◆阪神ジュベナイルフィリーズ2011予想⇒エピセアローム⇒人を追いかけず自己を磨く



【エピセアローム】

○Epice Arome
○馬名 意味由来⇒ スパイシーな香り
○2歳 女の子 栃栗毛
○父ダイワメジャー
○レース間隔 : 14週
○調教師2011順位:8位
○阪神芝 0-1-0-0
○全成績 2-1-0-0
○単勝回収率 186%
○複勝回収率 156%
○新馬戦は評判馬ダローネガと、父ダイワメジャーのワンツー
○前走の小倉2歳は距離不足かと思われたが、押しながら追走して大外ブン回したのに止まらず完勝
○10週以上の休み明けは、データ的には厳しいが、能力でカバーできるかどうか。



◆人を追いかけず自己を磨く



≪小学校にて≫



クラスメイト
「せんせー!」


教師 武田
「あー?どうしたぁー」



クラスメイト
「リアちゃんが、なんかブツブツ言ってまーす」


教師 武田
「んー?どしたぁ。リアー」



リアライズキボンヌ
「・・阪神・・」


教師 武田
「んんー?」



リアライズキボンヌ
「・・阪神ジュベナイルフィリーズへの、出走キボンヌ!!」


教師 武田
「・・・・汗」



リアライズキボンヌ
「先生!出走キボンヌ!! 泣」


教師 武田
「・・き、気持ちはわかるがな、リア。おまえは1勝馬だから、抽選が厳しく・・」



リアライズキボンヌ
「厳しいでつか・・」


教師 武田
「そうだなあ・・」



リアライズキボンヌ
「じゃあ・・」


教師 武田
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「・・談合キボンヌ!!」


教師 武田
「そ、それはダメだろ 汗」



リアライズキボンヌ
「先生!裏口出走キボンヌ!! 泣」


教師 武田
「だ、だからダメだって 汗」



エピセアローム
「・・フゥー。何やってんだか・・」



≪昼休み≫



クラスメイト
「ちょっとアンタさあ。何ひとりで目立っちゃってるワケー?w」


リアライズキボンヌ
「え? 汗」



クラスメイト
「ムカつくんだよ。ちょーしこかないでよーw」


リアライズキボンヌ
「こ、こいてませんでつ 汗」



クラスメイト
「あ。口ごたえするんだー。ムカつくー。グリグリ」


リアライズキボンヌ
「い、痛いでつ・・こめかみをグリグリしないで 泣」


クラスメイト
「キャーハハハ!ウケるww」


リアライズキボンヌ
「・・・・ 泣」



エピセアローム
「・・何してんの?」


クラスメイト
「あ、エビちゃーん♪今さあ、リアをいじめてるんだけど、一緒にどおー?ww」



エピセアローム
「はっは 笑」


クラスメイト
「ん?」



エピセアローム
「・・つまんねーことすんなよ・・ ボソッ」


クラスメイト
「え? 汗」



エピセアローム
「・・いや別に。・・あ、そういえばさあ、いま校庭にタモさんが来てるよー」


クラスメイト
「えぇーー!! 驚」



エピセアローム
「・・今すぐ行けば、タモさんに会えるかもね」


クラスメイト
「キャー!ウソー!みんな!行こー! 喜」


クラスメイト
「キャー!タモさーん! 喜」



バタン



リアライズキボンヌ
「・・・・」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「・・エ、エビちゃんはタモさんを見にいかないんでつか? 汗」


エピセアローム
「・・つーか、いねえし」


リアライズキボンヌ
「え? 汗」



エピセアローム
「なんでこの時間にタモさんがいるんだよ。お昼休みはウキウキウォッチングだろ」


リアライズキボンヌ
「・・・・汗」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「・・も、もしかして・・アタシを助けてくれたんでつか・・?」


エピセアローム
「はっは 笑 そんなことしたって、私に何のメリットもねえじゃん」



リアライズキボンヌ
「・・あ・・ありがとうでつ・・ 泣」


エピセアローム
「・・助けてねえって」



リアライズキボンヌ
「・・あのね・・エビちゃん・・」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「みんなアタシを認めてくれないの・・ 泣」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「どうしてみんなアタシの良さがわからないの? 泣」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「エビちゃんみたいに人気者になるには、どうすればいいの? 泣」


エピセアローム
「・・・・」


リアライズキボンヌ
「うぅ・・ 泣」



エピセアローム
「・・リアさ・・」


リアライズキボンヌ
「・・・・ 泣」



エピセアローム
「・・努力の方向は、外ではなくて、内に向けた方がいい」


リアライズキボンヌ
「え・・」



エピセアローム
「『自分を愛して!』と追いかけ回すより、みんなが友達になりたくなるような自分を作っていく方が、結果的には早い」


リアライズキボンヌ
「・・・・」


エピセアローム
「急がば回れ・・かな」



リアライズキボンヌ
「・・イソップ物語?」


エピセアローム
「ゆってねえよっ!イソップ物語だ!怒・・・いや違う!急がば回れだ! 怒」


リアライズキボンヌ
「・・・・汗」



エピセアローム
「・・まあそんなわけでさ、アンタはアンタのやるべき事を、日々積み重ねればいいんだよ」


リアライズキボンヌ
「・・エビちゃん・・ 泣」


エピセアローム
「・・・・」



リアライズキボンヌ
「・・ね、ねえエビちゃん!アタシと親友になって!」


エピセアローム
「は?」



リアライズキボンヌ
「エビちゃんは優しいから、アタシとコンビで行動して!」


エピセアローム
「いや、いいです」


リアライズキボンヌ
「えー! 泣」



エピセアローム
「私はつるまない主義なんだよ」


リアライズキボンヌ
「そ、そんなこと言わずに! 汗」



エピセアローム
「じゃあなリア」


リアライズキボンヌ
「ちょ、ちょっと待ってー!戻ってきてー!エビちゃーん! 泣」


エピセアローム
「しらん。さらばだ」



リアライズキボンヌ
「エ、エビちゃーん!カムバックキボンヌーー!! 泣」



– つづく –

サブコンテンツ