◆ハンソデバンド◆共同通信杯 言ってもわからなそうな人には言わないでおこう



◆『言ってもわからなそうな人には言わないでおこう』◆






基本、他人に忠告することは

ムダでしかないが

自分がヒントを出すことで

その人が楽に生きられそうなら

自分にできる範囲で助けてあげたい。


しかし言ってもわからなそうな人に

おせっかいで忠告しても

恨まれたり、疎まれたりするだけなので

それはしないほうがいいだろう。








11R 第44回 共同通信杯(G3)




1着 ハンソデバンド
2着 ダノンシャンティ
3着 アリゼオ






ヴィクトワールピサ
「ふむふむ。
 ラジオNIKKEI杯で負かしたダノンシャンティが
 ここで2着か。
 まだまだオレの主役の座はゆるぎないな。フッ」



ローズキングダム
「あ、ヴィクトワール氏ではないか。
 ひさしぶりー」


ヴィクトワールピサ
「げ。キングダム・・・
 会いたくない奴に会ってしまった・・・
 な、何か用でしょうか? チャンプ」



ローズキングダム
「いやいやチャンプだなんて。
 もう3歳クラシックは開幕してるからな。
 みんながチャレンジャーだと思ってるよ」


ヴィクトワールピサ
「・・・あれ? コイツ・・・改心したのか?
 もっと横柄なヤツだったよな。。。
 人の話は聞かないし。
 言ってもわからなそうだから
 コイツとはしゃべりたくなかったんだが・・・」



ローズキングダム
「何ブツブツ言ってんだ?
 ところでさー、
 さっきそこでこんなビラをもらったんだが・・・
 なんだコレ??」


ヴィクトワールピサ
「ん? どれどれ・・・・」





    『あなたも今すぐ加入しませんか?
     その名も ”半そで軍団”
     いつでも半そで。どこでも半そで。
     半そで軍団はいつでもあなたをお待ちしております!!
     お電話はコチラまで!』





ヴィクトワールピサ
「な、なにかのサークルか? 汗
 と、とにかく怪しさ満点だからな。
 こんなの近づかない方がいいだろうな
 なあキングダム、おまえもそう思うだろ?」



ローズキングダム
「もしもしー。 あ、はい。加入希望です。ええ。そうです。
 ・・・・名前は、ヴィクトワールピサと申します。」


ヴィクトワールピサ
「えぇ~~~~!!!
 オメーなんでオレの名前で勝手に電話しとんじゃコラァー!!」



ローズキングダム
「よし。無事に軍団に入れたみたいだぞ。
 よかったな、ヴィクトワール氏  笑」


ヴィクトワールピサ
「な、なんてことすんだよ・・・ 泣
 大体なんだよこの怪しい軍団は・・・」


ローズキングダム
「いつでもどこでも半そでだって ププッ
 よかったじゃん、楽しそうで 笑」


ヴィクトワールピサ
「ちょ、ちょっと待ってくれよーー 泣
 なんでオマエはいつもオレに嫌がらせするんだよー 泣」



ローズキングダム
「だってオマエは冬でも寒くない毛をまとってるって噂が」


ヴィクトワールピサ
「オレは白クマかっ!」


ローズキングダム
「警察のバイク・・・?」


ヴィクトワールピサ
「白バイかっ!!」



ローズキングダム
「ぶどうからできる・・・」


ヴィクトワールピサ
「白ワインかっ!!!」



ローズキングダム
「各地の名所を巡って・・・」



ヴィクトワールピサ
「・・・・・・・・城めぐりかっ!!!わかりにくいよっ!」



ローズキングダム
「これより財前教授の総回診です!」


ヴィクトワールピサ
「白い巨塔かっ!!
 もういいよ。オレはおまえと遊んでるヒマはないんだよ!
 もちろん、半そで軍団とかやってるヒマもないしな!
 オマエ断っとけよコノヤロー! 怒」



ローズキングダム
「・・・・もしもしー。 あ、あのーもうひとり加入希望なんですがー。
 ・・・・名前は、アドマイヤテンクウと申します。
 はい、では宜しくお願い致しますー。」



ヴィクトワールピサ
「テ、テンクウ氏まで・・・・ 汗」







          つづく

サブコンテンツ