◆コンビニ店員ゴッホ



◆コンビニ店員ゴッホ



ドリームジャーニー
「七夕も終わっちゃいましたねーゴッホさん」



マツリダゴッホ
「興味マツリダ」


ドリームジャーニー
「き、興味ないっすか? 汗
 1年に1度、織姫と彦星がめぐり合うんですよ!
 ロマンですよねえ!」


マツリダゴッホ
「ロマンよりマロンが食いたいマツリダ」


ドリームジャーニー
「マ、マロン・・?汗
 栗ですか?」


マツリダゴッホ
「ジャーニーちょっとコンビニ行って
 モンブラン買ってきて」


ドリームジャーニー
「な、なぜ・・?汗」


マツリダゴッホ
「食べたいから♪」


ドリームジャーニー
「イヤです」


マツリダゴッホ
「しかたがないな。
 では”コンビニ店員と客”
 のシミュレーションをしてみようマツリダ」


ドリームジャーニー
「い、いやですっ!
 モンブラン買いに行くほうがマシですっ 汗」



マツリダゴッホ
「いいから。
 ジャーニが客だ。
 よし、店に入ってこいマツリダ」


ドリームジャーニー
「やりたくねえなー・・ 汗」


マツリダゴッホ
「早くしろマツリダ」



ドリームジャーニー
「は、はあ・・。
 ウイーン
 おー、これがコンビニかあー」



マツリダゴッホ
「いらっしゃいませこんばんマツリダー♪」


ドリームジャーニー
「は?」


マツリダゴッホ
「買い物しろマツリダ」


ドリームジャーニー
「は、はい 汗
 じゃあ、おにぎりとコーラとアイスを。
 ・・これください」


マツリダゴッホ
「はい♪
 ええっとー
 おにぎりマツリダ?」


ドリームジャーニー
「おにぎり・・なんすか? 汗」


マツリダゴッホ
「マツリダ?」


ドリームジャーニー
「全くわかりません 汗」


マツリダゴッホ
「おにぎりあたためマツリダ?」


ドリームジャーニー
「あ、いいです」


マツリダゴッホ
「・・・・ 落」


ドリームジャーニー
「な、なんで落ち込んでるんすか! 汗
 わか、わかりましたよ!
 温めてください! 汗」


マツリダゴッホ
「ハイ♪」


ドリームジャーニー
「ハァ・・めんどくさい・・ 泣」



マツリダゴッホ
「コーラは温めマツリダ?」


ドリームジャーニー
「温めません!」


マツリダゴッホ
「アイスは・・」


ドリームジャーニー
「温めませんからっ!」


マツリダゴッホ
「もしあれでしたら
 ゴッホのふところで
 温めますが?」


ドリームジャーニー
「い、いいですっ! 汗」


マツリダゴッホ
「はい、ではお客さま
 お会計のほう
 二千とんで円です」


ドリームジャーニー
「に、二千円ってことっすか? 汗」


マツリダゴッホ
「円です」


ドリームジャーニー
「し、しかも高い 汗
 なんだこのコンビニは 怒
 もう帰ろう」


マツリダゴッホ
「あ、お客様!」


ドリームジャーニー
「はい?」


マツリダゴッホ
「おきゃくさマツリダ!」


ドリームジャーニー
「だから何? 怒」


マツリダゴッホ
「マツリダのほうは、お使いですか?」


ドリームジャーニー
「は?」


マツリダゴッホ
「お使いですか?」


ドリームジャーニー
「だ、だからなんのこっちゃわからんのですよ! 怒」


マツリダゴッホ
「レシートお使いマツリダ?」


ドリームジャーニー
「あ、いらないっす」


マツリダゴッホ
「・・・ 泣」


ドリームジャーニー
「わ、わかりました 汗
 もらいます! 汗
 レシートぜひください!! 汗」



マツリダゴッホ
「ありがとうございましたー♪
 またお越しくだマツリダー♪」



  - つづく –

サブコンテンツ