◆ローズキングダム◆皐月賞 他者との比較より重要なこと



◆『他者との比較より重要なこと』◆





我々は、否応なく他者との比較の社会に生きている。

勝った負けたの繰り返し。

優越と劣等の渦に巻き込まれている。


しかし大事なことは

他者との比較ではなく

昨日の自分との比較なのだ。









11R 第70回 皐月賞(GI)




1着 ヴィクトワールピサ
2着 ヒルノダムール
3着 エイシンフラッシュ
4着 ローズキングダム







ローズキングダム
「ついてくんなよ」


アパパネ
「別に。
 歩く方向が同じなの」


ローズキングダム
「そうか・・・。
 じゃあここで急旋回!!
 Uターン!!
 じゃあな、アパパ!」


アパパネ
「なに子供みたいなことしてんの」


ローズキングダム
「ついてきてんじゃんか」


アパパネ
「・・・・・・・」


ローズキングダム
「・・・なんだよ」


アパパネ
「別に」


ローズキングダム
「・・・ゆっとくけど
 別に落ち込んでなんかいないからな」


アパパネ
「うん」


ローズキングダム
「おまえはついにクラシック制覇か。
 かっこよろしいなあ」


アパパネ
「ひがんでんじゃん」


ローズキングダム
「だ、だれが・・・ 汗」


アパパネ
「・・・・あのガリガリの状態で
 よくがんばったと思うよ」


ローズキングダム
「・・・・・・・」


アパパネ
「かっこよかったよ」


ローズキングダム
「・・・負けたらカッコ悪いんだよ。
 俺たちはサラブレッドでしかないんだ」


アパパネ
「ガリガリのくせに
 敢然と勝ちに行ってたじゃん。
 負けてもカッコイイ姿って
 サラブレッドにもあると思うよ」


ローズキングダム
「・・・・・・・」


アパパネ
「そんなに落ち込まないでよ。
 見ててつらいよ・・・」


ローズキングダム
「ははっ。
 じゃあオマエがやらせてくれたら
 元気になるよ」


アパパネ
「・・・・・・・」


ローズキングダム
「・・・冗談だよ。スマン・・・」


アパパネ
「・・・好きにすれば」


ローズキングダム
「えぇ?!」


アパパネ
「・・・・・・・」



ローズキングダム
「バ、バカ言うなよ。
 どんだけ濃いインブリードだよ 汗」


アパパネ
「アンタが言ったんじゃん・・・」


ローズキングダム
「・・・オマエはさ、
 もうスターなんだから
 俺なんかにかまわなくても
 選び放題だろ?」


アパパネ
「なにそれ」


ローズキングダム
「ヴィクトワール氏とかさ」


アパパネ
「・・・・・・・」


ローズキングダム
「オレより強いしさ」


アパパネ
「・・・・もういい。
 いつまでもそうやっていじけてれば。
 あたし帰るから」


ローズキングダム
「・・・・ああ。じゃあな。
 ・・・・・・・
 ・・・ハァ・・・」







        - つづく –

サブコンテンツ