◆レッドディザイア◆マクトゥームチャレンジR3 支えてくれる人がいるからがんばれる



◆◆『支えてくれる人がいるからがんばれる』◆◆





ダラダラと生産性のない集まりなら

いっそ抜け出して

孤独を感じながら

一人で努力した方がいい。


温かい集団の中にずっといると

すぐに弱くなってしまう。


まずはそこからスタートすることだ。

ただ、それを踏まえた上で

最後の最後、苦しくなった局面で

自分を救ってくれるのは

支えてくれる人の存在だったりする。







マクトゥームチャレンジR3(オールウェザー2000メートル)


    ドバイ・メイダン競馬場




    レッドディザイア 1着
    ウオッカ     8着






レッドディザイア
「もーしもーーーし!!!
 オウケンくん?
 ねえねえねえねえねえーーーー
 見た見た見た見た見た見たーーー??? 喜喜喜」




オウケンブルースリ
「・・・・”見た”多くてうざい・・・
 そして眠い・・・」



レッドディザイア
「キャー!マンモスうれぴ~~~ 喜
 ちょっとねえ!見た?
 直線の末脚!!!
 ねえ、見た?オウケンくん!
 見た? 最後の脚! 見た?」



オウケンブルースリ
「・・・・”見た”がうざいっす・・・」



レッドディザイア
「いやあーこれも日頃の行いがいいからかなあ~ 喜」


オウケンブルースリ
「どうせ、いばらのムチで他の馬を蹴散らしたんだろ・・・ボソッ」



レッドディザイア
「ええー?なに~?聞こえないー
 お電話の方、遠いんですがー
 もしもーーし!!」


オウケンブルースリ
「いや、聞こえないように小さい声で言ったのさ・・・ボソッ」



レッドディザイア
「えー?聞こえないってーー!!
 あんだってーー?」


オウケンブルースリ
「い、いやあのー、早くレッドカレーが食べたいなーって!」


レッドディザイア
「ああーそうだよねー!
 たぶんあと1戦したら帰るからさあー!
 そしたら作るからね!」


オウケンブルースリ
「・・・・いやいらないっす・・・ボソッ」


レッドディザイア
「えー?聞こえねえよ!コラッ!」


オウケンブルースリ
「た、楽しみです!!」


レッドディザイア
「そうでしょー!!
 そうでしょう、そうでしょう!!
 ね? そうでしょう?」


オウケンブルースリ
「・・・・そうです・・・」



レッドディザイア
「まあ私が帰るまでカップメンでも食べててよ!!
 あたしもいろいろ忙しくて
 オウケンくんの面倒は今は見れないからー!
 なんとか自力でやってよ!」


オウケンブルースリ
「は、はあ・・・」


レッドディザイア
「・・・・あれ?
 ごめんオウケンくん!
 キャッチだ!
 じゃあ! もう切るね!!
 じゃーねー!! バーイ!!」




    ブツッ  ツーツーツー・・・・・




オウケンブルースリ
「・・・・な、なんて勝手な人だ・・・
 ・・・・しかし、海外で勝利・・・か・・・
 こんなに大きな見出しが出てるし」




    『レッドディザイア鮮烈差し、ドバイ前哨戦V! ウオッカは8着』




オウケンブルースリ
「・・・・・・」




    『ウオッカは8着』




オウケンブルースリ
「・・・・・・」



    ピッピッピッ・・・・・




ウオッカ
「はい、もしもし」



オウケンブルースリ
「あ・・・オウケンです・・・」



ウオッカ
「あら、オウケンくん?
 お久しぶり。うふ」


オウケンブルースリ
「あの・・・この度は・・なんてゆうか・・」


ウオッカ
「ふふ。そんなに気を使わなくてもいいのに。
 結果は見ての通りよ。
 うまく流れに乗ったと思ったんだけど
 最後、力が入らなかった・・・」



オウケンブルースリ
「ど、どこか悪いんですか?」


ウオッカ
「ううん。大丈夫。
 心配してくれてありがと。ふふ」


オウケンブルースリ
「オ、オールウェザーが合ってなかったんですよ、きっと・・・
 じゃなければウオッカさんがあんな負け方・・・」


ウオッカ
「馬場を言い訳にするようになったら終わりでしょ?
 レッドちゃんは初めてのオールウェザーで
 能力を発揮してたわ」


オウケンブルースリ
「・・・・・・・」


ウオッカ
「体調とか、馬場とかではなく・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・・・・」


ウオッカ
「・・・もしかしたら
 支えてくれる人がいる者といない者、
 その差だったのかもしれないね・・・」


オウケンブルースリ
「そ、そんなこと・・・・」


ウオッカ
「レッドちゃんには、あなたという支えがいた。
 だから海外の過酷な環境でも
 自分を見失わずに、力を発揮できたという部分は、
 少なからずあるのでしょうね ふふ」



オウケンブルースリ
「ウオッカさん・・・」


ウオッカ
「・・・・あの日、オウケンくんに冷たくした罰かな・・ふふ」


オウケンブルースリ
「・・・・い、今、もう一度あなたに気持ちを伝えたなら
 未来は変わりますか・・・?」


ウオッカ
「・・・・オウケンくんにはレッドちゃんがいるでしょ?
 そんな冗談はやめておこうよ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・ボクがウオッカさんに
 そんな冗談を言ったことがありましたか?」


ウオッカ
「・・・・ず、ずるいな。
 私が弱っているときに、そんなの・・・」


オウケンブルースリ
「ウオッカさんは、強いときはとんでもなく強いけど
 もろい時はもろい・・・。
 放っておくことは、ボクには・・・」


ウオッカ
「・・・・・・・ 涙」



オウケンブルースリ
「あの日、伝えた気持ちは
 今でも変わっていませ・・・・」




    ブツッ  ツーツーツー・・・・・




オウケンブルースリ
「あ、あれ? 汗
 じ、充電が切れた・・・・ 泣」



ウオッカ
「・・・・切れた・・か・・・ ふふ」







         つづく

サブコンテンツ