◆ドリームジャーニー◆大阪杯 もしかすると前提条件の方が間違っているのではないか?



◆『もしかすると前提条件の方が間違っているのではないか?』◆






努力してもなかなか結果が出ない時がある。

日々の時間をムダにせず

コツコツと努力しているのに、なぜ・・・


この場合、最初の前提の時点で

すでに間違っている場合が多い。


こんなに宝くじ研究してるのに

なぜ億万長者になれないのだろう・・・


その理由は、まず

前提として、宝くじの当選が超低確率であるという点と

宝くじの控除率が50%である点

まずこの前提を考慮していないために

努力が報われないこととなる。


努力量は絶対条件だが

スタート地点及び

努力の方向が正しいかどうかは

常にチェックすべきだろう。







10R 第54回 産経大阪杯(G2)




1着 テイエムアンコール
2着 ゴールデンダリア
3着 ドリームジャーニー






ドリームジャーニー
「や、やってしまった・・・
 単勝1.2倍だったのに・・・
 またファンの期待を裏切ってしまった・・ 泣」



テイエムアンコール
「いやーー!!
 いやいやいやー!
 ジャーニーくん! いい勝負だったねー! 喜」



ドリームジャーニー
「ああ、アンコールか・・・
 おめでとさん。
 ソツのない、完璧なレースだったな・・ 落」


テイエムアンコール
「前走がフロックじゃないって証明できたよー 喜
 中山記念は、不良馬場の恩恵とか、散々言われたからさあ」


ドリームジャーニー
「へー・・・ 落」


テイエムアンコール
「あれ、なんか元気ないな、ジャーニー」


ドリームジャーニー
「元気なわけないだろうが・・
 勝って当たり前のレースを落としたんだ・・・」


テイエムアンコール
「ふむ」



ドリームジャーニー
「もういいよ。
 おめでとう、アンコール」


テイエムアンコール
「え? もう一回言って」



ドリームジャーニー
「おめでとう、アンコール」


テイエムアンコール
「うん!ジャーニーに言われると実感がわくね! 喜」



ドリームジャーニー
「天皇賞も有力なんじゃね?」


テイエムアンコール
「え? もう一回言って」


ドリームジャーニー
「いや、だから天皇賞も有力だろって」


テイエムアンコール
「もう一回言って!」


ドリームジャーニー
「天皇賞も有力・・・って
 いちいちアンコールするんじゃねえ!! 怒」



テイエムアンコール
「あはは!
 ぼくはアンコールグセがあるんだよー 喜」


ドリームジャーニー
「まあオーナーさんが同じオペラハウスの産駒として
 オペラオーの再来を願って、アンコールと名付けたんだろ?
 偉大な先輩に一歩近づいたんじゃないか?」


テイエムアンコール
「もう一回言って!!」



ドリームジャーニー
「だからオーナーさんが同じオペラハウスの産駒として
 オペラオーの再来を願って、アンコールと名付けたんだろ?
 偉大な先輩に一歩近づいたんじゃないか?」


テイエムアンコール
「もう一回言って!!」



ドリームジャーニー
「言わん!! 怒
 長いセリフをアンコールするんじゃねえ! 怒」



===============================



ドリームジャーニー
「あーあ。
 それにしてもなんでこんな程度のメンバーで
 取りこぼしたんだろうか・・ 落
 オレなんてこんなもんか・・・」



謎の声
「1番人気で勝ってこそスターホース・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・ん?
 こ、この声は・・まさか・・・」



