◆レッドディザイア◆東京優駿 いい加減な男は意外と愛される



◆『いい加減な男は意外と愛される』◆






10R 第77回 東京優駿(GI)



1着 エイシンフラッシュ
2着 ローズキングダム
3着 ヴィクトワールピサ






ブエナビスタ
「ペルーサ、おまえはよくがんばったやないか」



ペルーサ
「姐さんっ・・・ ううっ・・ 泣」



ブエナビスタ
「あんなに出遅れたのに
 諦めずに最後まで走った。
 結果は時の運。
 大切なのは、その時の自分にできることを
 全力でやることなんだ」



ペルーサ
「・・・はい・・・ 泣」


ブエナビスタ
「あのペースであの位置取りではな・・。
 諦めてもおかしくない状況で
 最後までよくがんばったな。
 さすがはブエナ組の若頭だ」


ペルーサ
「あ、ありがとうございます・・ 泣」



ブエナビスタ
「もう気にするな。
 今は疲れをとって
 また秋に備えればよい」


ペルーサ
「・・・・・・・」


ブエナビスタ
「な?」


ペルーサ
「・・・あ、姐さん・・・」


ブエナビスタ
「ん?」



ペルーサ
「オレ・・・
 ダービーを勝ったら・・・
 って言ったけど、
 オレ、ダービー勝ってないけど・・
 姐さん!
 オレと、つつつつつつ!! 汗」


ブエナビスタ
「ペルーサよ」


ペルーサ
「は、はい! 汗」


ブエナビスタ
「若くて美しい女はたくさんいる。
 ウチを女として見るのはやめろ」


ペルーサ
「姐さん・・どうして・・」


ブエナビスタ
「フッ。 
 ウチにはそういうのは似合わん」


ペルーサ
「姐さん・・・
 もしかして・・オウケン・・」


ブエナビスタ
「な、なに言ってんだよ 照
 なんでオウケンさんが出てくんだよ、バカ 照」



ペルーサ
「なぜ姐さんほどの人が
 あんないい加減な男を・・・
 しかもあいつにはレッドさんが・・」



ブエナビスタ
「だ、だからオウケンさんは関係ないって言ってんだろ 照
 オウケンさんとレッドの絆は固いよ。
 誰も壊せないさ」


ペルーサ
「姐さん・・・」




  ~そのころオウケンくん~




オウケンブルースリ
「ああ~、ダリー。
 昨日、飲みすぎちゃったなぁ~。
 でも楽しかった~。
 でへへ~」



レッドディザイア
「オウケンくん」


オウケンブルースリ
「あ、レッド、おはよ~」


レッドディザイア
「昨日、遅かったみたいね」



オウケンブルースリ
「あ、ああ!そうなんだよ~。
 オレは帰りたかったんだけど
 部長がさ~。
 なかなか帰してくれなくてさ~。
 ずっと二人で仕事の話をしてたんだよ~
 まったく困った人だよ! 汗」



レッドディザイア
「そうなんだ」


オウケンブルースリ
「そうなんです! 汗」



レッドディザイア
「そういえば、名刺が落ちてたよー」


オウケンブルースリ
「あ、得意先の名刺かな」



レッドディザイア
「キャバクラ スイートホース
  なつみ
 ・・・ほう。
 なかなかの得意先じゃのう・・・ 怒」



オウケンブルースリ
「はうっ!!
 そ、それはその~あの~ 汗汗」



レッドディザイア
「・・そんな仕事熱心なオウケンくんに
 朝ご飯を作りました」


オウケンブルースリ
「い、いや!
 おなかがすいてないんで!! 汗」



レッドディザイア
「トーストです」


オウケンブルースリ
「か、辛いんでしょ~? 汗」


レッドディザイア
「辛くありません」


オウケンブルースリ
「ほんと?」


レッドディザイア
「ほんとだって。
 はい。
 レッドトーストです」



オウケンブルースリ
「ま、真っ赤なトーストじゃないですか! 汗」


レッドディザイア
「辛くないよ」


オウケンブルースリ
「じゃ、じゃあなんで赤いの? 汗」



レッドディザイア
「赤のマジックで、赤く塗りました」


オウケンブルースリ
「そそ、それは食べ物じゃないですよね! 汗」


レッドディザイア
「はい、アーン」


オウケンブルースリ
「い、いや、ちょっと・・
 ・・・・・・・
 モグモグ・・
 あ、味がしないっす・・ 泣」



レッドディザイア
「オメーにはそれがお似合いだ。ボケッ!」



オウケンブルースリ
「ううっ・・・ 泣
 どうちて・・」





   - つづく –

サブコンテンツ