◆ロジユニヴァース◆宝塚記念 人を傷つけたことは忘れやすい



◆人を傷つけたことは忘れやすい



10R 第51回 宝塚記念(GI)


1着 ナカヤマフェスタ
2着 ブエナビスタ
3着 アーネストリー




前回までのあらすじ

かつてイジメられたロジユニに
同じ形での報復をしたフェスタ。
しかし気分は晴れなかった。




ナカヤマフェスタ
「ブエナみたいなエリートに何がわかるんだ・・
 クソッ。
 ・・・・
 ・・ん?
 ・・あれは・・」



ガラの悪い馬たち
「ギャーーハハハ! 笑
 オメー”ぽにお” ってなんだよー!
 ヘンな名札つけてんじゃねえよー 笑」


ロジユニヴァース
「あ、あは・・」


ガラの悪い馬たち
「あは、じゃねえよ 怒
 なんだよそれ!
 説明しろよ 怒」


ロジユニヴァース
「ボクの新しいあだ名なんだ!
 かわいいだろ?」


ガラの悪い馬たち
「はぁ? 怒
 ぽにおって、パクりじゃねえかよ!
 おまえバカ?」


ロジユニヴァース
「・・・・」


ガラの悪い馬たち
「名札とれよ」


ロジユニヴァース
「・・とらない・・」


ガラの悪い馬たち
「あ? 怒
 痛い目にあいてえのか? 怒」


ロジユニヴァース
「こ、このあだ名は、
 友達がつけてくれたんだ!
 だからとらない!」



影から見てるナカヤマフェスタ
「・・・・」



ガラの悪い馬たち
「何言ってんだ、オメー?
 ちょっとこっち来いよ。」


ロジユニヴァース
「ううー!
 いやだー!
 だ、誰か助け・・」



ナカヤマフェスタ
「何やってんだ、ぽにお」


ロジユニヴァース
「フェ、フェスタくん・・!」


ガラの悪い馬たち
「お、おいあれ・・
 宝塚のナカヤマフェスタ・・か?」


ナカヤマフェスタ
「おい、ぽにお。
 この怖いお兄さんたち、ダレ?」


ロジユニヴァース
「い、いやその・・ 汗」


ナカヤマフェスタ
「なあ、お兄さんたち。
 そいつはオレのツレでさ。
 ちょっとこれから用事あるから
 連れてっていいかい?」



ガラの悪い馬たち
「あ・・
 まあ・・グランプリホースが言うなら・・ 汗」


ナカヤマフェスタ
「そうか。
 じゃあコイツ借りていくからな。
 オマエらも、あんまり調子乗ってたら・・わかってんな?」



ガラの悪い馬たち
「は、はい・・
 失礼します・・ 汗」



~河川敷を歩く二人~



ロジユニヴァース
「あ、ありがとう!
 フェスタくん! 喜」


ナカヤマフェスタ
「別に助けたワケじゃねえし。
 勘違いすんなよ」


ロジユニヴァース
「う、うん・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」


ロジユニヴァース
「・・・・」


ナカヤマフェスタ
「おまえさ、
 なんで名札なんか・・」


ロジユニヴァース
「あ、あは。
 だってせっかくフェスタくんがつけてくれた、あだ名だから!」


ナカヤマフェスタ
「バ、バカじゃねえの?
 おまえへのイジメに決まってんだろ! 怒」


ロジユニヴァース
「うん・・。
 わかってる・・」


ナカヤマフェスタ
「・・何考えてんだか・・」


ロジユニヴァース
「・・・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」


ロジユニヴァース
「・・思い出したんだ・・」


ナカヤマフェスタ
「は?」


ロジユニヴァース
「ダービーを勝ったあの日の、
 フェスタとの会話を・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」



  - つづく –

サブコンテンツ