◆スーパーホーネット◆安田記念 超ハチ



◆『超ハチ』◆




11R 第60回 安田記念(GI)


1着 ショウワモダン
2着 スーパーホーネット
3着 スマイルジャック




ヴィクトワールピサ
「大根めしには、そんなせつない時代背景があったんですね・・。」



ショウワモダン
「うむ。
 昭和の貧しい農家への感謝を忘れてはならん。
 さあ、温かいうちに
 大根めしを食べなさい」


ヴィクトワールピサ
「はい・・ 感涙
 いただきます!」



  ブーン
  ピタッ



ヴィクトワールピサ
「う、うわぁ~!!
 大根めしの上に、
 スズメバチがぁ~!! 汗」


ショウワモダン
「むっ。
 そのハチは・・」



スーパーホーネット
「こんにちは。
 モダンさん」


ショウワモダン
「おお、やはりホーネットか」


ヴィクトワールピサ
「あ、ホーネットさん、ちわっす!
 てゆうかこのスズメバチは、なんなんですか~! 汗」


スーパーホーネット
「オレのペットだ」


ヴィクトワールピサ
「えぇ~? 汗
 ハチがペットなんですか?!」



  チクッ



ヴィクトワールピサ
「いぎゃあ~! 泣
 さ、刺されたぁ~!」


スーパーホーネット
「ハチではない。
 ”超ハチ” だ」



ヴィクトワールピサ
「ちょ、超ハチ・・?
 ”スーパーホーネット”
 だから
 ”超ハチ” っすか? 汗」



スーパーホーネット
「うむ。
 直接の由来は
 戦闘機のホーネットだがな」



ヴィクトワールピサ
「そ、そうですか。
 とにかくこの超ハチをなんとかしてくださいっ! 汗」


スーパーホーネット
「ああ、すまんな。
 お詫びといっちゃあなんだが
 これを食べなさい」



ヴィクトワールピサ
「おおっ!
 おいしそうなハチミツですね! 喜」


  チクッ


ヴィクトワールピサ
「いぎゃぁ~! 泣」



スーパーホーネット
「ハチミツではない。
 超ハチミツだ」


ヴィクトワールピサ
「す、すみません・・泣
 超ハチミツいただきます・・涙」



スーパーホーネット
「うむ。
 取れたての超ハチミツだから最高級だぞ」



  ワンワンッ



ヴィクトワールピサ
「あれ?
 犬の鳴き声が聞こえますね。
 だれの犬だろ?」


スーパーホーネット
「オレのペットだ」



ヴィクトワールピサ
「い、犬も飼ってるんですね 汗
 名前はなんていうんですか?」


スーパーホーネット
「忠犬ハチ公だ」


ヴィクトワールピサ
「へぇ~。
 かわいい名前ですね 喜
 ハチ公かぁ」


  チクッ


ヴィクトワールピサ
「いぎゃー 泣」



スーパーホーネット
「ハチ公ではない。
 ”超ハチ公”だ」



ヴィクトワールピサ
「い、痛いよぉ・・ 泣




  - つづく –

サブコンテンツ