◆ヒルノダムール◆青葉賞 最低? or リアリスト?



◆『最低? or リアリスト?』◆







11R 第17回 テレビ東京杯青葉賞(G2)




1着 ペルーサ
2着 トゥザグローリー
3着 ハートビートソング








オウケンブルースリ
「くっそー。
 シーザスターズの野郎!
 オレの大事なウオッカさんを騙して
 性交回数を稼ぎやがって!!
 許さんぜよ!! 怒」



ヒルノダムール
「ドンドン!
 ごめんください!
 オウケンさん、いらっしゃいますか!」



オウケンブルースリ
「は?
 ダレ?キミ」


ヒルノダムール
「あ、わたくし皐月賞2着馬の
 ヒルノダムールと申します。
 突然ですみません」


オウケンブルースリ
「ああ、あの絶望的な位置から差してきた奴か。
 チミはなかなかいいものをもってるね」


ヒルノダムール
「あ、ありがとうございます 照
 あ、いやいやそうじゃなくて
 オウケンさんにお願いがあって参りました!」



オウケンブルースリ
「ん?
 オススメAVは特にないぞ?」


ヒルノダムール
「いやAVとかじゃなくてですね・・ 照」


オウケンブルースリ
「そういやアダルトで思い出したが
 シーザスターズの野郎が
 コンドームを使ってやがるんだよ!」


ヒルノダムール
「コ、コン・・・ 照」



オウケンブルースリ
「あの野郎!
 アイルランドまで言って
 ケジメつけてやろうかと思ってんだよ!
 オレはマジだぜ! 怒」



ヒルノダムール
「い、いやすみません。
 今ちょっとそれどころじゃなくてですね 汗
 ペルーサとキングダムが
 一触即発なんですよ!」



オウケンブルースリ
「な、なんだって!?
 サリーレとキンノホシが
 いっしょくしょくはちゅ!?」



ヒルノダムール
「全然、言えてないですから! 汗
 しかも馬名も古すぎです!」



オウケンブルースリ
「サリーレ知らないのか?
 エモシオンの弟じゃないか」


ヒルノダムール
「エモシオンが古すぎです」


オウケンブルースリ
「で、ロサードがどうしたって?」


ヒルノダムール
「いやだから、一触即発なんです!」


オウケンブルースリ
「一色さえ?」


ヒルノダムール
「古いです」


オウケンブルースリ
「古いとか言うなよ」


ヒルノダムール
「そうですね。
 ・・・・ってだから!!
 キングダムがピンチなんすよ!
 オウケンさん、一緒に来てください!」



オウケンブルースリ
「フッ。
 ・・・・金しだいだな」


ヒルノダムール
「さ、最低だ・・・」






        - つづく –

サブコンテンツ