◆オウケンブルースリ◆青葉賞 計画的不受胎の妄想



◆『計画的不受胎の妄想』◆







11R 第17回 テレビ東京杯青葉賞(G2)




1着 ペルーサ
2着 トゥザグローリー
3着 ハートビートソング








ペルーサ
「こ、このバカ野郎どもが・・・ 怒
 こうなった以上、もう収まりつかんぞコラ・・」



ローズキングダム
「うーん。。。
 別にシカトしたわけじゃないんだよぉー。
 キミもロト6に興味あるだろ?
 なあ、ペリーくん」



ペルーサ
「開国セヨ。
 ・・・ってだれがペリーだっ! 怒
 ペルーサだ! 怒
 ダービーで1番人気になるかもしれないんだ!
 覚えとけ! このバカ野郎!!」


ヒルノダムール
「キ、キングダム・・
 やばいよ・・どうするんだむーる?」



ローズキングダム
「うん・・・
 次は111342で買おうと思ってる。
 もしかしたらダービーで2着に負けるかもしれないから」


ヒルノダムール
「ロト6じゃなくて! 怒
 ペルーサくん、マジギレしてるよ・・
 僕たち殺されるんだむーる・・・ 泣」



ローズキングダム
「燃えた前髪を切りに、床屋に行ったヴィクトワール氏が
 そろそろ帰ってくるんじゃないか? 笑」


ヒルノダムール
「わ、笑ってる場合じゃないよ! 汗
 ・・・
 そ、そうだ!
 トラブルバスターの
 オウケンさんに来てもらったらどうかな?」



ローズキングダム
「そういや最近、あの人、見かけないなあ」


ヒルノダムール
「ボ、ボクちょっとオウケンさん探して
 連れてくるよ!
 それまでキングダムひとりでがんばれる?」


ローズキングダム
「倒していいのか?」


ヒルノダムール
「だ、だめだよ!
 すぐオウケンさん連れてくるから!
 待っててくれだむーる!!」


ローズキングダム
「急げよー」




    ~そのころオウケンくん~




オウケンブルースリ
「ああ~ ヒマだなぁ~
 なんもすることねえっす~
 春天もオレ出てれば勝ってたなぁ~
 あぁ~もったいねえ~
 新聞でも読むか・・・
 ん?」



    『ウオッカ シーザスターズと2回目も不受胎』



オウケンブルースリ
「ななな、なんだとおー!! 怒
 シーザスターズの野郎!
 あのウオッカさんと2回もやりやがったなー!! 怒
 ・・・・・・・
 これは、ぜってー策略に違いない・・・」




    ~以下、オウケンくんの妄想~




シーザスターズ
「おお、ウオッカよ。
 そんな隅っこに居ないで
 もっと、ちこう寄れ うへへ~」



ウオッカ
「・・・はい・・・」



シーザスターズ
「震えておるのか、かわいそうに。
 ひとりでアイルランドで暮らすのは、つらいか?」


ウオッカ
「・・・いいえ」


シーザスターズ
「そうかそうか。
 欲しいものがあるなら
 なんでも買ってあげるから言いなさい。」


ウオッカ
「はい・・ありがとうございます」


シーザスターズ
「うむ。
 では寝るとしようかのう うへへ」


ウオッカ
「・・・は、はい・・・」


シーザスターズ
「これもサラブレッドのさだめじゃ。
 大丈夫。
 わしが優しくエスコートして
 何事もなかったかのうちに
 終わるからのう でへへ~」


ウオッカ
「よろしくお願いします・・・」


シーザスターズ
「じゃがもし不受胎だったなら
 そのときは、また・・・
 ということになるじゃろう」


ウオッカ
「はい・・・わかっております・・・」


シーザスターズ
「まあそのへんは運じゃからな。
 心配するでない」


ウオッカ
「はい・・・」



シーザスターズ
(ふっふっふ・・・。
 とか言って密かにゴムを使用して
 わざと不受胎にしてやるのだ でへへ~
 こんな美女と1回で終わりなんて、もったいない。
 ワシって天才! でへへ~)




    ~以上、オウケンくんの妄想終わり~




オウケンブルースリ
「シーザスターズぶっ殺すっ!! 怒」






        - つづく –

サブコンテンツ