◆ハンソデバンド◆皐月賞 いいことか悪いことかは、その時にはわからない



◆『いいことか悪いことかは、その時にはわからない』◆




それがいいことなのか

それとも悪い事なのかは

あとあとになってみないとわからない。


人生最高の瞬間は

人生転落への序章だったりする。


逆に最悪だと思ったことが

のちの人生を良くしてくれることも多いものだ。








11R 第70回 皐月賞(GI)




1着 ヴィクトワールピサ
2着 ヒルノダムール
3着 エイシンフラッシュ
4着 ローズキングダム






エイシンフラッシュ
「まずはキングダムさんに会えないと
 話になりませんよねえ」



ヴィクトワールピサ
「ううむ。
 どうしよう。
 フラッシュおまえメールしてみろよ」


エイシンフラッシュ
「え?
 キングダムさんのメアド知らないっすもん」


ヴィクトワールピサ
「・・・そうか。
 でもオレもあいつにメールしたくないんだよなあ」


エイシンフラッシュ
「やっぱテキトーに探すしかないっすかねえ」


ヴィクトワールピサ
「そうだなあ」




   ハンソデーモン
   ハンソデーモン・・・・




エイシンフラッシュ
「ん?
 なんか聞こえませんか?」


ヴィクトワールピサ
「ハッ!!
 こ、このお経は・・・まさか・・・」



ハンソデバンド
「ハンソデデイイモーーン!!」



ヴィクトワールピサ
「で、でた・・ 汗
 インチキ教祖・・・」


ハンソデバンド
「久々の登場でおじゃる」


エイシンフラッシュ
「教祖?」


ヴィクトワールピサ
「半そで教の教祖だ。
 以前、キングダムのせいで
 巻き込まれて大変だったんだ」


エイシンフラッシュ
「へぇー知りませんでした」


ヴィクトワールピサ
「レッドさんのおかげでなんとか収まったんだが
 あまり関わらない方がいいぞ」


エイシンフラッシュ
「はあ」



ハンソデバンド
「なにをごちゃごちゃ言ってるでおじゃるか。
 ヴィクトワールくん、皐月賞おめでとうでおじゃる」


ヴィクトワールピサ
「あ、どうも」


ハンソデバンド
「フラッシュくんも
 休み明けながら、すばらしい激走でおじゃった」


エイシンフラッシュ
「ありがとうございます。
 ハンソデバンドさんはどうでしたか?」



ハンソデバンド
「・・・・・・・」


エイシンフラッシュ
「?」



ハンソデバンド
「・・・ビリでおじゃる・・・」


エイシンフラッシュ
「え・・・」



ハンソデバンド
「シンガリでおじゃる・・・」


エイシンフラッシュ
「す、すみません! 変なこと聞いちゃって! 汗」


ハンソデバンド
「・・・・・・・泣」



ヴィクトワールピサ
「まあまあ、俺たちの目標はダービーだからさ。
 皐月なんてシンガリでもいいじゃん」


ハンソデバンド
「・・・・・・・涙」


ヴィクトワールピサ
「な?」



ハンソデバンド
「・・・シンガリーモン
 ・・・シンガリーモン・・・」


ヴィクトワールピサ
「はい?」



ハンソデバンド
「シンガリデイイモーーン!!! 泣」



ヴィクトワールピサ
「シンガリでいいの?」


ハンソデバンド
「やだーー! 泣」


ヴィクトワールピサ
「今、いいもんって言ったじゃん」



ハンソデバンド
「やだやだーー! 泣」


ヴィクトワールピサ
「でも結果は結果だからなあ。
 やだって言われてもさあ」



ハンソデバンド
「こうなったら
 皐月ビリ→ ダービー制覇
 という伝説をつくって
 半そで教を復活させるでおじゃるー! 涙
 ひーーん! 泣」



エイシンフラッシュ
「な、泣きながら帰って行きましたね 汗」


ヴィクトワールピサ
「うむ。
 ほっとこう」







        - つづく –

サブコンテンツ