◆ハンソデバンド◆東京優駿 ダービーでブービー



◆『ダービーでブービー』◆






10R 第77回 東京優駿(GI)



1着 エイシンフラッシュ
2着 ローズキングダム
3着 ヴィクトワールピサ





エイシンフラッシュ
「ハァ・・ハァ・・
 た、助かった・・・
 途中で警察が来てくれたから
 なんとかキングダムとヴィクトワールの
 リンチから逃げることができた・・
 ううっ・・痛い・・ 泣」




  ~河原にナゾの人影~




エイシンフラッシュ
「ん?
 だれかいるのか?
 なんかブツブツ言ってる・・?」



  ハンソデーモン
  ハンソデーモン
  ハンソデデイイモン



エイシンフラッシュ
「き、教祖・・?」


ハンソデバンド
「ん?
 ああ、フラッシュか・・。
 皐月賞おめでとさん・・」



エイシンフラッシュ
「あ、ありがとうございます。
 教祖、こんなところで一人でどうしたんですか?
 しかもお経もなんか、テンション低いですよ?」


ハンソデバンド
「・・・そうかね・・」



エイシンフラッシュ
「だっていつもは
 ”ハンソデデイイモーーーン!!!”
 って感じのテンションでしょ?」


ハンソデバンド
「フッ。
 そんな時代もあったかのう・・」


エイシンフラッシュ
「げ、元気ないっすね 汗
 あ、教祖はダービーどうでした?
 得意の東京でしたね!」



ハンソデバンド
「ブービーでおじゃる・・・」


エイシンフラッシュ
「え?」



ハンソデバンド
「・・・ビリから2番目でおじゃる・・」


エイシンフラッシュ
「そ、そうでしたか 汗
 すみません、失礼なこと聞いてしまって・・ 汗」



ハンソデバンド
「・・・皐月賞はシンガリ。
 ダービーはブービー・・」


エイシンフラッシュ
「あ、でも
 ”ダービーでブービー”
 ってゴロがいいっすね! 笑」


ハンソデバンド
「・・・・・・・」



エイシンフラッシュ
「す、すみません・・」


ハンソデバンド
「しかし、
 このままひとつづつ着順を上げていけば
 10数戦後には、1着じゃ。
 ・・・・
 ・・って、そんなわけあるかぁー! 怒」



エイシンフラッシュ
「か、悲しすぎるノリツッコミっすね 汗」



ハンソデバンド
「ブービビーモン!
 ブービビーモン!
 ブービーデイイモーーン!!
 ヒーン!! 号泣」



エイシンフラッシュ
「あ、教祖ー!
 ・・・猛ダッシュで泣きながら帰っていった・・
 その哀愁漂う背中を1枚。




   カシャッ





  - つづく –

サブコンテンツ