◆ハンソデバンド◆東京優駿 カラスの応援



◆『カラスの応援』◆





10R 第77回 東京優駿(GI)



1着 エイシンフラッシュ
2着 ローズキングダム
3着 ヴィクトワールピサ





  ~河原を一人で歩くハンソデバンド~



ハンソデバンド
「ハァ・・
 あんな負け方・・・
 何もする気がしないでおじゃる・・
 トボトボ」



  ~河原に座るハンソデ~



ハンソデバンド
「寂しいでおじゃる・・
 さっきアリゼオにメールしたが
 なんの返信もない・・
 シャンティに電話でもしてみよう・・」



  プルルルル・・・
  プルルルル・・・
  プルルルル・・・・・・



ハンソデバンド
「出ないでおじゃる・・
 誰からも相手にされないでおじゃる・・・」




  ~以下、ハンソデの回想シーン~




ハンソデバンド
「ハンソデーモン!
 ハンソデーモン!
 ハンソデデイイモーーン!!」



信者たち
「ハンソデーモン!
 ハンソデーモン!
 ハンソデデイイモーーン!!」



ハンソデバンド
「我こそは、
 半そで教の教祖、ハンソデバンドでおじゃる!!」



信者たち
「ウオオオーー!!!
 教祖様ーー!!!」




  ~以上、回想シーン終わり~




ハンソデバンド
「・・・・
 ・・華々しかったあの時代は
 一体なんだったんだろうか・・
 今は誰からも相手にされず、
 一人で河原で座ってる、ただのオッサンでおじゃる・・・」



  カァ カァ (カラス)



ハンソデバンド
「・・フッ。
 カラスにまで小馬鹿にされとるでおじゃる・・。
 もうワシの周りには誰もいない。
 サラブレッドとしても弱い。
 こんな人生に、
 これ以上、生きている意味などない・・・」



  そんなことないよー♪ えへ♪



ハンソデバンド
「?」



レッドディザイア
「ハンソデくん、みーっけ♪ えへ」



ハンソデバンド
「レ、レッドさん・・・?」



レッドディザイア
「ハンソデくんったら、
 なーにたそがれちゃってんのー?
 生きる意味がないなんて
 そんなこと言っちゃだめー。
 えへ♪」



ハンソデバンド
「し、しかしワシにはもう何もない・・。
 皐月賞18着
 ダービー16着・・・
 仲間も誰も相手にしてくれない・・
 希望などない・・・」



レッドディザイア
「希望はあるよ」


ハンソデバンド
「え?」


レッドディザイア
「希望は自分で捨ててしまわない限り、
 たーっくさんあるじゃん♪
 それに、多くの人が、
 ハンソデくんを応援してくれてるんだよ♪」



ハンソデバンド
「だ、誰もワシの応援などしてくれん・・・」




  カァ カァ (カラス)




ハンソデバンド
「ほら、またカラスにまでバカにされ・・・」



レッドディザイア
「ほらーー!!
 カラスさんも、
 ハンソデくんを応援してくれてるよ!!」



ハンソデバンド
「お、応援・・?」


レッドディザイア
「そうそう!!
 あんな高いところから
 落ち込んでるハンソデくんを見つけて
 ”がんばってー!”
 って、言ってくれてんじゃん!!」


ハンソデバンド
「そ、そんな解釈のしかたは・・・」



レッドディザイア
「心はいつも自由。
 環境を選べないときでも
 考え方だけは、いつも自由に選べる。
 あたしは、そう信じてるんだー♪」



ハンソデバンド
「レッドさん・・・」



レッドディザイア
「例えば、
 ジーワンでは全然ダメだけど
 G2 G3 では大活躍する馬も多いでしょ?
 結果的に、単発でジーワン勝った馬より
 生涯の賞金が多くなったりするケースは
 たっくさんあるじゃん!!」



ハンソデバンド
「・・・・・・・」



レッドディザイア
「今がダメだからって
 明日もダメということにはならない。
 あたしは、そう思うんだー♪」


ハンソデバンド
「・・・・・・・」


レッドディザイア
「だから、がんばろうよ!!
 カラスさんも、スズメさんも、
 みんなハンソデくんの応援団だよ♪」



ハンソデバンド
「・・・・・・・ 涙」


レッドディザイア
「ね?」


ハンソデバンド
「・・・はい・・ 涙」



レッドディザイア
「えへ♪
 なんか説教ババアみたいでごめんちゃい♪
 あたしはもう帰るね♪
 あ、これね、レッドちゃん特製の
 ”レッド青汁”
 元気になるから飲んでね♪
 じゃあねー!!
 バイバーイ♪」



  ~ハンソデ一人になる~



ハンソデバンド
「レッドさん・・・
 前向きで、明るくて
 ・・・美しい・・ 照
 あんなに悩んでいたのがウソのようだ・・。
 太陽のような人だ・・・。
 ・・青汁・・ありがたくいただきます。
 ・・なんで青汁なのに赤いのかわからんが・・。
 とにかくレッドさんは
 すばらしい女性でおじゃるな。
 ゴクッ ゴクッ
 ふぅ~。
 ああ、レッドさんの愛情を感じる・・。
 ・・・・・・・
 ・・・・・・・
 ・・・・・・・
 ぎ、ぎいやぁあああああああーー!!!」




  - つづく –


サブコンテンツ