◆ローズキングダム◆スプリングステークス 大口は悪い結果につながることが多い



◆『大口は悪い結果につながることが多い』◆







11R 第59回 フジテレビ賞スプリングステークス(G2)




1着 アリゼオ
2着 ゲシュタルト
3着 ローズキングダム







    ~レース数日前~




記者たち
「2歳王者! 今回の自信のほどはいかがですか!」



ローズキングダム
「ふ。
 自信?
 アンタ誰にモノ言ってんだ?
 オレはキング。
 ローズキングダムだぜ?」


記者たち
「す、すみません。失礼しました 汗
 ヴィクトワールピサが弥生賞を完勝しましたが
 そのあたり、意識しますでしょうか?」



ローズキングダム
「ははっ。
 完勝ねえ・・・。
 セコく内をついてましたなあ 笑
 でかい体で内をさばくのは
 大変だったでしょうねえ ププッ」


記者たち
「ということは
 まだライバルに値しないと?」



ローズキングダム
「本番の皐月賞はフルゲート18頭だぜ?
 弥生賞は13頭立てで、セコセコのイン突きで
 運よく前が開いて勝ったからって
 それがなんだっつーんだよ。
 18頭のジーワンで同じことはできやせんだろうが」


記者たち
「は、はあ・・・」


ローズキングダム
「しかもテンクウ氏はマイナス20キロだったしな。
 前日のカキにあたったらしいよ。
 ピーピーのテンクウ氏に勝ったといって自慢されてもねえ 失笑」



記者たち
「朝日FSで、キングダムさんが破ったエイシンアポロンが
 あっさりとかわされた点につきましては?」


ローズキングダム
「アポロンくんはマイルの方が強いだろ。
 マイルでぶち抜いたオレの方が価値があるにきまっとろうが」



記者たち
「な、なんとも自信満々の王者ですね!
 無敗での皐月賞出走は間違いないという感じでしょうか?」


ローズキングダム
「ふ。
 出走?
 いやいや違うだろう?
 オレの目標は
 ”無敗で3冠” そして古馬になったら ”無敗で凱旋門賞制覇” だあ!!!」


記者たち
「おおおーーー!!! (歓声)


