◆エスポワールシチー◆フェブラリーステークス いいかげんにやろうと思えばできる。しかしそれでは本人が幸せでない



◆『いいかげんにやろうと思えばできる。しかしそれでは本人が幸せでない』◆





自分の人生は

ほとんどの行動を自分で選択できる。


真剣にやりたければ真剣にできるし

テキトーにやりたければそれもできる。


一見、テキトーな方が楽に見えるが

テキトーにやっても楽しくないし

充実感も味わえないことを考えると

いちいち真剣にやった方が

人生は楽しくなるように思える。








11R 第27回 フェブラリーステークス(GI)




1着 エスポワールシチー
2着 テスタマッタ
3着 サクセスブロッケン





レッドディザイア
「ビールふたつ」


店員
「かしこまりました」



レッドディザイア
「さてさて! ではエスポさんのジーワン4連勝を祝して!
 かんぱーーい!」


エスポワールシチー
「かたじけない 照」


レッドディザイア
「いやあースタンドで見てたんですけど
 すごかったですねー 喜」


エスポワールシチー
「まあ、うまく走れたな」


レッドディザイア
「ハイレベルなレースになって
 本当に力のある馬しか最後まで走れてなかったですもんね」


エスポワールシチー
「ああ。日頃の鍛錬を信じて
 差せるものなら差してみろ、という
 気持ちで行った」


レッドディザイア
「か、かっこいい~~!
 でもあんなに本気出さなくても
 ルドルフみたいに、ちょい差しみたいな感じで
 エコドライブでもよかったんじゃないですか?」


エスポワールシチー
「そうかもな。
 だがオレは、手の抜き方を知らんのだ」


レッドディザイア
「練習もレースも、いつも真剣ですもんね、エスポさん」


エスポワールシチー
「適当にやっても楽しくないからな」


レッドディザイア
「競走馬の鑑ですね!
 オウケンくんにも言ってやってくださいよ。
 あのバカ、この大事な時期に
 調整遅れで春天、間に合わないとか言ってた 怒」


エスポワールシチー
「そうか。
 あいつにとってもチャンスなところだったがな」


レッドディザイア
「エスポさんみたいに普段から摂生してれば
 こんなことにはならないのに。。。
 一回ヤキ入れないとダメだな・・・」


エスポワールシチー
「ん?」


レッドディザイア
「い、いえ! こっちの話ですぅ~ えへ 汗」


エスポワールシチー
「・・・・たぶんオレもドバイに行くことになる」


レッドディザイア
「そうですか!
 じゃあ一緒ですね!」


エスポワールシチー
「・・・・ああ、今度こそ一緒に行けるな」


レッドディザイア
「あ・・・」


エスポワールシチー
「い、いや深い意味はないさ 汗」


レッドディザイア
「・・・・・・・
 あたし今回は初めての海外遠征ですけど
 エスポさんやブエナちゃんも行くって聞いて
 すごく安心できたんですよ~ 喜」


エスポワールシチー
「そうか」


レッドディザイア
「現地で時間あったら一緒におみやげとか
 買いにいきましょうね!」


エスポワールシチー
「ふ。そうだな」





    ~そのころオウケンくん~




オウケンブルースリ
「・・・ううむ。体調がよろしくないぞ・・・
 阪神大賞典には間に合わんな・・・どうしよう・・・
 ・・・・・・・
 おおおー!!!
 こ、これは、マリンちゃんリーーーーチッ!!!
 ついにきた!
 たのむ! たのむーー!!
 ・・・・・・・
 ・・・・・・・
 あうっ。。。
 終わった・・・・
 今月の生活費が・・・もうない・・・・」







         完

サブコンテンツ