◆アパパネ◆皐月賞 落ち目の時の愛情とは



◆『落ち目の時の愛情とは』◆





絶好調で、うまく行ってる時は

いろんな人が近づいてくる。

そしてそんなときは

自分に魅力があるから

人が寄ってくると思ってしまう。


しかしひとたび逆境に見舞われ

うまくいかなくなると

去っていく人も多く存在する。


落ち目になった時

愛と友情は、真価が問われる。








11R 第70回 皐月賞(GI)




1着 ヴィクトワールピサ
2着 ヒルノダムール
3着 エイシンフラッシュ
4着 ローズキングダム





エイシンフラッシュ
「おや、どうやらアパパネさんは
 帰るようですね」



ヴィクトワールピサ
「くっそーキングダムの野郎!
 ぬけがけしやがって~。
 オレちょっとアパパちゃんと
 話してくる!」


エイシンフラッシュ
「えー?!
 キングダムさんを励ます会を
 やるんじゃなかったんすか?!
 あ、行っちゃった・・・。
 あの人の考えてることはわからん・・・」






ヴィクトワールピサ
「あ、あの~
 アパパパネちゃん! こここんにちは~ 汗」



アパパネ
「あー、ヴィクトワールくん、どうしたの~?
 ”パ” が一個多かったけど 笑」


ヴィクトワールピサ
「え?そう?
 ”アパパパネちゃん”
 あ! ほんとだ! パが一個多いね~ えへへ」


アパパネ
「うふ。ヴィクトワールくんておもしろいのね」


ヴィクトワールピサ
「でへへ~
 そうかなあ~ デレデレ」


アパパネ
「今日はヴィクトワールくん、おひとり?」


ヴィクトワールピサ
「そうです~ デレ」



アパパネ
「・・・・なんかさっきから
 フラッシュで写真撮りまくってる人が
 あそこにいるんだけど」


ヴィクトワールピサ
「ハッ!
 あのバカ・・・
 ・・・
 い、いや知りませんけど! 汗
 どっかのアキバ系の方ですかねえ 汗」



アパパネ
「まぶしい・・・」


ヴィクトワールピサ
「ほんと迷惑ですよねえ 汗
 アパパちゃんはスターだから
 写真も撮られちゃうんですねえ」


アパパネ
「・・・スター・・・」


ヴィクトワールピサ
「ええ! JF→桜花賞 なんて
 間違いなくスターでしょ!」



アパパネ
「・・・・・・・」



    おまえはスターなんだから
    オレなんかに構わなくても
    選びたい放題だろ?



ヴィクトワールピサ
「オークスまで獲っちゃったら
 もはやカリスマだよねえ~ デレ」



    ヴィクトワール氏とか
    オレより強いしさ



ヴィクトワールピサ
「オレもダービー獲ったら
 二人とも2冠ってことで
 2冠カップル! なんちゃって~ デヘヘ」



アパパネ
「・・・・ヴィクトワールくんは・・・」


ヴィクトワールピサ
「ん?」


アパパネ
「・・・キングダムくんより強いの?」



ヴィクトワールピサ
「えー? なにー突然ー。
 まあデビュー戦は負けたけど
 皐月を見れば、現段階でどっちが強いかは
 わかるかなあ~ えっへへ~」


アパパネ
「そうね・・・。
 やっぱり強い男は素敵よね・・・」


ヴィクトワールピサ
「デヘヘヘヘ~。
 照れまする~ 喜」


アパパネ
「・・・ほんと・・・そう思うよ・・・」







        - つづく –

サブコンテンツ