司会
「それではこれで記者会見を終わります!
 キングダムさん! ありがとうございました!!」



===============================



アリゼオ
「チャンプ。
 今回は宜しくお願いします。」


ローズキングダム
「あ?
 ああ、チミは確か・・・
 ハンソデ教の教祖様に負けてたヤツか」



アリゼオ
「ええ 苦笑
 あんときはちょっとリズムが悪くて・・・」


ローズキングダム
「ふむ。チミのような小物は
 リズムを大切にしないと勝てんぞ。
 セルシオくんよ」


アリゼオ
「アリゼオです。
 貿易風という意味です。
 壮大なスケールでしょ?」


ローズキングダム
「ふーん。よくわからんのう。
 キングダムの方が、かっちょいいじゃん。
 ねえ、カリメロくん」


アリゼオ
「アリゼオです。」


ローズキングダム
「まあ、チミも今回はオレがいる限り
 1着は無理でも、2着にがんばって入りたまへ。
 なあ、ヨコヤマくん」


アリゼオ
「それはジョッキーです。
 アリゼオです」



===============================



アパパネ
「ねえ、キングダムくん。
 ちょっとビッグマウスが過ぎるんじゃないの?」


ローズキングダム
「お、アパパ。
 いつになったらデートしてくれるんだよおー」


アパパネ
「ちょっと、ふざけないで。
 あたしはアンタを心配して・・・」


ローズキングダム
「なーんで心配するんだよおー。
 オレが今まで一度でも負けたことがあったか? ん?」


アパパネ
「・・・負けたことがないから心配なのよ・・・」


ローズキングダム
「はあ? なんだあーそりゃー
 オマエが負けたからって
 オレまで負けると思うなよ」


アパパネ
「・・・2歳チャンプって
 過去の先輩たちを見ても
 結構、苦労してるでしょ?
 だからあたし達も気を引き締めて行かないと・・・」


ローズキングダム
「ふ。
 何言ってんだかわかんねえ。
 オレはキング。
 クラシック3冠など、パッシングポイントにすぎん。
 ふはは!」


アパパネ
「・・・・キングダムくん・・・」



===============================




    ~レース終了~





ローズキングダム
「・・・・・・・(茫然)」



アリゼオ
「キングダムくん!
 今日は王者の胸を借りるつもりで
 無心の逃げが成功したよ! 喜
 本番はこうはいかないかもしれないけど
 がんばるよ! 喜」



ローズキングダム
「・・・ああ・・・よかったな・・・」





アパパネ
「キングダムくん・・・」


ローズキングダム
「ああ・・・」


アパパネ
「お、お疲れ様・・・」


ローズキングダム
「うん・・・」


アパパネ
「こ、今回は休み明けの分だよ! 汗
 最後の最後で脚が止まったけど
 ひと叩きして、本番は差し切りだね!」


ローズキングダム
「ええ・・・まあ・・・」


アパパネ
「・・・なにそれ・・・
 ショック受けちゃってんの?」


ローズキングダム
「はあ・・・そうかもです・・・」



アパパネ
「げ、元気だしなさいよ! 汗
 あたしなんか、チューリップ賞で、
 昇竜拳とかいう子に差されたんだから! 汗
 キングダムくんの場合は、相手も名のある馬だし!
 ええっと・・・
 アリクイくんだっけ?」


ローズキングダム
「いや、アカガイくんだ」



アリゼオ
「アリゼオです」


ローズキングダム
「お、キミ、まだいたのか 汗
 はよ帰れ」


アリゼオ
「はい、では失礼」



===============================



ローズキングダム
「・・・ふう。
 いやマジな話、なぜ伸びなかったんだ・・・
 オレってマイラー?
 体は仕上がってたんだが・・・ ブツブツ」



ヴィクトワールピサ
「・・・キングダム」


ローズキングダム
「・・・ちっ。
 一番会いたくねえ奴に会っちまった・・・。」



ヴィクトワールピサ
「キングダム、これはトライアルだ。
 いちいちショックを受けるな。
 本番で勝てばいいのだ」


ローズキングダム
「なんでおまえが言うかな。
 余裕こいてんのか? あ?」



ヴィクトワールピサ
「そんなわけがないだろう。
 おまえは最大のライバルなのだ」


ローズキングダム
「・・・ふ。
 今日のレース見てたんだろ?
 伸びなかっただろ? オレ」


ヴィクトワールピサ
「休み明けの分さ」



ローズキングダム
「そう見えたか?
 皐月へ暗雲って感じの負け方だったろうが」


ヴィクトワールピサ
「・・・・・・・」



ローズキングダム
「笑えよ」


ヴィクトワールピサ
「笑うもんか・・・」



ローズキングダム
「・・・遠慮すんなよ。
 笑えばいいさ」


ヴィクトワールピサ
「・・・・・・・」



ローズキングダム
「笑いをこらえてる顔になってんぞ」


ヴィクトワールピサ
「・・・わ、笑うもんか・・・
 ・・・・・・・
 ・・・ププッ・・・」



ローズキングダム
「ほら、やっぱり笑いが止まらないんだろ?
 笑いたきゃ笑えばいいさ。
 キング交代だ! って言えばいいさ」


ヴィクトワールピサ
「・・・それは違うぞキングダム」


ローズキングダム
「あ?」



ヴィクトワールピサ
「おまえの敗因は、大口を叩きすぎた事も一因だ。
 いかに自分を鼓舞するためとはいえ
 ビッグマウスは悪い結果を招くことが多いのだ」


ローズキングダム
「は?」



ヴィクトワールピサ
「だからオマエは、これからは謙虚に・・・
 け、けんきょ・・・ププッ
 な? がんばれよ! プププ」


ローズキングダム
「キ、キサマ・・・
 笑いながら説教かますとは・・・。
 こんな屈辱は初めてじゃ・・・ 怒」



ヴィクトワールピサ
「笑ってなんかいないっ!!」


ローズキングダム
「・・・・・・・」


ヴィクトワールピサ
「・・・・・・・(こらえてる)」



ローズキングダム
「・・・ほほう。
 さぞかし笑いが止まらないレースだったようだな・・・。
 ・・・落ち込んでいたが
 キサマをこのまま、のさばらすワケにはいかん・・。
 皐月では潰す。
 マジつぶす・・・」


ヴィクトワールピサ
「その意気だ! キングダム!
 どんな苦境も、がんばれば乗り越えられる!!
 オレも・・おう・・応援す・・・ププッ
 応援してるぞ! キ・・キングダ・・・ ププッ
 キングダム!! 笑」



ローズキングダム
「ぜってーコロス」






        - 完 –

サブコンテンツ