◆ロジユニヴァース◆宝塚記念 他人への悪意は自分に返ってくる



◆他人への悪意は自分に返ってくる



10R 第51回 宝塚記念(GI)


1着 ナカヤマフェスタ
2着 ブエナビスタ
3着 アーネストリー




ロジユニヴァース
「フェスタくんがつけてくれたあだ名だから
 名札を作ったんだ」



ナカヤマフェスタ
「バ、バカじゃねえの?
 あれはイジメただけだよ・・」


ロジユニヴァース
「わかってる。
 ・・思い出したんだ・・
 ボクがダービーを勝った日に
 フェスタに言ってしまったこと・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」



ロジユニヴァース
「”オマエダレ?”
”オマエは今日から中山だ”
”ども、中山ッスって言え”
 ・・・・
 有頂天だったボクは
 あの日、フェスタにこんな心無い言葉を・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」


ロジユニヴァース
「成功して、浮かれているときは
 自分が他人を知らず知らずのうちに
 傷つけていることに気づけない・・」


ナカヤマフェスタ
「・・・・」


ロジユニヴァース
「ボクは取り返しのつかないことを・・」


ナカヤマフェスタ
「・・別に・・」


ロジユニヴァース
「・・だからボクは、ぽにおの名札を作ったんだ」


ナカヤマフェスタ
「な、なぜ・・? 汗」



ロジユニヴァース
「他人に悪意を発すれば
 それは必ず自分自身に返ってくる・・。
 ボクはそれがわかってなかった・・。
 だからこれは、自分への戒め。
 そして、傷つけてしまったフェスタへの償いだ」



ナカヤマフェスタ
「・・バ、バカか・・汗」


ロジユニヴァース
「・・悪かったと思ってる・・」


ナカヤマフェスタ
「・・いいよ別に・・」


ロジユニヴァース
「ごめん・・」



ナカヤマフェスタ
「いいって言ってんだろ!
 オレだって同じことをしたんだ!
 なんでオマエだけが謝るんだよ! 泣」



ロジユニヴァース
「・・・・」



ナカヤマフェスタ
「痛み分けだろ?」


ロジユニヴァース
「・・うん・・ 涙」



ナカヤマフェスタ
「・・ん?
 ぽにお、オマエのカバンから
 なんか水分が垂れてるけど・・ 汗」



ロジユニヴァース
「・・え?
 ・・・・
 ああーー!!汗
 わ、忘れてたっ!
 さっきサンクスでガリガリ君を買ったんだった!
 うぎゃーー!
 ぜ、全部とけてる・・ 泣」



ナカヤマフェスタ
「・・ぷっ 笑」


ロジユニヴァース
「ガ、ガリガリ君てゆうか
 ゴクゴク君になってる・・ 泣」


ナカヤマフェスタ
「さすがぽにおだ 笑」


ロジユニヴァース
「なんてこったい・・ 泣」


ナカヤマフェスタ
「・・・・
 アイスくらいでそんなに落ち込むなよー。
 ・・じゃあさ・・」


ロジユニヴァース
「・・・・泣」


ナカヤマフェスタ
「これから買いに行こうぜ。
 ・・・一緒に」


ロジユニヴァース
「い、一緒に・・?」


ナカヤマフェスタ
「ああ。」


ロジユニヴァース
「ホント? 喜」


ナカヤマフェスタ
「ああ。
 オマエのオゴリでな」


ロジユニヴァース
「ええー!
 だってフェスタくん、
 こないだの宝塚の賞金ガッツリ入ったじゃんかー」


ナカヤマフェスタ
「オマエだってダービーの賞金あるだろ」


ロジユニヴァース
「使っちゃった・・」


ナカヤマフェスタ
「え・・」


ロジユニヴァース
「この名札は、オールプラチナで出来ていて
 ダイヤがほどこされているんだ」


ナカヤマフェスタ
「ええー!? 汗
 お、おまえやっぱバカだな・・汗」


ロジユニヴァース
「えへ」


ナカヤマフェスタ
「バカ」


ロジユニヴァース
「あは」


ナカヤマフェスタ
「バーカ」


ロジユニヴァース
「アハハ 笑」


ナカヤマフェスタ
「フッ 笑」



  - つづく –

サブコンテンツ