マツリダゴッホ
「1番人気はスターの証明マツリダ」



ドリームジャーニー
「で、でた・・・
 あ、ゴッホさん! ちわっす!!
 あ、あいかわらず語尾にマツリダってつけるんですね 汗」


マツリダゴッホ
「あたりまえだマツリダ」



ドリームジャーニー
「き、今日はどうされたんですか? 汗
 何か用事でも?」


マツリダゴッホ
「ジャーニーが落ち込んでるかとマツリダ」



ドリームジャーニー
「あ、ボクの心配をして来てくれたんですか! 喜
 ありがとうございます!!」


マツリダゴッホ
「落ち込んでマツリダ?」


ドリームジャーニー
「そうっすね・・・。
 さすがに今回は・・・」


マツリダゴッホ
「そんなときはラーメンでも食って
 体を温めるマツリダ」


ドリームジャーニー
「ラーメンですか、いいっすね。
 じゃあ行きましょうか」




===============================



    ~ラーメン屋にて~





ドリームジャーニー
「えーとー、じゃあボクは
 しょうゆラーメンとチャーハンと餃子で」



ラーメン屋のオヤジ
「はーい」



ドリームジャーニー
「ゴッホさんはどうします?」


マツリダゴッホ
「うーんと・・・」


ドリームジャーニー
「・・・・・・・」


ラーメン屋のオヤジ
「・・・・・・・」



マツリダゴッホ
「お、おこのみや・・」


ラーメン屋のオヤジ
「ございません」



ドリームジャーニー
「な、なにやってんすか、ゴッホさん! 汗
 はずかしいなーもう。
 ゴッホさんがラーメン食べるって言い出したんですよ?
 なんでお好み焼きなんすか!」


マツリダゴッホ
「急にお好み焼きが食べたくなりマツリダ」



ドリームジャーニー
「で、でももうラーメン屋さんに来ちゃったんですから
 今日はラーメン注文してください 汗」


マツリダゴッホ
「うん・・・」


ドリームジャーニー
「テ、テンション下がっちゃいましたか? 汗」


マツリダゴッホ
「ううん、大丈夫・・・」



ラーメン屋のオヤジ
「・・・あのさー、注文早く決めてくれる? 怒」


ドリームジャーニー
「あ、すみません 汗
 ゴッホさん、味噌ラーメンでいいっすか?」


マツリダゴッホ
「うん・・・」


ドリームジャーニー
「じゃあ味噌ラーメンで」



ラーメン屋のオヤジ
「・・・・・・・」


マツリダゴッホ
「お、遅くてごめんマツリダ・・・」




    店員だまって去る




ドリームジャーニー
「な、なんだよあの態度・・・
 あったまきますよね 怒」


マツリダゴッホ
「オレが優柔マツリダだから・・・」



ドリームジャーニー
「ゆ、優柔不断って意味っすか? 汗
 それにしたってあの態度はないですよ 怒
 接客業なのに・・・」


マツリダゴッホ
「オレは気にしてマツリダ」


ドリームジャーニー
「き、気にしてんのかしてないのか、わかりにくいっすね 汗」



マツリダゴッホ
「モーマツリダ」


ドリームジャーニー
「モー?」


マツリダゴッホ
「モーマンタイマツリダ」


ドリームジャーニー
「よ、余計わかりにくいっすよ 汗
 無問題(モーマンタイ)
 問題ないってことっすね。
 ゴッホさんは優しいですね。
 でも自分がバカにされたなら
 怒ってもいいんじゃないっすか?」



マツリダゴッホ
「自分のことは別に悪く言われても構わんマツリダ」


ドリームジャーニー
「さすがです。心が大きいですね。
 ボクも見習いますね」




ラーメン屋のオヤジ
「しょうゆラーメンとチャーハンと餃子、おまち」


ドリームジャーニー
「おお、来た来た。
 あれ、ゴッホさんの味噌ラーメンはまだみたいですね。
 待ってますか?」


マツリダゴッホ
「いや、ラーメンのびちゃうから
 先に食ってろマツリダ」


ドリームジャーニー
「じゃあお言葉に甘えて。
 ズルズル~
 うん、うまい」




    30分経過




ドリームジャーニー
「はぁ~。
 おなかいっぱいだぁ~。
 ごちそうさまでした。
 ・・・・
 あ、あれ・・・
 ゴッホさんの味噌ラーメン・・・
 遅すぎませんか? 汗」



マツリダゴッホ
「は、はやへった・・・・」


ドリームジャーニー
「チッ。
 あのオヤジ忘れてやがるな! 怒
 ちょっとー!!!
 すいませーーん!! 怒」



ラーメン屋のオヤジ
「ん? なに?」


ドリームジャーニー
「あのーだいぶ前に頼んだ味噌ラーメンが
 まだ来てないんですけど 怒」



ラーメン屋のオヤジ
「は?
 味噌ラーメンなんて聞いてないよ」


ドリームジャーニー
「いやいや、さっき注文したじゃないですか」


ラーメン屋のオヤジ
「そうだっけ?
 じゃあ今、作るから」



ドリームジャーニー
「チッ。
 態度わりいなあ 怒
 すみませんゴッホさん。
 今、来ますから」


マツリダゴッホ
「おなかがすひた・・・」




    さらに40分後




ラーメン屋のオヤジ
「はい、味噌ね」



マツリダゴッホ
「お、親指がマツリダ・・・」


ドリームジャーニー
「ちょ、ちょっとオジサン!
 親指入ってるじゃないですか!」


ラーメン屋のオヤジ
「・・・なんだよ、ちょっとだろ・・・」



ドリームジャーニー
「(カチン)
 あのさーオジサン 怒
 大体、味噌ラーメンひとつ出すのに
 なんで1時間以上もかかるわけ?
 接客態度も悪いしさあ。
 どういうつもり?」



