◆ショウワモダン◆安田記念 ヴィクトワール赤ちゃん



◆『ヴィクトワール赤ちゃん』◆




11R 第60回 安田記念(GI)


1着 ショウワモダン
2着 スーパーホーネット
3着 スマイルジャック




ショウワモダン
「こんなこじゃれた平成の蹄鉄なんざ
 燃やしたらぁー! 怒
 ボワッ!」



ヴィクトワールピサ
「あちちちちー! 泣
 モ、モダンさんっ!
 大事なジーワン制覇の
 トゥアウター蹄鉄を燃やしちゃだめっすよ! 汗」


ショウワモダン
「うるさいわ! 怒
 昭和の男ならゲタをはかんかいっ!」


ローズキングダム
「うむ。
 一理ある」



ヴィクトワールピサ
「キ、キングダム、コラッ!
 かっこつけてないで
 止めろよ! 怒」



ローズキングダム
「モダンさん、
 やはりこういった現代のチャラい若者には
 モダンさんのお家を見せてあげて
 性根を正すのが得策では?」


ショウワモダン
「ふむ。
 そうじゃな」


ヴィクトワールピサ
「え・・おうちに・・?」



ローズキングダム
「モダンさん、
 残念ながらボクは
 これからちょっと用事がありまして
 ご一緒できないのですが
 ヴィクトワールをお願いしますね」


ショウワモダン
「おお、そうか。
 用事ってなんじゃ?」



ローズキングダム
「駄菓子屋でラムネを買ってこいって
 オヤジに言われてて」


ショウワモダン
「おお!
 ラムネか!
 それならしかたがないな。
 お父さんのために
 行ってきなさい」


ローズキングダム
「すんません。
 では失礼します」



ヴィクトワールピサ
「キ、キングダム・・・
 キサマ逃亡するつもりか・・?」


ショウワモダン
「気をつけて帰りなさい」



ローズキングダム
「はい。
 ありがとうございます。
 では。
 ・・・・・・・
 ・・・ふう。
 作戦成功。
 さてと。
 スターバックスでフラペチーノでも飲むかな 笑」




ショウワモダン
「ではヴィクトワールくん、
 ワシの家に行こうか」


ヴィクトワールピサ
「は、はい・・・
 キングダム・・許さん・・ 怒」



ショウワモダン
「では交通手段じゃが
 蒸気機関車と
 うばぐるま、どっちがいいかな?」


ヴィクトワールピサ
「は、話が見えないっす 汗」


ショウワモダン
「だから
 蒸気機関車と
 うばぐるま、だったらどっちで行きたいかと聞いておる」



ヴィクトワールピサ
「電車でいいんじゃないっすか? 汗
 大体、蒸気機関車なんて
 今の時代、走ってないし・・」



   ポッポー!!



ヴィクトワールピサ
「ええ~!?」


ショウワモダン
「走っとるじゃないか」


ヴィクトワールピサ
「う、うそでしょ・・?」



ショウワモダン
「まあ蒸気機関車でもいいんだが
 今日は、うばぐるまを持ってきてるから
 ヴィクトワールくん、
 うばぐるまに乗りなさい。
 ワシが押すから」


ヴィクトワールピサ
「な、何をおっしゃってるんでしょうか・・ 汗」


ショウワモダン
「さあさあ、遠慮せずに!
 うばぐるまは、最近のチャラいベビーカーとは違って
 クッションが最高じゃあ!!
 はい!乗った乗った!!」



  ドスン(乗せられた)



ショウワモダン
「どうじゃあ!
 このサスペンション!!
 これこそ昭和の最高傑作じゃあ!!
 ガラガラー」



ヴィクトワールピサ
「い、生き恥をさらしている・・ 泣」




  - つづく –

サブコンテンツ