生がイヤになってくる。


そのようなケースでは

とりあえず大まかなプランだけ考えたら

あとは思い切って実行してしまう方がよい。


行動してしまえば

事前に感じていた不安も恐怖も

なぜか消えてしまうものだ。







11R 第60回 東京新聞杯(G3)




1着 レッドスパーダ(牡4)
2着 トライアンフマーチ(牡4)
3着 エーシンフォワード
      :
      :
14着 ストロングガルーダ(牡4)
15着 ティアップゴールド(牡4)





オウケンブルースリ ダビスタ中
「おおっ! これは今度こそ最強馬では!
 そろそろセーブしとくか。
 ・・・・あれ?・・・固まった・・・?
 ま、まさか・・・ああー!フリーズーーー涙」



レッドディザイア
「あ、あれ?オウケンくん、
 ティアップゴールドくんが拉致された件は
 もう解決したの?」


オウケンブルースリ
「そ、そんなことより最強馬が・・・
 セーブしてなかった・・・ 泣」


レッドディザイア
「ちょっとオウケンくん!
 ティアップくんになんかあったらどうするの? 怒」


オウケンブルースリ
「知らねーよー。オレはグループの仲間じゃないしな」


レッドディザイア
「事情を知っておいて何もしないなんて
 それでも男なの? 怒」


オウケンブルースリ
「だって面倒だしさあ・・・」


レッドディザイア
「行ってきて! 怒」


オウケンブルースリ
「ええー。やだよ~」



レッドディザイア
「・・・・オウケンくん・・・
 私、言わなかったけど、こないだ私の財布から
 1万円、抜いたでしょ」


オウケンブルースリ
「はうっ!!
 な、なぜそれを・・・ 汗」


レッドディザイア
「サツに突き出されたくなかったら行ってこいや・・・怒」


オウケンブルースリ
「は、はい・・・ 泣」



===============================



ガラの悪い馬たち
「だあれも助けに来ねえなあ。
 どうやらおまえは見捨てられたようだな。
 とりあえずはおまえにケジメつけてもらうか」


ティアップゴールド
「ひぃっ。ゆ、許してください・・・・ 泣」


ガラの悪い馬たち
「おまえは俺らを二ケタ着順と言ったんだぞ。
 おまえから売ってきたケンカだろうが 怒」


ティアップゴールド
「そ、そういうつもりでは・・・・」


ガラの悪い馬たち
「とにかくオトシマエはつけさせてもらうからな。
 歯をくいしばれ 怒」





レッドスパーダ
「ちょちょちょーーーっと待ってくれませんかーー 汗汗」


ガラの悪い馬たち
「あ?なんだオマエ」


レッドスパーダ
「あ、あのその・・・
 ティアップゴールドくんの仲間です・・・」


ガラの悪い馬たち
「ああ?オマエひとりで来たのかコラ。
 他の奴はいないのか?」


レッドスパーダ
「じ、時間がなくて集められず、
 き、今日はボクだけです・・・ ガクガク」


ガラの悪い馬たち
「いい度胸だ。オマエにもケジメつけてもらおうか。
 歯をくいしばれ 怒」


レッドスパーダ
「ひぃっ 泣」






オウケンブルースリ
「ちょっと待った――――!!!
 ・・・おおっとここでちょっと待ったコールだぁ!!」


ガラの悪い馬たち
「あ? なんだオマエ・・・・
 ハッ!・・・まさかオウケンブルースリ・・・?」


オウケンブルースリ
「レッドスパーダの前だぁ!!
 ・・・・一緒に函館の夜景を見に行きましょう。
 お願いします!!!」


レッドスパーダ
「・・・・ごめんなさい・・・・」


オウケンブルースリ
「ああーーっと!!まさかのごめんなさいだぁ!!
 まさに大!ドン・デン・返し!!!」



ガラの悪い馬たち
「オメーさっきから一人でなにしとんじゃコラ 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・・フッ。いい夢見ろよ。あばよっ!!!」


ガラの悪い馬たち
「帰んのかいっ!!!」




オウケンブルースリ
「ああ、そうか。帰っちゃダメなんだった。
 窃盗でサツに通報されるからな・・・」


ガラの悪い馬たち
「なにごちゃごちゃ言っとんじゃ 怒
 いくら空手の達人ブルースリと言えど
 この人数相手ではどうにもならんぞコラ
 覚悟せいや 怒」



オウケンブルースリ
「ううむ。たしかにこれはヤバイ。
 どうしよう。あきらめてボコられるしかないかなあ。」




    ガチャ




エスポワールシチー
「おまえは相変わらずトラブルの中にいるんだな フッ」


オウケンブルースリ
「おお!エスポ!久しぶりだなー 喜
 ドバイじゃなかったのか?」


エスポワールシチー
「先にフェブラリーSを使おうと思ってな。」



ガラの悪い馬たち
「な、なんだあの筋肉ムキムキマンは・・・ 汗」



オウケンブルースリ
「なんか怖い人たちに絡まれちゃってさあ。
 どうしようか考えてたんだよー」


エスポワールシチー
「そうか。おまえ一人ではキツイな。
 すけだちしよう」


ガラの悪い馬たち
「ちょ、ちょっと待て 汗
 その筋肉マンは関係ないだろうが! 汗」


エスポワールシチー
「オレとぶつかりたくなければ
 今すぐ兵隊を引きあげさせろ。
 やるならやってもいいがな・・・・」


ガラの悪い馬たち
「チッ。わ、わかったよ・・・ 汗
 今日はこれで勘弁してやる。
 二度とふざけたマネすんじゃねえぞ!」






オウケンブルースリ
「いやー助かったよエスポー
 スパーダも勇気あるじゃんか。」


レッドスパーダ
「こここ、怖かった・・・ 泣」


オウケンブルースリ
「恐怖心を克服したな!
 オレはオマエの心を強くしてやりたくてだな、
 あえてすぐには助けなかったのだ!
 恐怖心は行動で消すことができる。
 そしてそのときこそ、おまえの心は強くなるのだ!」


レッドスパーダ
「は、はい・・・ 泣
 オウケンさん、エスポさん、ありがとうございました!」


オウケンブルースリ
「うむ」




レッドディザイア
「・・・・ほう・・・
 ワレ・・・ずいぶんカッコイイ事ぬかしとるやないかい・・・ 怒」


オウケンブルースリ
「は、はうっ!!!
 レ、レッドさん、いらっしゃってたんすか 汗汗」


レッドディザイア
「オメー話あるからちょっとこいや・・・ 怒」


オウケンブルースリ
「ご、ごめんなさいーーーー 泣」







         完

サブコンテンツ