◆ペルーサ◆青葉賞 強すぎるならヒール



◆『強すぎるならヒール』◆







11R 第17回 テレビ東京杯青葉賞(G2)




1着 ペルーサ
2着 トゥザグローリー
3着 ハートビートソング






ヴィクトワールピサ
「こ、この野郎!!
 ど、どーすんだこの前髪のコゲを!! 怒」



ローズキングダム
「おまえが先に殴りかかってきたんだろうが」


ヴィクトワールピサ
「く、くさっ!
 前髪がコゲくさっ!!」



ヒルノダムール
「ああ、やっと追いついた!
 ゴール寸前で2着死守って感じ!」



ヴィクトワールピサ
「ダムール遅いぞ!
 おまえがいないせいで
 オレの前髪がっ!!」


ヒルノダムール
「いやー後方で馬群に包まれてしまって・・。
 やっと抜け出してきたんだむーる 泣」



ヴィクトワールピサ
「だ、だめだ・・・
 コゲくさすぎて、どうにもならん・・。
 ちょっと近くの床屋に行って
 切ってもらってくる・・・ どよーん」



ヒルノダムール
「あ、行ってらっしゃい。
 ・・・ど、どうしたんだ?
 ヴィクトワールなんか、激しく落ち込んでたけど」


ローズキングダム
「さあなー。
 あいつは感情表現が豊かで
 喜怒哀楽が激しいんだよ。」



ヒルノダムール
「へ、へえ・・・
 でもヴィクトワールはいつも
 ”キングダムには気をつけろ
  あいつは極悪非道だ”
 とか言ってるけど・・・」



ローズキングダム
「ヴィクトワール氏は虚言癖があるんだ」


ヒルノダムール
「そ、そうなんだ 汗」


ローズキングダム
「てゆうか
 おまえら一体なにしてんだ?」


ヒルノダムール
「い、いやヴィクトワールが
 キングダムの激励会をやろうって言い出してさ」


ローズキングダム
「はあ?
 なんだそれ。
 アパパといい、オマエラといい、
 余計なお世話だっていうんだよ」


ヒルノダムール
「そ、それは言いすぎなんじゃないか?
 ヴィクトワールだっておまえのことを
 心配して・・・」



    ドンッ



ヒルノダムール
「あ痛いっ!」



ペルーサ
「・・・・・・・」


ヒルノダムール
「いたた・・・肩がぶつかってしまった・・・
 す、すみません、大丈夫ですか?」



ペルーサ
「・・・オメー・・どこに目つけてんだコラ・・」


ヒルノダムール
「ご、ごめんなさい!
 ちょっとトークがエキサイトしてて
 前を見てませんでした!
 大丈夫でし・・・・」



    バキッ



ヒルノダムール
「ぐわぁー」


ペルーサ
「言い訳がウザイんだよコラ・・
 タコにしてやっからこっちこいや・・
 オラ立てよ・・」



ローズキングダム
「おい」


ペルーサ
「あん?」



    ドカッ



ペルーサ
「ぐっ」


ローズキングダム
「・・・こ、こいつ・・・」



ペルーサ
「ほう・・・
 ワシに手ぇ出すとはな・・
 まだそんなバカがいたか・・
 テメーもボコボコにされたいらしいな・・」



ローズキングダム
(つ、強そうだな 汗  どうしよう・・・)





        - つづく –

サブコンテンツ