◆スーパーホーネット◆安田記念 2匹のハチ



◆『2匹のハチ』◆




11R 第60回 安田記念(GI)


1着 ショウワモダン
2着 スーパーホーネット
3着 スマイルジャック




スーパーホーネット
「まあなんにせよ、
 オレの”超ハチ”は
 かわいいだろ?」



ヴィクトワールピサ
「か、かわいいっす 泣
 でも痛いっす・・」



スーパーホーネット
「スーパーホーネットという名前なんだから
 ”超ハチ” がペットなのだ。
 そこらへんのミツバチと一緒にするな」


ヴィクトワールピサ
「は、はあ・・」


スーパーホーネット
「まあよい。
 取れたての”超ハチミツ”も食べなさい」


ヴィクトワールピサ
「はい。
 ・・・うん!
 これはおいしいっす! 喜」


  ワンワンッ


ヴィクトワールピサ
「おや。
 ホーネットさんの愛犬の
 ”超ハチ公” も
 ”超ハチミツ” を
 食べたがってますよ?」


スーパーホーネット
「うむ。
 食べさせてやってくれ」


ヴィクトワールピサ
「はい。
 ほら、超ハチ公、超ハチミツをお食べ」


  ガブッ


ヴィクトワールピサ
「いぎゃ~! 泣」


スーパーホーネット
「うむ。
 おまえには、なついてないな」



ヴィクトワールピサ
「うう・・
 こんなんばっかしです・・・涙」



スーパーホーネット
「ヴィクトワールくん、
 気分転換にゲームでもするか?」


ヴィクトワールピサ
「ゲーム? 汗
 さっきモダンさんと
 マリオブラザーズやって
 痛い思いをしてるんですが・・汗」



スーパーホーネット
「ゲームを変えよう」


ヴィクトワールピサ
「はあ。
 何にします?」



スーパーホーネット
「ツインビーだ」


ヴィクトワールピサ
「ツ、ツインビー?」


  バキッ


ヴィクトワールピサ
「ぐはあ~ 泣」


スーパーホーネット
「バカ野郎。
 ”超ツインビー” だ」


ヴィクトワールピサ
「え?
 ゲームなのになぜ”超”?」



スーパーホーネット
「ツインビーすなわち
 ”Twin Bee”
 2匹のハチ だ」


ヴィクトワールピサ
「ま、またハチっすか 汗」


スーパーホーネット
「ではツインビーでいいかな?」


ヴィクトワールピサ
「はい。
 ツインビーやりましょう!」


  バキッ


ヴィクトワールピサ
「ぐわぁ~ 泣」


スーパーホーネット
「”超ツインビー” だ」


ヴィクトワールピサ
「ア、アンタも”超” つけてなかったっす 泣」




  - つづく –

サブコンテンツ