◆エイシンフラッシュ◆東京優駿 なにこの結末



◆『なにこの結末』◆







10R 第77回 東京優駿(GI)




1着 エイシンフラッシュ
2着 ローズキングダム
3着 ヴィクトワールピサ





    ~記者会見~




記者たち
「エイシンさん!
 こっち向いてくださーい!
 カシャ カシャ!」



エイシンフラッシュ
「ま、まぶしい!
 記者さんもこっち向いてくださーーい!!
 カシャッ! カシャッ!!」



記者たち
「まま、まぶしいですっ!
 エイシンさんが写真撮ってどうするんですかっ!」


エイシンフラッシュ
「いやーボクはカメラが趣味なんです。
 カシャッ! カシャッ!!」


記者たち
「と、とにかくフラッシュはやめてください! 汗
 まぶしいっ!! 汗」



エイシンフラッシュ
「でもフラッシュはボクの存在理由であり
 フラッシュを、たかなかったら
 ボクはエイシンカメラになってしまうのです!!」


記者たち
「よ、よくわからないのですが・・・ 汗
 もっといいコメントくださーーい!!」


エイシンフラッシュ
「ですからフラッシュこそが
 ボクのレーゾンデートルであり
 存在の証明なんですっ!!
  カシャッ! カシャッ!!」


記者たち
「ううっ! まぶしい!!」






ヴィクトワールピサ
「な、なんだあの記者会見は・・・? 汗」



ローズキングダム
「知らん。わけわからん。」



ヴィクトワールピサ
「・・・・・・・
 ・・・それにしても・・・
 ・・・なに、この結末・・・」



ローズキングダム
「これが1年間、戦ってきたクラシックロードの
 結末ということだろう」


ヴィクトワールピサ
「なんか・・・・
 あんなに盛り上がってきたのに・・・
 ・・・しょぼくない・・?」


ローズキングダム
「うむ。
 1番人気で敗退のオマエの責任だな 笑」


ヴィクトワールピサ
「そ、それを言わないでくれー 泣
 だってしょうがないじゃない!!」


ローズキングダム
「アッコさん?」


ヴィクトワールピサ
「モノマネとかしてねえしっ! 怒
 だってだってー!
 上がり 32.7 ってなんだよっ!! 怒
 アイビスサマーダッシュじゃねえんだぞっ!! 怒」



ローズキングダム
「今年のダービーは短距離戦だったってことで」



ヴィクトワールピサ
「そ、そんなアホな話があるかぁー! 怒
 オレはこの日のために
 長い距離を意識して使い、
 スタミナとスピードのバランスを
 考えてきたというのにっ!! 泣」


ローズキングダム
「意味なかったってことで」



ヴィクトワールピサ
「そ、そんなぁ・・・ 泣」







        - つづく –

サブコンテンツ