ラーメン屋のオヤジ
「チッ。
 文句あるなら来なけりゃいいだろ・・・」


ドリームジャーニー
「な、なんだよその態度! 怒」



ラーメン屋のオヤジ
「・・・アンタさあ、大阪杯見たよ。
 単勝1.2倍で連にも絡めないなんてな 笑
 ぶざまだったよなあ。
 あんなレースしかできないくせに
 よくえらそうに人に文句言えるよなあ 苦笑」


ドリームジャーニー
「くっ・・・・」



ラーメン屋のオヤジ
「まあオレはさ、アンタが断然人気なんてありえねーって思って
 テイエムアンコールから総流しで、おいしい馬券ゲットだったがね 笑
 ジャーニーくん、ありがとうって感じ? ヒャッハッハーー」



ドリームジャーニー
「こ、このやろう・・・」


ラーメン屋のオヤジ
「あ?
 手ぇ出すのか? あん?
 アスリートが暴力ふるっていいのか?
 これからジーワンシーズンでちゅよ? ププッ
 それでも殴るんでちゅかぁ~~
 ギャーッハッハッハ~~~~!!」



    バキッ



ラーメン屋のオヤジ
「ぐはぁー」


ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん・・・」


マツリダゴッホ
「ワシは引退したから
 殴っても、モーマツリダ」



ラーメン屋のオヤジ
「モー? 
 わけわかんねえんだよっ!!
 なんだテメーは!
 さっきはバカにしてもヘラヘラしてたくせに!」


ドリームジャーニー
「た、確かに。
 ゴッホさん、どうして・・・」


マツリダゴッホ
「ワシをバカにするのは気にしない。
 でもジャーニーを悪く言うヤツは許さんマツリダ」



ドリームジャーニー
「あ・・・・」


マツリダゴッホ
「戦ってないヤツが
 戦って負けたヤツを笑えるのかマツリダ」



ドリームジャーニー
「ゴッホさん・・・・涙」



ラーメン屋のオヤジ
「な、殴りやがったな・・・
 け、警察を呼ぶからなあーー! 怒」



マツリダゴッホ
「・・・ジャーニー。
 警察がくる。
 ここはワシにまかせて、おまえは行けマツリダ」


ドリームジャーニー
「で、でも! ゴッホさん! 涙」



マツリダゴッホ
「なあジャーニー。
 本来おまえは1番人気に応えるタイプではない。
 前提条件を見誤るな。
 自分を見失うな。おまえはスーパーホースではない。
 おまえはおまえの走りをすればよい。
 人気の呪縛から解放されよ。
 おまえは大丈夫だ、ジャーニー」



ドリームジャーニー
「ゴ、ゴッホさん・・・ 号泣」



マツリダゴッホ
「さあ、もう行け。
 あとはワシが引き受ける」



ドリームジャーニー
「す、すみません、ゴッホさん・・・
 お言葉に甘えます! 泣
 ありがとうございました!
 心に響きました! 涙
 失礼しますっ! 泣」



マツリダゴッホ
「フッ。
 がんばれ、ジャーニー・・・」




    警官到着




警官
「ああ? またテメーかコラ!!
 今度は何をやらかしたんだ、ああ? 怒」


ラーメン屋のオヤジ
「こ、こいつが急に殴りかかってきたんです!!」


警官
「テメー今度は傷害か!!
 署までこいやー!!
 ゆっくり話、聞いてやるからよー! 怒」



マツリダゴッホ
「味噌マツリダが出てくるまでに
 1時間以上もマツリダ・・・」


警官
「わけわかんねえんだよ! ボカッ
 さっさと歩け! ボケナス!! バキッ」


マツリダゴッホ
「い、痛い・・・ 涙」








        - 完 –

サブコンテンツ