◆ヒルノダムール◆皐月賞 グダグダな友情もまた温かい



◆『グダグダな友情もまた温かい』◆





互いに向上し合う、熱い友情はすばらしい。

まさにライバルと言える。


ただ、勝負とか関係なく

のんびりした友情もまた

すばらしいものだ。







11R 第70回 皐月賞(GI)




1着 ヴィクトワールピサ
2着 ヒルノダムール
3着 エイシンフラッシュ
4着 ローズキングダム






ヴィクトワールピサ
「では、キングダムを探しに行こうか」



レーヴドリアン
「そのセリフ、昨日も言ってませんでしたか?」


ヒルノダムール
「なんでもいいけど早くしてくれよー。
 こっちは忙しいんだむーる」



ヴィクトワールピサ
「よし。じゃあキングダムはどこにいるんだ?」


ヒルノダムール
「だから知らねえって言ってんだむーる」


ヴィクトワールピサ
「じゃあどうすんの?」


ヒルノダムール
「あ、あんたが企画したんですよね? 怒」


ヴィクトワールピサ
「とりあえずそこら辺を探してみるか。
 もしかしたらバッタリ会えたりするかも」


ヒルノダムール
「な、なんてテキトーな企画なんだ 汗」



ヴィクトワールピサ
「よし行こう!
 さてどこら辺にいるかなあ。
 どう思う? フラッシュ」


エイシンフラッシュ
「うーん・・たぶん落ち込んでるから
 フラフラ歩いてはいないような気が・・」


ヴィクトワールピサ
「いや、あいつはそう簡単に落ち込んだりするタマじゃねえ。
 オレはそれで何度もやられてんだ。
 あいつをナメるな」



エイシンフラッシュ
「そんなもんですかねえ」


ヴィクトワールピサ
「マジハンパねえ」


エイシンフラッシュ
「渋谷系ですね」



ヴィクトワールピサ
「あれ?
 ドリアンはどこ行った?」


エイシンフラッシュ
「・・・出遅れて行き脚がついてません・・・」


ヴィクトワールピサ
「ま、またか・・・ 怒
 あいつはもう誘わない方がいいかもな・・怒」


エイシンフラッシュ
「まだ見限るのは、早いっすよ」



ヴィクトワールピサ
「うーん・・・。
 ・・・てゆうか
 ダムールはどこだ?」


エイシンフラッシュ
「・・・後方で馬群につつまれてもがいてます 汗」


ヴィクトワールピサ
「な、何やってんだよあいつらは・・・ 怒
 皐月賞の再現してんじゃねえ 怒」


エイシンフラッシュ
「ふたりで探しますか」


ヴィクトワールピサ
「そうだな」






        - つづく –


サブコンテンツ